テニス 時間

メンタル

テニスの試合で「いやらしく時間を使ってくる相手」には、毅然とした姿勢で!

テニスの試合に出ていると、相手が「意図的に時間を使ってるな・・・」と感じることがあると思います。

厳密にはルール上、ポイント間やチェンジコート間は時間制限がありますが、セルフジャッジの試合ではそこまで細かく指摘できませんよね。

そこで、今回はそういう少し「嫌らしい相手」にどう対応すべきかを考えてみました。

もちろんこれが正解!というのはありませんが、試合で心の準備をしているだけで、落ち着いて対応できると思います。

 

テニスの試合で「いやらしく時間を使ってくる相手」には、毅然とした姿勢で!

 


 

1.基本的な「テニスのルール」を再確認!

テニスにはポイント間は20秒以内、チェンジコートの際には90秒以内というルールがあります。

これを意外と知らない人が多いのが現実。

もちろん、実際のセルフジャッジ試合では細かく時間を測ることはありませんが、まずはルールを知っておくことは大前提として必要。

セルフジャッジ=自分たちでジャッジをすることになりますので、厳しいようですがルールを知らなければ本来、コートには立てないのです。

 

2.「時間を嫌らしく使ってくる相手」に対する対策は?

ポイント間に必要以上に時間を割いて、相手に揺さぶりをかける選手がいます。

テニスの試合で駆け引きは醍醐味であり、ルールの中であればもちろん何をやってもOK。

大切なのは、こういった選手相手に、自分たちがどう戦うかということ。

ここでお勧めは、自分がしっかりレディポジションに堂々と、毅然とつく、ということ。

しっかりと「私は準備できてますよ」とアピールすることで、逆に相手にプレッシャーをかけることもできます。

 

3.「はっきりとした遅延行為」が見て取れる相手には・・・?

確信犯か、そうでないかは別として、規定の時間を大幅に超えた遅延行為にはコートレフリーを呼んで対応しましょう。

ここで、「相手にどう思われるか・・・」なんて気にする必要はありません。

しっかりとルールを遵守してこその、テニスの真剣勝負。

またアナタが試合を運営する立場であれば、こういった行為には早い段階で警告を出さなければいけません。

ポイントごとに20秒以上かけるのはもちろん、たまにあるポイントごとにベンチにいく行為も基本的にはNGに近い行為です。

お互い、気持ち良く試合をして、力を出し切りましょう、というメッセージを発するつもりで、臨みましょう。

 

試合には、あらゆる準備が必要です。

試合に強い人は、色々な経験を積んでいますので、どんな相手に対しても毅然とした態度で「自分」を保つことができます。

アナタが試合に出始めたばかりのプレイヤーであれば、ときにこういう対戦相手に対して悔しい想いをするかも知れません。

でもそれを糧に、次に活かせるかはアナタ次第です。

ルールを知り、相手を知る。

勝ちたいと思う気持ちは、何にも増して大きくなりがち。

人間臭いテニスというスポーツに、どっぷり浸かって生きていきましょう。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス 睡眠

    メンタル

    大事な試合の前日に、「目が冴えて眠れなくなってしまった・・・」ときに意識したい4つのこと

    試合の前の日、緊張しますよね・・・。夜が明けたらもう試合、明日…

  2. テニス 部活

    メンタル

    メンタルが強い人は「これを打てば大丈夫」、と思える人

    どうしても、試合になるとメンタルが弱いと感じる人。実際、人の心…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「テニス部内のレギュラー決めで、先輩と試合することに・・・」そのとき、どう戦うべきかを考える

    テニス部に所属した経験のある人は、経験がある方も多いんじゃないでしょう…

  4. メンタル

    テニスで結果を出す人は、「快感」を知っている

    テニスの試合で強い人。レッスンでも練習でも、しっかりと決める…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    人がプレッシャーに負けるとき、それは大抵「自分のイメージを守りたい」と考えるときです

    皆さんは試合の中で、プレッシャーに押しつぶされそうになった経験、ありま…

  6. テニス 部活

    メンタル

    試合の流れが相手にいきかけた時には、「しっかり自分が得意な攻撃」からリズムを戻すことが大事

    試合の流れが動く中で、大事なのは相手の流れになったとき。自分ノ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス サーブ

    サーブ

    上級者の方ほど変えるのが難しい技術、それこそがサーブ
  2. テニス ガスケ

    リターン

    ボールをよく見る、とは、「ボールに書いてある文字を読む」くらいのつもりで
  3. ストローク

    テニスのストロークにおける、「攻守の切り替え」とは、即ちグリップチェンジです
  4. 戦術

    かくも、予測は難しいものなのか?
  5. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークの超基本、「バウンドに合わせてラケットを引かない」を実践できている人は…
PAGE TOP