テニス サイト

テニススクール

テニススクールでしっかり上達したいなら、「アドバイスされたことは大胆にやってみる」くらいの気持ちが大事

日本で社会人でテニスを続けて行こうとすると、まず現実的なのはテニススクール。

ここで週1回、1.5時間くらい練習をして土日どちらかはコートを取ってゲーム練習や試合・・・といった感じの方、多いんじゃないでしょうか。

でもテニススクールでの練習、かなり意識を高く持って練習しないと上達するのは難しい。

私自身コーチをしていたので、よく分かります。

じゃぁ上達していくには、どうすれば良いのか・・・と考えてみたときの提案が、これです。

「思い切って自分を変える、チャレンジする姿勢」は、レッスンでとても重要です。

 

テニススクールでしっかり上達したいなら、「アドバイスされたことは大胆にやってみる」くらいの気持ちが大事

 


 

1.上達しなくても何の責任もかからない生徒とテニスコーチ

例えば英会話スクールであれば、TOEICのスコアの目標に向かって頑張る。

そのスコアが会社での昇給にも関わってくるので、生徒も先生も真剣。

達成できなければ返金・・・なんて声も上がるようなキャンペーンだってあるくらい、結果がスコアで出てくるスクールは真剣です。

ですがテニスは・・・と言うと、なんとのんびりした感じでしょうか。

試合に勝っても負けても、上達していてもしていなくても、いつも同じような雰囲気でテニスをやるだけ。

この空気で「試合に勝てるようになる」なんて、まず無理だと思いませんか?

 

2.コーチのアドバイスに、真剣に答えてみる

「ボレーでは低い態勢を作る為に、もう少し膝を曲げてみましょう」と、言われたとします。

テニスが上手くなる生徒さんは、ここでどういう反応をするか?

結論から言えば、「膝がコートに付くくらい、激しく低い態勢を作る」のです。

誰が見ても、やりすぎだろ・・・というくらいに。

コーチは「少し膝を曲げましょう」と言っていましたが、それは気を遣っているからで、本当は「もっともっと、曲げないといけない」のです。

これほどまでに自分の言ったことを実践してくれる生徒には、コーチも真剣に応えたくなる。

全員に同じ対応なんて、人間ですからコーチも出来ません。

まずはアドバイスを「大げさに」しっかり実践してみる、その姿勢を見せていくことがテニススクールでは大事。

何せ、アドバイスの「ア」の字も頭に入っていかない、次の週には忘れている人が多い。

真剣になることは、アナタ自身相当な覚悟が必要です。

 

3.テニスの練習において、「過ぎたるは、及ばざるが如し」では無い!

テニスにおいて、一度「振り切れてみる」というのは大事です。

「過ぎたるは、及ばざるが如し」という言葉がありますが、及ばないよりは過ぎた方が得るものが大きい。

先ほどの話では、さすがに膝が地面に付く、となると態勢が低すぎ・・・かどうかは、やってみた本人でなければ分からないのです。

体感するからこそ、修正が出来る。

振り切れてみるから、戻す過程の中でちょうど良いポイントが見つかる。

抽象的で分かり辛いかも知れませんが、一度大げさに実践したことは、必ずアナタにとってプラスの材料になるのです。

 

アナタにとって良いフォーム、打点、グリップは、アナタ自身が見つけていかなければいけません。

コーチはお医者さんのようなもの。

体調を聞いて薬を出すことは出来ますが、誤診だってするしアナタからの情報が無いと、何も伝えることが出来ない。

そして何より、身体を治すにはアナタ自身の治癒力が必要。

テニスの上達にも、自立した治癒力が必要です。

テニススクールで頑張る皆さん、ぜひ「大げさ」にアドバイスに反応してみてください。

きっと何かが、変わるはずです!

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    テニススクール

    コーチや先輩に「本音」を伝えられなければ、アナタのテニスは変わらない

    テニスは自分で考えること、工夫することが大事。このサイトで何度…

  2. テニス ガット

    テニススクール

    「張るガットはコーチにお任せで」は、卒業していきましょう

    ふと、先日テニススクールでの一コマが気になりました。ある程度テ…

  3. テニス 部活

    テニススクール

    コーチの教えをなかなか実践出来ないのは、「大きく振り切れる」ことが出来ないから

    テニススクールで、しっかり上達していくこと。これは、簡単なこと…

  4. テニス 指導

    テニススクール

    目上の人でもコーチでも、「分からないことを、聞き返す」のはコミュニケーションの基本

    人と人、の間にテニスはある。ボールを打ち合うのもそうだし、教え…

  5. テニス ダブルス

    テニススクール

    テニススクールのネット裏の練習を頑張れない人は、永遠の中級者で終わる

    毎日暑い、本当に一年で一番暑い時期・・・。本当にコートに立って…

  6. テニススクール

    動くのに必死な状況で、アドバイス頭に入る?

    誰かに指導される、テニスレッスン。テニススクールでもそうだと思…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「まだ序盤だし、いつでも取り返せる」って、思ってない?
  2. テニス 前衛

    フットワーク

    熱いラリーをしながらも、「自分が今、コートの中のドコ?」にいるのかは把握しておく…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    普通に「勝ちたい」って思っているくらいじゃ、テニスの試合は勝てない
  4. テニス 予測

    ストローク

    自分のテニスの調子が「良いとき、悪いとき」には、試合中にどうやって調整すれば良い…
  5. テニス 並行陣

    戦術

    試合後半で相手が攻め急いでるときは、体力切れを起こしている可能性大
PAGE TOP