テニス ガット

テニススクール

「張るガットはコーチにお任せで」は、卒業していきましょう

ふと、先日テニススクールでの一コマが気になりました。

ある程度テニスも上手い、上級クラスの選手が張り替えるガットに悩んでいる。

そこでコーチが色々相談に乗っているのですが、少し話しただけですぐに「お任せで!」という一言で、終わる。

賛否両論あるでしょうが、私はこの光景にちょっと違和感を覚えてしまうのです。

 

「張るガットはコーチにお任せで」は、卒業していきましょう

 


 

■「アナタ自身の意志、無いの?」

色々考えたうえで、お任せという判断にしているのは理解出来ます。

ですが、お任せにするにしても自分自身の好みや今の打っている感触、声をコーチに伝えないと始まらない。

コーチも実際にプレーは観ているけど、少ない情報の中でガットとテンションを選んでいかないといけなくなる。

少しでも、アナタ自身が主体的に伝える情報が多ければ、より良い張り上がりになるはずなのに、勿体ない。

そしてこういう生徒さんは、得てして上達が遅いのです。

 

■もっとテニスギアに知識と興味を持っていこう

「上級者でも無いのに、ガットについての知識なんて・・・」と思ってる方、甘い。

それが自分に対する甘えだと、早く気付いて欲しい。

自分が打っている感覚、はアナタ自身にしか分からないのですから、それが「どんなガットで、どんな打感と飛び」になっているかを、真剣に考えないといけない。

ハッキリ言えるのは、しっかり自分に合うガットを張るだけで、テニスは大きく変わります。

もしかしたら、アナタが今一番最短で上達出来る道、なのかも知れないのです。

 

■漠然と毎日を過ごして、周りに興味を抱かない人はテニスに向かない

テニスに向かない人の典型例、私はこういう人だと思います。

周りの物事、に興味が湧かないし関心が無い、自分で調べようとしない。

技術も何も、身に付く訳無いんですよ。

逆に小さいことにでも気付いて興味を持って、自分で調べて試してみる。

こんな人は、ほっといても勝手に上達していくから、面白い。

この差って、身体能力以上に大きな差、だと私は思います。

 

小さい行動、言葉にその人の全てが現れる。

別にコーチにお任せ、でも良いと思うんですが、完全にテニスの上達までお任せ、にだけはならないように。

テニススクールなんて、上達してもしなくても同じお金を払うのは生徒。

よく考えれば、損しているのはアナタ・・・です。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス 名著

    テニススクール

    強い人ほど素直にアドバイスを聞ける、だから差はどんどんひらいていく

    最近改めて、私自身が感じていること、です。昔アルバイトコーチを…

  2. テニス 観察眼

    テニススクール

    テニススクール通いのジュニア選手に、部活でテニスを続ける選手が勝つ方法とは?

    中学生や高校生の皆さんの中には、大きく分けて2パターン、テニスを鍛える…

  3. テニス 練習

    テニススクール

    「テニスが好きだから、テニスコーチになりたい」人に伝えておきたい5つのこと

    たくさんの学生の方から、「将来テニスコーチになりたいです!」という言葉…

  4. テニス メンタル

    テニススクール

    スクールなのに自分で考えなくて良い、それが日本のテニススクール

    それが、普通だと思ってしまう。これが、一番私は危険なことだと思…

  5. テニス 練習

    テニススクール

    テニスを習って上達しやすい人、しにくい人の違い

    テニススクールや、プライベートレッスンでも。定期的にテニスを…

  6. テニス シングルス

    テニススクール

    「趣味としてスクールでテニス」も良いけど、部活で頑張りたいその理由について

    今日は初めて、西部ドームに野球観戦に行ってきました。埼玉県にあ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス スライス

    ストローク

    「覚えておいて損はない、スライスショット」コンパクトに抑え込むとテニスの試合では…
  2. テニス 食事

    その他

    テニスプレイヤーとして環境の変化に強い人は、「初心に戻る」を言葉で終わらせない
  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    風が強い日の試合は、積極的に前に出て相手にロブを打たせていこう
  4. サーブ

    肘の高さが低い人は、サーブに難有り
  5. サーブ

    サーブの安定感は「真似する」ところから!プロテニス選手の打つ前の動作を観察して分…
PAGE TOP