テニス 準備

メンタル

準備する意欲を持たない人は、これから先もエントリー費だけが消えていく

テニスの試合、メンタル勝負。

でも、言ってみれば試合の現場で強いメンタルを発揮する、のは当然の話。

みんな、それなりに負けたくないですからね。

だからこそ、差が出る部分はここじゃないでしょうか。

強いメンタル、で準備出来る人って意外と少ないですからね。

 

準備する意欲を持たない人は、これから先もエントリー費だけが消えていく

 


 

1.メンタルを強く持つ、のはテニスコート以外でありたい

テニスコート上で強くありたいなら、それ以外の場面でも。

これは、絶対に大きな差になってくること、ですから。

正直、テニスの試合の場面なら誰でも頑張るんですよ、実際。

でも、その試合に向けた準備を強く持つ、のは難しいのが実際のところ。

試合前の練習から、しっかり試合をイメージ出来てますか?

3日前には、ラケットバッグの準備を終えてますか?

こういう部分、に強い気持ちで挑めるかどうかが、実はメンタルの強さの本質だと私は思います。

 

2.せっかくお金を出して試合に出るんだから

本当の、挑戦でありたいですよね。

試合は、文字通り試し合い。

だからこそ、しっかり準備をしておく部分も、試合で試される部分だと私は思っています。

戦術や道具、体調、全てをしっかり準備してこそ、試合で足りないものが見えて来ると思いませんか?

中途半端な準備、は言い訳にしかならない。

結局、「次また頑張れば良いか」となりますからね。

でも、うすうす気づいていると思いますよ。

その次、ってずっと来ないことを。

 

3.試合までにどう過ごすのか?が、結局差になっていく

きっと、みなさんが思っている以上に、差は付いています。

実力が近いのに、なんだかあっさり負けたような試合は、きっとこの準備の段階で差が付いている。

普段の練習から、試合を逆算出来ているかどうか。

ガットのメンテナンス、コートサーフェスの調査、色々出来ることはあると思います。

アナタ自身、何が出来るのかを考えてみて下さい。

きっと、まだまだたくさんあるはずですから。

 

4.コート外での正しい判断が、コート上での判断につながる

もっと言えば、コート外での生活がそのまま、アナタのコート上でのテニスになる。

コート外で正しい判断が出来ない、強い気持ちを持てない人が、コート上で強くなれる訳が無い。

ここの部分、学生さんに向けたメッセージじゃないですよ。

私たち大人、社会人やシニアの方、にこそ必要な部分だと思っています。

何歳になっても、テニスは私たちに成長の種を与えてくれる。

それを育てられるかどうかは、私たち次第ですね。

 

メンタルが強い人って、私生活からぶれが少ない。

コート上で自分を出し切れる人は、準備からやり切っている。

当たり前、のレベルが高い人って、やっぱりテニスも強いですよ。

小さいことから、で良いので、私たちもそう変わっていきたいですね。

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「周りの人に、自分のテニスを言葉で説明できる」ようになると、アナタの未来は明るく拓ける!

    自分のテニスについて、しっかり「言葉」にすることはできますか?…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    「全ての深いボールは入って来る!」で、アナタのメンタルは鍛えられます

    深いストロークでオンライン、のボールを・・・つい、「アウト」の期待で待…

  3. テニス 環境

    メンタル

    「人に言われてウザい」と思うことは、大抵が図星

    耳が痛い言葉・・・言われるとムカッと来ること、ありますよね。私…

  4. テニス メンタル
  5. テニス サーブ

    メンタル

    テニスの試合でのメンタルはコントロールできる!アナタは「自分の表情」を意識したことありますか?

    テニスの試合で強い人、あまり表情が乱れない、どこかクールな印象はありま…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会でシード選手に勝ちたければ、「私生活から誰かを特別扱い」する癖を止めよう

    テニスの大会は、ほぼ全てトーナメント形式。ということは、どんど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ストローク

    伸びてくるストローク、返し方の基本
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの試合で、「前衛の足元にぶつけるポーチボレー」だけだと、試合後半は通用し…
  3. その他

    アナタの部活に、「悪いプレーをしっかり指摘出来る」人はいるだろうか?
  4. テニス 準備

    戦術

    試合をすれば、全て出る
  5. テニス メンタル

    メンタル

    自分の試合を結果論でしか見れない選手は、そこまでの成長しか出来ない
PAGE TOP