テニス 試合

メンタル

テニスの試合では「アンフォーストエラー」よりも「フォーストエラー」に着目しておきたい、その理由について

プロテニス選手の試合の数値で、「アンフォーストエラー」という言葉が出てきます。

「イージーミス」とは違う感じもしますし、「アンフォーストエラー」と言われると・・・何だかピンときませんよね。

今回は、この「アンフォーストエラー」、ではなく「フォーストエラー」という言葉を作ってみて考えてみましょう。

つまりは、相手からプレッシャーをかけられた状態でミスしてしまう状況、ということ。

それってミス・・・ではなくて、実力かも知れません。

 

テニスの試合では「アンフォーストエラー」よりも「フォーストエラー」に着目しておきたい、その理由について

 


 

■テニスの試合では、「相手からミスをもらう」という感覚が大事

試合の中で、アナタが華麗にエースを決める場面、どれくらいあるでしょうか?

実際に試合の中で、友達に記録してもらえば分かると思いますが、意外に少ないのが事実。

もっと言えばエース級のショットで決まるポイントも、その前のポイントが結果的に相手のミスによるものも多いはず。

何が言いたいか・・・と言えば、「相手が無理をして、結果ミスをする」というポイントを、どれだけアナタ自身が作れているのか、ということを考えて欲しいのです。

自分が仕掛けて相手がミスをする、というシチュエーションは、ミスのようでミスではなく、立派なアナタのポイントパターンなのです。

 

■粘りのテニスが、相手のミスを誘うことも

しっかり走って、ボールを最後まで追いかけるプレイヤーには、ミスを誘う力があります。

コートの端を狙わざるを得ないような状況に相手を追い込むことは、むしろオフェンスの意味合いが強い。

そう、「走る」という行為自体が、その選手にとっては「攻撃」になっているのです。

相手が打つ前のポジショニングにしても、同じことが言えます。

ダブルスではポーチに出る動きをすることで、リターナーの意識を自分に向けさせて集中させない、結果リターンをミスしてくれるという場面も多い。

ボールを打っていないとき、相手コートにボールがあるときこそ、この「フォーストエラー」を創り出す格好の時間なのです。

 

■自分自身に、置き換えてみると・・・?

アナタ自身が、相手からプレッシャーを感じる、感じてミスをしてしまうのはどういう場面でしょうか?

ボールを打つ前に相手を見て、「ドキッ」として避けようとする。

またはより厳しいコースを狙おうとして、欲が出てしまう・・・そんな場面に、フォーストエラーを冒してしまっているんじゃないしょうか?

相手を観察しながら、逆を突く、という要素はテニスでは絶対に必要です。

しかしそこで得た情報で自分のショットをコントロールできないようでは、まだまだ実力不足。

だったらもう、何も気にしないと心に決めてショットを打つようにした方が良いでしょう。

 

「フォーストエラー」について、もちろん0にすることは難しい。

実力が上の相手であれば、なおさら感じやすいですし、いつものプレーをするのだって、難しいはずです。

そんなときは、「相手のプレッシャーを受け止める」ことを意識しましょう。

逃げようとするのではなく、「ここでプレッシャーをかけて、ミスを誘おうとしてるんだな・・・」と、受け止める。

この段階までいけば、駆け引きを楽しめていると言っても良いでしょう。

普段の仲間の練習の中から、ぜひフォーストエラーを誘う、プレッシャーを受け止めてプレーする、ことを意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスに「ストレス解消性」を求めるのは、ちょっと違うと思う

    皆さん、テニスをやる理由は人それぞれだと思います。よくテニスス…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    思い出して欲しいのは、勝って嬉しい対戦相手は自分だったという事実

    皆さんも、「勝って本当に嬉しかった試合」って、いくつかあるはず。…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    隣のコートからボールが入って来たくらいで、自分のリズムは崩さない覚悟を

    これは、覚悟の問題だと思います。草トーの大会や、市民大会、学生…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    自分のテニスが上達しないのを「周りの環境のせいにしてばかりいる」人、いませんか?

    テニスは残酷なスポーツ。シングルスで結果が出なければ、全て自分…

  5. メンタル

    テニス選手なら、「勝つべき選手に対しての憧れ」を絶対に抱いてはいけない

    アナタが目指している目標、県内No.1?それともまずは部内のレギュラー…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    アナタがテニスの世界を拡げたいのなら、「自分のテニスを否定してくれる人」を大切にしよう

    先週に、このサイトを観て頂いている読者の方に実施したアンケート、たくさ…

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを打ち切る選手になりたければ、ダブルスこそ「縦割り担当」でいこう!
  2. テニス 言葉

    ボレー

    相手にバックボレーを打たせる戦術、は基本中の基本
  3. シングルス

    調子が良い相手には、やらせて付いていけば良い
  4. テニス リターン

    ストローク

    スライスのフォロースルー、実は「長過ぎる」人が多い
  5. テニス 戦術

    フットワーク

    テニスの試合で、意外と「遅いボールの返球が難しい」理由5つ
PAGE TOP