テニス ストローク

ボレー

「両手のバックハンドボレーが難しい・・・」と自分のテニスで悩む人にヒントになる考え方4つ

一般のテニススクールでは、女性のバックハンドボレーは両手で勧められます。

利き腕ではない側のボレーはどうしても力が入り辛いので両手で・・・というのも合理的ですが、もっと両手のメリットを深堀してみると、実は色々な特典が見えてきます。

女性で試合で勝ちあがっていく一般プレイヤーも、なぜ両手バックハンドボレーを使うのか。

テニスの試合に勝つ為の理由が、そこにはあります。

 

「両手のバックハンドボレーが難しい・・・」と自分のテニスで悩む人にヒントになる考え方4つ

 


 

1.両手だからこそ、「コンパクト」に打てる利点を活かす

ボレーというショットはストローク以上に、打点の幅が広くまた瞬間的な判断が求められるショットです。

早いボールに遅いボール、高い箇所、低い箇所、様々なボールに対応しなければなりません。

だからこそ、動作自体はコンパクトにして動きを制限し、繰り返し同じようなフォームで打てるようになる必要があります。

両手バックボレーは可動域が狭いので、このコンパクトに保つという要素を保ちやすいのが特徴です。

その分リーチが短いので、ボールにしっかり追いついて近づくフットワークが必要となりますね。

コンパクトにボレーできれば次の動作への構え直しも早く、打つコースも読まれ辛いです。

実践で意識して、より試合で使えるように磨いていきましょう。

 

2.上半身ではなく、「下半身」が主役という意識

1.でも少し触れましたが、両手バックボレーの弱点はリーチの短さ。

そこで大事なのは、言うまでも無く下半身のフットワークです

これで良いボレーが打てるかどうか、7割は決まると言っても良いでしょう。

基本的にはスタンスを広く、また腕からではなく下半身の足から反応できるように、普段の練習から癖付けていくことが大切。

コツとしては、しっかりボールに身体を寄せること。

それでボレーのボールの重たさが、だいぶ変わります!

 

3.押されても強い両手ボレーは、「ミックスダブルス」でも活躍できる!

とにかくバックボレーが苦手・・・という方も、初中級レベルの方では多いと思います。

ここは発想を前向きにして、バックハンドボレーが上達するとどんなメリットがあるのか、も考えてみましょう。

ミックスダブルスでは、女性のバックハンドボレーは必ず狙われます。

これの対応策は、「しっかり返す守備力」ももちろん大事ですが、ここぞというポイントでは「ポーチも見せておく」ことが大切。

「この人のバックボレー、女性なのにしっかりしてるな・・・」と思わせれば、試合でもかなり優位に進められます。

ここで両手のメリットがまた一つ。

片手よりも打球に負け辛いので、あとはコンパクトに真ん中に当てるだけでOK。

しかもバックハンドボレーのポーチは相手も警戒していない場合が多いので、試合の序盤で見せておくことをお勧めします!

目的を試合に置き換えると、苦手だけど頑張ろうという気持ちになれると思います。

 

4.フィニッシュの態勢まで、「両手」ボレーにこだわる必要は無い

両手ボレーが苦手という方にもう一つ多いのが、脱力感が無い、力が入っている・・・ということ。

スイングがコンパクトな分、フォロースルーで抜けていく感覚が無いので、ラケットの動きも窮屈になりがちです。

メリットであり、デメリットにもなるこの部分ですが、思い切ってインパクトの後は利き腕でないほうの手は離してしまうのも有りです。

特に逆クロスへのバックハンドボレーは、この形のほうがリラックスして打ち終わり、ボールにも伸びが出ます。

もちろん、打ち終わりから構え直しまでは遅れてしまう可能性があるので、フォロースルーは長くなる過ぎないよう、注意しましょう。

 

今回は両手バックハンドボレーに絞って書いてみましたが、いかがでしたでしょうか。

苦手意識がある方も多いと思いますが、基本的にはラケットがあまり動かないシンプルなショットです。

攻撃力には若干劣りますが、その分守備力が高く安定したネットプレイヤーは得意としているショットでもあります。

今回紹介したコツはあくまで主観で一部になりますので、色々自分自身でも探ってトライしてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で本当に強い前衛は、ポーチボレーの後にも全く隙が無い

    ダブルスの試合で、前衛がポーチに出る。ここまではよく観る光景で…

  2. ボレー

    浮かないボレーこそ、試合で使える実戦向きなショット

    ボレーを浮かないように、コントロールし続けること。試合に出てい…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに出てストロークを沈められるのが嫌なら、「ネットにベタ詰め」を一度経験してみよう!

    テニスの陣形やポジションで、完璧なものなんて無い。それなのに、…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの前衛は、「相手の視界に入って動く」から意味があることを再確認しよう!

    ダブルスの試合で、私が一番嫌だったこと。それは、「相手の前衛が…

  5. テニス 練習

    ボレー

    ボレー対ストロークのラリー練習、「実戦の試合を想定して」大事な要素とは?

    普段の練習でもよく実践する、ボレー対ストロークのラリー形式。な…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスの試合に前衛で武器になる、「ポーチからのドロップボレー」は絶対に身に付けよう

    ポーチボレーで、前衛として攻撃していくのはダブルスの基本。特に…

特集記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    自分のサーブがフォルトした時も、相手リターンの反応はしっかり見ておくこと
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「勝ちに徹するテニスが、楽しいと思えない」のは、自分が本気になるのが怖いから
  3. サーブ

    テニスの試合では、「速くて深いサーブ、意味が無い」ような場面もある
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルス脳を持っているテニス選手は、「何事にも自分が全て影響している」ことを理解…
  5. 戦術

    考えた時点で、もう遅い
PAGE TOP