テニス チャンス

メンタル

マッチポイントを通過しないで、勝利することは出来ない

テニスの試合に勝ちたい、と考えているみなさん。

であれば、この問題はいつも考えていてほしい・・・と、何度か同じような内容で書いて来ました。

「またか」と思う方も多いでしょう。

でも、きっとそういう方は以前と比べると格段に強くなっているはずなんですよね。

練習から意識しておく、試合で乗り越える壁を喜んで迎える。

そういう雰囲気の選手、に成長出来ているんだと思います。

 

マッチポイントを通過しないで、勝利することは出来ない

 

1.試合に勝つとは、マッチポイントを取り切るということ

迎える、だけだと勝ちでは無い。

自分のマッチポイントを、しっかり取ってこそテニスの試合は「終わる」ことが出来るんです。

テニスの試合、ルールは、何度も書いて来ましたが本当に残酷なくらい無常、です。

自分のマッチポイントを逃したと思ったら、もう相手のマッチポイント。

これの繰り返し、神経戦だってたくさんある。

いかに、自分のマッチポイントを平常心で取り切ることが出来るのか。

これには、創意工夫と準備、が不可欠です。

 

2.緊張しないように、なんて出来ない

5-4で40-30、アナタのサーブ。

あと1ポイント、ですが、落としてしまうとデュースに入っていく。

マッチポイントのようで、完全に自分が優勢とも言えないような状況ですよね。

「ここを逃したら、もう勝つチャンスが来ないかも・・・」と思うのが普通、です。

これを、緊張しないように準備するのは大変ですし、緊張するなと言う方が無理でしょう。

出来ることは、「何をやるのか」を決めておくこと。

積極的にいくのか、相手のミスを待つのか、アナタなりの結論を出しておきましょう。

 

3.シコラータイプの人でも、相手のミス待ちはお勧めしない

私の持論は、こうです。

マッチポイント、つい相手のミス待ちをしてしまう。

これが普通、です。

だからこそ、あえての積極策でいく。

セカンドサーブになっても、入れにいかない、振っていく。

ネットダッシュするのも、私は有効だと思いますよ。

自分が緊張していると気付いたら、身体を大きく動かす、走っている方が楽ですしね。

試合前から、「マッチポイントは大枠この作戦でいこう!」と決めておく。

これって、誰でも出来ること。

ですが、なかなか出来ないのが事実でしょう。

 

4.通過点である、マッチポイントをイメージして

マッチポイントの前のポイント、からもう意識を高めておく。

マッチポイントは通過点、例え自分のマッチポイントになっても、慌てないで準備通り。

ここを通過しないで勝利、はテニスの試合では有り得ない訳ですから。

やるべきこと、は明白なはずです。

自分の通過点を、イメージ通り通過していく。

これも、成功体験を重ねていくことが大事だと思いますよ。

良いんです、失敗しても。

思った通りにいかない、でもその「思う」ところからまずはスタートですから。

 

試合に強い人って、やっぱりマッチポイントの戦い方が上手いんですよね。

「そこで、これか!」と思うような作戦、を入れて来る。

そして、ハッキリしていて迷いが無い。

こういう相手、一番嫌じゃないですか・・・マッポでチキってくれるのを期待してるのに、こっちは。

アナタ自身、どうでしょうか。

通過点としての覚悟、準備、出来てますか?

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. + POWER CUP について
  4. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  5. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    備えあれば、憂いなし!「雨の日のテニスの試合」で有効な戦い方5つ

    まだまだ梅雨で雨の日が続いていますが、オムニコートでのテニスの試合は小…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    3連続ポイント、の貪欲さがテニスの試合には絶対に必要

    私が試合を見ていて、「この人強いな」と思う人。そういう人って、…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    相手のダブルフォルトを期待する、のは応援に任せましょう

    試合の中で、つい・・・リターンのときに考えてしまう。でも、考え…

  4. メンタル

    試合でミスを引きずらない、選手になりましょう

    ミスを引きずってしまう、自分のメンタルが大嫌いという人。これっ…

  5. テニス ロブ

    メンタル

    「もっと厳しくテニスを指導して欲しい!」と言う人ほど、きっと実際の厳しい指導には耐えられない

    今の自分が上達出来ないのは、厳しい練習が足りないから・・・。も…

  6. テニス 客観視

    メンタル

    アナタのテニスの評価は、他人が下すということを忘れてはいけない

    このことに気付いたのは、バリバリ現役でやっていた頃を終えて、でした。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで「試合前の緊張」と上手く向き合う5つの方法
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    「意外と○○が原因かも…」アナタがダブルスペアと上手くいかない理由5つ
  3. テニス メンタル

    ボレー

    苦しいネットプレーこそ、最後までボールを見よう
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    「テニス部の練習メニューは、慣れてきたら意味が無い」常に変化を楽しめるチームが、…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「バックハンドストロークがしっかり当たらない・・・」人が見直したい4つのポイント…
PAGE TOP