テニス センス

メンタル

テニスの試合で最初に得たマッチポイントは、「慎重かつ大胆に」攻撃していく意識で遂行していこう

マッチポイントって、怖い・・・。

そう思いませんか?

プロ選手の試合を観ていても、マッチポイントを獲ればもちろん勝利、ですが逃すと一気に逆転されそうな機運になる。

テニスの試合に勝てる選手は、「自分のマッチポイントの戦い方」を知っている。

これも大事な、準備の一つです。

 

テニスの試合で最初に得たマッチポイントは、「慎重かつ大胆に」攻撃していく意識で遂行していこう

 


 

■最初から「マッチポイントを迎える準備」をしておこう

テニスの試合では、一気にポイントを稼ぐことは出来ない。

野球で言う、コールド勝ちのようなルールも無い。

つまり、試合に勝つためには必ず、「マッチポイント」を経てそれを獲り切らないといけないのです。

当たり前のことなのに、試合に勝てない選手ほどこのポイントの準備が不足している。

いざ試合でマッチポイントを迎えると・・・勝っているのに焦っている、そんな人、いませんか?

 

■「マッチポイントの戦い方」を考えてみよう!

相手の立ち場になってみて下さい。

マッチポイントを握られている、訳ですから、簡単にミスするようなテニスは出来ない。

負けている訳ですから、攻撃的なプレーも・・・やり辛い。

つまりは、まず粘ってくるようなプレー、が想定されますよね。

もちろん、超攻撃的な性格の相手であれば、吹っ切れて打って来る可能性もありますが・・・。

粘るプレーに徹してくる、と想定したときに、アナタはどんなプレーで応戦出来ますか?

 

■慎重かつ大胆、というテニスが出来れば勝ち切れる!

アナタ自身、マッチポイントで意識して欲しいのはこのポイント。

最初は慎重にラリーで入って、3往復目くらいから一気に構成に出る、それも大胆に。

私の経験上、一番マッチポイントで有効なプレーはこのメリハリです。

ですが・・・実際のマッチポイントでは、これを冷静に遂行するのが難しい。

試合前に、準備を整えておきましょう。

性格上、ハッキリさせておいた方が良い、という人はそれでも良い。

とにかくマッチポイントを自分から迎えにいく、その準備が大事です。

 

試合に勝利するうえで、必ず通る道「マッチポイント」。

テニスでは、試合に勝つにはここを乗り越えるという大仕事を、成し遂げないといけません。

その覚悟、必要なプレー、しっかりイメージしておきましょう。

練習から、「マッチポイントだと思ってプレーしよう!」と、言い聞かせてみても良いと思います。

小さい習慣が、アナタの細かい準備になるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス サーブ

    メンタル

    「テニスコートは楽しい場所?」現役選手なら、その考えは甘いかも知れません

    試合での厳しさ、を知っている選手なら分かる。いや、試合に出てい…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で求められる、「強いメンタル」を養う為に必要な準備5つ

    皆さんから寄せて頂く質問の中で、圧倒的に多いのがこの質問。「メ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    3連続ポイント、の貪欲さがテニスの試合には絶対に必要

    私が試合を見ていて、「この人強いな」と思う人。そういう人って、…

  4. テニス 雨

    メンタル

    テニスの試合でも「自分のイライラの要因」が分からないから、人はネガティブ思考になる

    テニスの試合で、ネガティブ思考が止まらない人。なかなか、試合で…

  5. テニス 戦術

    メンタル

    テニスの試合はリードを奪うのは簡単だけど、「リードを守るのは難しい」のはなぜなのか?

    テニスの試合、誰でもまくられた経験はあるはず。リードしていても…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「チャンスをチャンスと思えるか」ポイントに繋げる為の、心の準備について

    テニスはディフェンスが重要。ある程度試合に出ていると、誰もがそ…

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    メンタル

    「ピンチを乗り切った後」に、乗っていけるかどうかが大事
  2. テニス ストローク

    ボレー

    片手バックハンドボレー、なのになぜか両手バックハンドボレー、になってませんか?
  3. ダブルス

    ダラダラ並行陣、ハイ卒業!
  4. テニス スマッシュ

    ストローク

    「1本でも多く返す」ことが、試合で最後にプレッシャーになっていく
  5. テニス 楽天

    メンタル

    本物の気迫は、試合の現場で相手の判断を誤らせる
PAGE TOP