テニス センス

メンタル

テニスの試合で最初に得たマッチポイントは、「慎重かつ大胆に」攻撃していく意識で遂行していこう

マッチポイントって、怖い・・・。

そう思いませんか?

プロ選手の試合を観ていても、マッチポイントを獲ればもちろん勝利、ですが逃すと一気に逆転されそうな機運になる。

テニスの試合に勝てる選手は、「自分のマッチポイントの戦い方」を知っている。

これも大事な、準備の一つです。

 

テニスの試合で最初に得たマッチポイントは、「慎重かつ大胆に」攻撃していく意識で遂行していこう

 


 

■最初から「マッチポイントを迎える準備」をしておこう

テニスの試合では、一気にポイントを稼ぐことは出来ない。

野球で言う、コールド勝ちのようなルールも無い。

つまり、試合に勝つためには必ず、「マッチポイント」を経てそれを獲り切らないといけないのです。

当たり前のことなのに、試合に勝てない選手ほどこのポイントの準備が不足している。

いざ試合でマッチポイントを迎えると・・・勝っているのに焦っている、そんな人、いませんか?

 

■「マッチポイントの戦い方」を考えてみよう!

相手の立ち場になってみて下さい。

マッチポイントを握られている、訳ですから、簡単にミスするようなテニスは出来ない。

負けている訳ですから、攻撃的なプレーも・・・やり辛い。

つまりは、まず粘ってくるようなプレー、が想定されますよね。

もちろん、超攻撃的な性格の相手であれば、吹っ切れて打って来る可能性もありますが・・・。

粘るプレーに徹してくる、と想定したときに、アナタはどんなプレーで応戦出来ますか?

 

■慎重かつ大胆、というテニスが出来れば勝ち切れる!

アナタ自身、マッチポイントで意識して欲しいのはこのポイント。

最初は慎重にラリーで入って、3往復目くらいから一気に構成に出る、それも大胆に。

私の経験上、一番マッチポイントで有効なプレーはこのメリハリです。

ですが・・・実際のマッチポイントでは、これを冷静に遂行するのが難しい。

試合前に、準備を整えておきましょう。

性格上、ハッキリさせておいた方が良い、という人はそれでも良い。

とにかくマッチポイントを自分から迎えにいく、その準備が大事です。

 

試合に勝利するうえで、必ず通る道「マッチポイント」。

テニスでは、試合に勝つにはここを乗り越えるという大仕事を、成し遂げないといけません。

その覚悟、必要なプレー、しっかりイメージしておきましょう。

練習から、「マッチポイントだと思ってプレーしよう!」と、言い聞かせてみても良いと思います。

小さい習慣が、アナタの細かい準備になるはずです。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に感謝出来るようになると、試合の緊張感から開放される

    どうしても、試合で緊張して力を発揮出来ないと悩んでいる人。ネッ…

  2. メンタル

    伸び悩みの時期、は必ず終わります

    何を根拠に?と言われれば、それはアナタ自身。きっと、このT-P…

  3. テニス ボレー

    メンタル

    すごくテニスが上手いのに、「知り合い同士の試合」に弱い人は意外と多い

    皆さんの周りにも、いませんか?草トーや市民大会、団体戦で「知り…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「日記ってスゴイ」テニスの試合で強くなるには、自分を見つめ直し続けること

    家を離れた時に、日記を付けるようにしている。と言っても、こうい…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスが変わる時、それは耳の痛い話から

    社会人からテニスを始めたみなさんは、どんなテニスの指導を受けてきました…

  6. テニス リターン

    メンタル

    最後のフィニッシュが雑、なのは性格も問題な可能性有り

    テニスって、本当にその人の性格がよく出る。みなさんも、そう感じ…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス チャンス

    メンタル

    マッチポイントを通過しないで、勝利することは出来ない
  2. メンタル

    「対戦相手の応援がうざい・・・」と思った人、残念ですがそう感じている時点でアナタ…
  3. テニス 前衛

    フットワーク

    熱いラリーをしながらも、「自分が今、コートの中のドコ?」にいるのかは把握しておく…
  4. テニス ポジショニング

    ロブ

    ロブボレーは、フラット気味だと超絶使える
  5. リターン

    「レシーブ構えている時」に意識したいテニスの試合で使える相手への印象付けテクニッ…
PAGE TOP