テニス 観察

日々の雑記

まだまだ壁は、とてつもなく高いのかも知れない

昨日(今朝)は、皆さん、全仏観戦お疲れ様でした・・・。

まさに今が眠気のピーク、という方もたくさんいるんじゃないでしょうか。

マレー選手と錦織選手の試合、皆さんはどう観ましたか?

色々なニュース、新聞、インターネットで報道されたり、TwitterやSNSでも色んな意見が錯そうしていますよね。

大事なのは、皆さん一人一人が、どう試合を観て何を感じたか、です。

 


 

私は、まず感じたのは「壁は高い」ということ。

とにかく、マレー選手の強さを改めて感じました。

それに火を付けたのは主審、というニュース記事もたくさんありましたね。

確かに、珍しいシーンでの警告で、それに反論するかのように火が付いたプレー、見事でした。

 

でも、結果論かも知れませんが、それこそまさに、一流選手の強さ。

これがランキング下位の選手なら、リズムを乱され火が付くどころか逆に消えてしまう。

そして消えたのを主審のせいにして、インタビューで文句たらたら・・・なんてことになっていたと思います。

何事も、強さに変えていくのは一流選手の証。

そういう意味で、まだまだ錦織選手との差はある、と感じました。

 

何より、マレー選手はずっとどこかで「余裕」を持っていたように思います。

自分のエンジン、ギアでいえば常に60%くらいの感覚。

これでイーブンで進行して、グッとギアを上げてタイブレークのような場面で獲りにいく。

第3セットのタイブレーク、あれが試合を分ける肝でしたが、「ミスが増えてしまった」と錦織選手は嘆いていましたね。

でも、そうさせたのはマレー選手のプレッシャー、でしょう。

錦織選手も、分かっているはずです。

力が入る場面で、ミスが増えるのはそれはミス、のようでミスでは無い。

立派な実力、ですからね。

 

壁は、とてつもなく高い。

錦織選手がこれから乗り越えていくには、まだまだやるべきことがあるでしょう。

その壁に向かう勇気、姿勢を観て、私たちも自分のテニスを頑張ろうと思える、のは幸せかも知れません。

男子トップレベルの選手が、今日本に存在している。

だからこそ、私たちも目の前の試合を頑張ろう!と思えるのって、ラッキーなこと。

暑い時期になりますが、テニス頑張っていきましょう!

T-PRESSはいつでも、試合に勝ちたいアナタを応援し続けます。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. ご質問頂いた件につきまして
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス 大学

    日々の雑記

    私はこれからも、試合に出続ける「生涯現役選手」を、精一杯応援し続けます

    今、改めて、今回アンケートにご回答頂いた皆さんの内容を、じっくりと読ま…

  2. テニス 陸上

    日々の雑記

    1つのことだけに集中する、だけが素晴らしいことじゃない

    少し前の話になりますが、先週末に行われた陸上の日本選手権。男子…

  3. テニス ミス

    日々の雑記

    みんなから同情されたい病、を治す薬はありません

    今日はクリスマスイブ、ですね。各地でクリスマスっぽいテニストー…

  4. テニス 部活

    日々の雑記

    なんで一番ストレスが多い時期に、新一年生の仕事を増やすのか?

    今日は有明テニスの森公園に行く機会があり、関東学生テニストーナメントを…

  5. 日々の雑記

    インカレ会場で感じた、レベルに関係無く大事なテニスの基本について

    今年のお盆休みは、久々にインカレの試合を岐阜まで観戦に行って来ました。…

  6. 日々の雑記

    関西遠征、最高でした

    更新が大変遅くなりましたが、9月1日~2日にて関西(大阪)に遠征させ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    「前のめりなボレーでの打ち終わり」は、隙だらけ
  2. テニス ポジショニング

    ストローク

    テニスの試合の現場では、「攻撃的なストローク=全て深さが必要」は危険な発想です
  3. テニス シングルス

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる…
  4. ストローク

    なぜ、ドロップショットが上手い選手が少ないのか?
  5. その他

    「テニス雑誌の技術情報を鵜呑みに」していては、いつまで経ってもアナタ自身成長しな…
PAGE TOP