テニス サーブ

ダブルス

ダブルスの試合で前衛は、「ポーチにでなくてもセンターに寄るだけ」で相手は嫌なもの

いつも私は、ダブルスでは「前衛が積極的にポーチに出る」ことを推奨しています。

そうやって相手にどんどんプレッシャーをかけて、ミスをもらうのが勝てるペアの大原則。

ですがそう毎回毎回、はポーチに出るのも難しい・・・ということで、この作戦は有効です。

アナタが後衛であったら、と考えてみて下さい。

相手前衛が視界に入ってくる、それだけで嫌なものですよね。

 

ダブルスの試合で前衛は、「ポーチにでなくてもセンターに寄るだけ」で相手は嫌なもの

 


 

■この作戦は、強い相手ほど効いてくる

前衛がプレッシャーをかける、という作戦は、強い対戦相手ほど有効。

初心者や試合慣れしていない選手は、まず相手前衛をしっかり気にする余裕も無い。

強い相手は、しっかり前衛を観察しながらプレーしてくる。

だからこそ、センターに寄るだけで、「ポーチに出られたかも!?」と思ってストロークが乱れる。

ポーチに出なくても、しっかり相手にプレッシャーをかけることが出来るでしょう。

 

■ストレートは「シングルスコート分」だけ守る

「じゃあ、ストレートに打たれたら、どうするの・・・?」と思った方、私はこう考えています。

まずシングルスコート分は、ストレートも守る。

一歩動いて腕を伸ばす、くらいで触れる範囲は守るけど、アレーに打たれたストレートは捨てる。

そうしないと、しっかりセンターに寄ってプレッシャーをかけられません。

アレーに打たれたら、それは相手の勝ち。

しっかり前衛である自分を気にしてくれている、と満足して次のポイントに移行しましょう。

 

■センターに寄る、とはつまり「はっきりと前」にいくこと

この作戦で一番大事なのは、しっかりと前衛は「ネット際」まで動くこと。

センターに寄る、とはセンターのストラップ近くまではっきりと前に動いていくことです。

これが中途半端だと、せっかくセンターに寄っても相手はプレッシャーに感じない。

もし触れるボールが来ても、ネットから遠いと相手は怖くない。

はっきりと自分のポジションを前、に動かしてプレッシャーをかける意識を持ちましょう!

 

この作戦、触れるボールが来たらどんどん触りましょう、前衛は。

プレッシャーをかけること、が目的ではありません。

目的は、どんな形にせよ「ポイントを獲る」こと。

触れたらしっかり触る、けどポーチほどはっきり出る訳では無い・・・と考えると、どこか中途半端かも知れませんが、まずはやってみましょう!

大胆に動けば、実はほぼポーチボレーと同じ動き。

ぜひ実戦でペアと話しながら、試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. ダブルス

    相手が「陣形を作ろうとするショット」を、見逃してはいけない

    ダブルスの試合、で特に大事な考え方。それは、相手に自分たちの得…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    2人の攻撃の息を合わせていくだけで、「ダブルスの攻撃力」はワンランクアップする

    ダブルスの試合、コンビネーション良く攻撃していくために。必要な…

  3. ダブルス

    ダブルスの前衛で「ポーチをしっかり決めきる!」為の、大前提となる4つの基本意識

    ダブルスの前衛にいて、ポーチでサーバーを助けたいけど自信が無い・・・。…

  4. ダブルス

    並行陣を潰すには、リターン側の前衛の動きにかかっている

    ダブルスの試合で、強い並行陣を相手にした時に必要な意識。私は、主役…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの並行陣の基本は、「いつもパートナーとの距離は一定」に保つこと

    ダブルスの並行陣、皆さんポジショニングでココ、意識出来てますか?…

  6. ダブルス

    相手の前衛にぶつけても、ポーチは決まらない

    ダブルスの試合、コートにいる人数は多い?少ない?当然シングルス…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの試合で、「ダブルスのサーブ&ボレーの実力」は、2ndボレーの精度…
  2. テニス

    メンタル

    実行するのに勇気が求められる作戦は、成功すれば相手に「大打撃」を与えることが出来…
  3. メンタル

    悔しい気持ちを、誤魔化してはいけない
  4. フットワーク

    相手に背中を向けるのは、本当に危ない時だけ
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで深いボール、に対応する為の5つの基本
PAGE TOP