テニス サーブ

ダブルス

ダブルスの試合で前衛は、「ポーチにでなくてもセンターに寄るだけ」で相手は嫌なもの

いつも私は、ダブルスでは「前衛が積極的にポーチに出る」ことを推奨しています。

そうやって相手にどんどんプレッシャーをかけて、ミスをもらうのが勝てるペアの大原則。

ですがそう毎回毎回、はポーチに出るのも難しい・・・ということで、この作戦は有効です。

アナタが後衛であったら、と考えてみて下さい。

相手前衛が視界に入ってくる、それだけで嫌なものですよね。

 

ダブルスの試合で前衛は、「ポーチにでなくてもセンターに寄るだけ」で相手は嫌なもの

 


 

■この作戦は、強い相手ほど効いてくる

前衛がプレッシャーをかける、という作戦は、強い対戦相手ほど有効。

初心者や試合慣れしていない選手は、まず相手前衛をしっかり気にする余裕も無い。

強い相手は、しっかり前衛を観察しながらプレーしてくる。

だからこそ、センターに寄るだけで、「ポーチに出られたかも!?」と思ってストロークが乱れる。

ポーチに出なくても、しっかり相手にプレッシャーをかけることが出来るでしょう。

 

■ストレートは「シングルスコート分」だけ守る

「じゃあ、ストレートに打たれたら、どうするの・・・?」と思った方、私はこう考えています。

まずシングルスコート分は、ストレートも守る。

一歩動いて腕を伸ばす、くらいで触れる範囲は守るけど、アレーに打たれたストレートは捨てる。

そうしないと、しっかりセンターに寄ってプレッシャーをかけられません。

アレーに打たれたら、それは相手の勝ち。

しっかり前衛である自分を気にしてくれている、と満足して次のポイントに移行しましょう。

 

■センターに寄る、とはつまり「はっきりと前」にいくこと

この作戦で一番大事なのは、しっかりと前衛は「ネット際」まで動くこと。

センターに寄る、とはセンターのストラップ近くまではっきりと前に動いていくことです。

これが中途半端だと、せっかくセンターに寄っても相手はプレッシャーに感じない。

もし触れるボールが来ても、ネットから遠いと相手は怖くない。

はっきりと自分のポジションを前、に動かしてプレッシャーをかける意識を持ちましょう!

 

この作戦、触れるボールが来たらどんどん触りましょう、前衛は。

プレッシャーをかけること、が目的ではありません。

目的は、どんな形にせよ「ポイントを獲る」こと。

触れたらしっかり触る、けどポーチほどはっきり出る訳では無い・・・と考えると、どこか中途半端かも知れませんが、まずはやってみましょう!

大胆に動けば、実はほぼポーチボレーと同じ動き。

ぜひ実戦でペアと話しながら、試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で「並行陣から引き出したチャンスボール」を、どう後衛から攻めるか?を考えてみる

    社会人になると、プレーする機会が増える並行陣。ストロークは「沈…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「自分のパートナーがミスしたとき」に、アナタの対応はどうですか?

    ダブルスの試合、ペアの関係性は失点したときの雰囲気で分かる。ど…

  3. ダブルス

    後ろをカバーしてもらえるのは、ド詰め出来た前衛だけ

    ダブルスの試合で、攻守のメリハリが無いペア。こういうペアは、な…

  4. テニス ロブ

    ダブルス

    テニスの試合において「ダブルスの前衛は、貯金を上手く活用する」という意識が効果的です

    「あの前衛、よくボレー出て来るな・・・」と思ってストレートに打ち始める…

  5. ダブルス

    ダブルスの試合では、コートの端にいてもボールは永遠に飛んで来ません

    ダブルスが強いペアは、2人の距離が近くポジションがセンターに集まってく…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドのパワーアップ!をしたいなら、「肩の入れ替え」を意識してみよう
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスという競技で、「自分にはフォアハンドとバックバンド」、の違いがあることを再…
  3. テニス チャンス

    戦術

    成功を掴む人は、いつだって初回、初級、に勝負をかけている
  4. テニス リターン

    ストローク

    バックハンドストロークが弱々しい時、後ろ足が上がってませんか?
  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスにおける攻撃的なボレーは、全てを「2本で1セット」の考えで詰めていく意識が…
PAGE TOP