テニス ダブルス

ダブルス

コントロールが良いサーバーは、前衛の動きを見れば分かる

ダブルスの試合のときに、試合の序盤で感じること。

「あ、このペア絶対強いな・・・」と思うポイントって、色々あると思います。

私は、まず前衛の動き。

しっかり動く前衛、のペアはもちろん強い。

それだけじゃなくて、サーブの後にその軌道に合わせた動きが出来る前衛、のダブルスは間違いなく強いです。

その理由を、今回改めて書いてみたいと思います。

 

コントロールが良いサーバーは、前衛の動きを見れば分かる

 

1.なぜ、前衛は動けるのか?

みなさんも、イメージしてみて下さい。

ダブルスの試合で、サーブ側の前衛がサーブに合わせてしっかり動くペア。

こういうペアって、強いですよね。

センターへのサーブのときには、前衛がしっかりセンターによってプレッシャーをかけてくる。

これって、当たり前のことでしょうか?

私は違うと思いますよ。

そこには、しっかりとした信頼関係とサーブ側の技術、があるからだと思います。

 

2.サーブ側のコントロールが良いから、前衛がしっかり動ける

サーブ側の選手が、しっかりコントロールしてサーブを打つ。

打ち合わせ通りに打つ、からこそ、前衛が動ける。

それも、安心して動けるんです。

サーブのコースが打ち合わせと全く違うと、前衛としては困るじゃないですか。

ストレートに打たれて、抜かれる可能性も高くなる。

サーブ側の前衛としては、しっかりコースを突いたサーブが打てるペアだと、本当に楽なんです。

動くのも楽しくなるし、自然と決まるポイントが増える。

だから私は、ダブルスの試合は相手の前衛、それもサーブのときの前衛に注目している。

ここで、サーブの選手の実力を測ることが出来ますからね。

 

3.後衛のコントロール力こそ、前衛のモチベーションになる

これって、実はリターンの時にも言えるんですよね。

コントロール力がある後衛は、「絶対にクロスに沈めるから、前でポーチ頼んだ!」と言える。

そんなの、理想論?

いや、こういう理想から入っていかないと、テニスの試合では強くなれないですよ。

リターンのときにも、しっかり「どういうリターンをするのか?」をパートナーに伝えておくこと。

ファースト、セカンド分けても良いと思います。

厳しいようですが、「どこにリターンがいくか、分からない・・・」ような人は、パートナーもどうして良いのか分からない。

失敗しても良い、しっかり意志決定してパートナーに伝える、ことが試合では大事です。

 

4.実力がある選手は、ペアの動きも変えていく

結局、こうなります。

実力のある選手と組むと、アナタ自身も力を発揮する。

だって、攻撃していくようなときに、コントロールが良いと自分もその方向に動ける。

前衛として、連続攻撃に参加出来る。

前衛を活かせる後衛、ってこういう選手じゃないですか。

アナタ自身、目指して欲しいんです、こういう選手を。

その必要性を感じることが出来れば、きっと成長して周りの動きも変えていける。

強いダブルス選手、になれるはずです。

 

きっと、テニス以外のどんなスポーツでもそうだと思います。

ショットが計算出来る選手、の周りには、自然と良いプレーでサポートしてくれる仲間が増えていく。

ダブルスなら前衛、ですね。

この動き、連動させるにはまずはアナタの意志決定から。

思い通りにコントロール出来なければ、練習するのみ、ですね。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「相手が2人いるから、第3の手段」が選択肢として必要

    ダブルスの試合、皆さんはどの程度「選択肢」を持てていますか?強…

  2. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「とにかく速くて深いサーブ」は迷わずロブでの応戦に徹しよう

    試合でのロブの重要性について、何度か書いてきました。しかし実際…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    手堅いボレーでしぶといダブルス、どうやって崩す?

    ダブルスの試合で、みなさんがぶち当たる壁。それは、手堅い並行陣…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「前衛が触った瞬間にペースアップする」ことを頭に入れておこう

    ダブルスの試合、シングルスとの大きな違いとして意識したいこと。…

  5. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスでセンスの良い前衛は、「後衛の状況」を後ろを見ないでも把握出来る

    ダブルスの前衛、皆さんは得意ですか?硬式テニスでは前衛、後衛に…

  6. ダブルス

    ダブルスの試合では、「低いリターンを打っている」限りは、相手ポーチを怖がる必要は無い!

    最近、ハイレベルな準決勝のダブルスを観戦して来ましたが、改めて気付い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    こんな対戦相手のストロークは、「やり辛い・・・」と感じる5つの特徴
  2. シングルス

    錦織選手が得意とする、フォアハンドのドロップショットからの展開を身に付けよう
  3. テニス テニスボール

    テニススクール

    強くなりたいなら、テニススクールを居場所にしてはいけない
  4. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合で有効な「ドロップショット気味のリターン」は、置きにいくとネットを…
  5. テニス 練習

    その他

    「何を教わった?」よりも、「何に気付いた?」で子供は変わる
PAGE TOP