テニス メンタル

ダブルス

「ミスしないで・・・」とアドバイスした時点で、ミスへの序章が始まる

ダブルスのペアで試合中、皆さんどんな「声かけ」が多いですか?

味方同士、励まし合いながら・・・のつもりが、一声で余計に緊張させてしまう。

そんな経験ありませんか?

無い、という方は・・・もっとペアの表情や雰囲気、しっかり観た方が良いと思いますよ。

きっとこんな言葉、時に発しているはずです。

 

「ミスしないで・・・」とアドバイスした時点で、ミスへの序章が始まる

 


 

1.ミスしたくてミス、している人なんていない

当たり前ですが、みんな一生懸命やっている。

それでも起きるのがミス、です。

それなのに、試合の大事なポイントで「ミスだけはしないでいこう!」という言葉、必要でしょうか?

何だか余計に、緊張させてしまうだけ・・・・じゃないですか?

「じゃあ、どうすれば良いの?」と思う皆さん、一緒に考えていきましょう。

 

2.「やるべきこと」を明確にして、その上でのミスはOK!のスタンスで

しっかり、自分たちの方針、作戦は決まってますか?

ポーチに出る、リターンをストレート、ダブルスだったら「最初の配球、攻撃」くらいまではしっかり約束しておきましょう。

それが出来ていれば、ミスはOK。

やるべきこと、をやることで成功、という声かけが私は大事だと思います。

そうすれば、「実行責任」を果せば良い、ということで精神的にも楽になれますからね。

 

3.ミスを怖がっていると、相手はプレッシャーを感じない

考えてみて下さい。

アナタが試合をしていて、「やりやすい相手」って、どんな相手でしょう。

「ミスが怖い、ペアに遠慮している」ようなテニスの相手、すごく楽じゃないですか?

ミスを怖がっていても、何も始まらない。

作戦遂行のミス、は試合中にでも指摘し合うべきですが、細かい技術的なミスを「減らそう」と話しても、それは無理。

余計に無難な選択で相手を楽、にしてしまうだけですよ。

 

普段の練習から、「しょうもないミス」は当然無くしていかないといけない。

でも、同時に失敗を恐れない、チャレンジした上でミスは必要、という意識も大事。

試合から、練習から、ダブルスでどういう声かけをペアに出来るのか。

一度書き出してみることを、オススメします。

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    相手の前衛に触られても、とにかく慌てないことが一番

    ダブルスの試合で、落ち着いてプレー出来るかどうか。これは、勝敗…

  2. テニス 部活

    ダブルス

    ダブルスの試合中に後輩を勇気付ける、先輩の一言集

    先輩とダブルスを組んで、試合に出る。学生ならよくあるシチュエー…

  3. ダブルス

    「ダブルスが分かり始めた30歳」テニスの試合の醍醐味は様々なペアと試合に出れること

    ダブルスは苦手だった。もしかしたら、今の方が現役の時よりもダブ…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスで手加減してくる男性は、とことん利用しよう

    昨日、私はミックスダブルスの試合に出てました。そこで、改めて…

  5. ダブルス

    並行陣を崩すストロークには、前衛との連動が欠かせない

    ダブルスの試合で、相手がどんどん前に出て来る並行陣、が相手の時。…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    ネットに出られると厄介な、「ボレーをつないで手堅くプレーする相手」に対抗する作戦とは?

    ベテランプレイヤーでダブルスが得意な選手、社会人の方で本当に多い。…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーで顔を残すことが出来れば、打てるコースは自然に拡がる
  2. テニス知識

    「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、利き腕の肘を落とすのが遅い
  4. テニス ストローク

    ストローク

    重たいストロークを身に付ける為に、必要な意識4つ
  5. ボレー

    自分で誘って決める、前衛のポジションは・・・?
PAGE TOP