テニス 雪

その他

もしアナタが「テニスで大きな失敗」をするとしたら、人生で一番若い今日という日がベスト

テニスを続けていれば、楽しいことも辛いこともある。

「若いうちは、苦労は買ってでもしろ」という言葉がありますが、その是非はともかく、若いうちは特権がある。

そう、何を経験してもそれを糧に出来る未来があるから。

テニス選手も、同じです。

失敗力、が高い選手は成長も早い。

アナタ自身、今からでも全然遅くはないですよ。

 

もしアナタが「テニスで大きな失敗」をするとしたら、人生で一番若い今日という日がベスト

 


 

1.同級生に袋叩きにされた大学一年の頃

少しだけ、私の話を。

大学一年生の頃、新入部員の中で私は完全に孤立してました。

なぜなら、同級生に向かって「お前ら、やる気あるのか!」と毎日のように叫んでいたから。

2ヶ月くらいは我慢してもらえたみたいですが、6月にみんなの感情が爆発。

その後1ヶ月は誰も口を聞いてくれませんでした。

今覚えば、100%自分が悪い。

ですがそのとき、1ヶ月間1人になってみて、人に何かを「伝える」ことの大切さと難しさを学んだように思います。

このブログも、そのときの経験が活かされていると、つくづく感じるのです。

 

2.「今日」という日が、アナタの人生で一番若い日

当たり前だと思うかも知れませんが、実際そうです。

明日は今日より、1日歳を重ねている。

そう考えると、失敗は若いうちにやっておくに越したことは無い。

大きな失敗も、後々になれば小さな失敗になり、いつの間にか成功の種になる。

それは60歳の方だろうが、90歳の方だろうが同じです。

自分の先の人生、何歳まであるか分からない。

だからこそ、失敗を活かせる時間が1秒でも長い方が幸せ、だと思いませんか?

 

3.テニス界、テニス選手には、まだまだ失敗が足りない!

日本テニス界の閉塞感って、この失敗不足だと思うんです。

一つの失敗で、周りは騒ぎ過ぎだし選手も自信を失い過ぎ。

アナタ自身、テニスを通じて出来ることはもっともっと、たくさんある。

プレーにしてもそうだし、将来を考えれば選手として目指す、指導者やトレーナー、審判や色々な道がある。

どんな道でも、第一人者と呼ばれる人は大きな「失敗」を繰り返してきている。

さぁ、今日、何をしましょうか、始めましょうか。

今一度、考えてみて行動を興して欲しいと思います。

 

「このサイト、も守りに入っていないか?」と、今書いていて思いました。

守りに入っている、気がします。

偉そうに皆さんに書いて伝えているので、私も頑張ります。

どんどん、変わっていきます、T-PRESSも。

たくさんの失敗に、どうか気長にお付き合い下さい・・・。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス チャンス

    その他

    学び続ける人生、こそ本当に幸せな人生だと思う

    私たちは、なぜテニスを頑張るのか。正直、学生時代はとにかく身体…

  2. テニス セルフジャッジ

    その他

    セルフジャッジの試合では、「相手に聞こえる声でコールする」のが基本ルールです

    セルフジャッジで揉めるケース、色々ありますよね。ジャッジで入っ…

  3. テニス 客観視

    その他

    自分に無かったもの、を得ることが出来るのが「試合」です

    大会に出て試合をするなら、当然勝ちたい。でも、勝ち続けて終わる…

  4. テニス メンタル

    その他

    「試合を勝ち進んでいく」ということは、敗者の想いを背負っていくということ

    大会で、勝ち進んでいくということ。みなさんにとって、これは目指…

  5. テニス ダブルス

    その他

    ダブルスの試合、パートナーにタッチに自分から動けているか?

    ダブルスの試合を観ていると、感じること。それは強い人、ペアを引…

  6. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で勝てる選手は、「上手くいっているうちから作戦を変える」勇気を持って実行している

    スポーツの試合には、「作戦勝ち」という言葉があるように、事前の準備は大…

特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合、「自分のストロークに伸びが無い」と感じたら試したい改善策4つ
  2. ストローク

    クロス方向へのストローク、相手を追い出せてる?
  3. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブで身に付けておきたい、「攻撃的にリターンで踏み込んでくる相手」をか…
  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、無理やりにでも自分に余裕を作ってみよう
  5. テニス 部活

    その他

    「トップダウン型ではなく、ボトムアップ型へ」テニス部の部活動は、今まさに変革期で…
PAGE TOP