テニス スマッシュ

ボレー

ボレーボレーの泥試合、ロブボレーを使おう

ベテラン女子ダブルスの試合、なかなか決まらないのがボレー合戦。

4人が前に出ても、お互いに守備力が高くてパンチ力が低いので、なかなか決まらないんですよね。

ポンポン打って、結局誰かのミス待ちになってしまうダブルス、卒業していきませんか?

狙いは相手の上、にあります。

 

ボレーボレーの泥試合、ロブボレーを使おう

1.なぜ、ボレーが決まらないのか?

それは、ポジショニングが大きな要素を締めています。

ベテラン、シニアの方の女子ダブルスは、基本は並行陣。

それも、ポジションは少し下がり目という方が多いでしょう。

なぜなら、ロブを打たれるのが怖いから。

すぐに下がってカット、スマッシュが打てるように、サービスライン付近かもう少し下がり目、で2人で立つようなペアも多いでしょう。

この辺りに下がって待たれると、なかなかボレーでも決まらないのがテニス。

さぁ、問題はどうするか?です。

 

2.ロブボレーなら、実は有効

「下がってるなら、ロブは効かないんじゃない?」と思いますよね。

確かに普通のロブ、はなかなか効かない。

普段から、嫌というほど相手のロブを受けているでしょうから。

でも、それが「不意をつかれたロブ」なら話は別。

ボレー合戦の中でいきなりロブ、ロブボレーが来ると、大抵の女性の方は不意を突かれる。

予測と違うこと、が起きたらもう大変。

慌ててミスしてくれるでしょうし、いつものようにカット、スマッシュ、打てないと思いますよ。

 

3.足下、と思ったら頭上!

ロブボレーの利点は、相手の不意を突けること。

足下にロブが来ると思ったら、頭上に来る!という感じですね。

それも、ボレーですから相手との距離が近いし、直線的なロブになりやすい。

これは脅威ですよ。

ボレー合戦の中で、フッと上を狙われる。

触らないと落としたらもう追えない、ようなロブボレーを磨いてみませんか?

きっと、後ろから打つよりずっと楽に打てると思いますよ。

 

4.意識したいのは、連続攻撃

ロブボレーを効果的に使いたいなら、連続攻撃。

打った相手、にまたすぐにロブボレーを打っていくイメージが大事です。

要は、一人狙いですね。

余裕を無くしている状態、で上を狙う。

ダブルスの試合、ボールを散らす必要はありません。

1人を連続で攻めた方が、慌ててくれやすいし作戦が効きやすい。

ぜひ、意識してダブルス、ボレー合戦になったらロブボレーを使ってみて下さい。

 

普段の練習から、使うこと。

これが一番です。

ボレーボレーの練習、マンネリ化してませんか?

つなげるだけ、になってはいませんか?

上を狙っていく練習、ベテラン女子ダブルスを頑張るみなさんには絶対に必要です!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    コンパクトなボレーの打ち方は、「ラケットが収まる場所」を作ることで完成します

    ボレーの安定感は、シンプルさ。多少はラケットを動かしつつも、基…

  2. テニス メンタル
  3. テニス ストローク

    ボレー

    試合に勝ちたければ、「角度を付けるボレー」を打つ勇気を持つこと

    試合で勝つために、必要な技術。たくさんあるようで、実はそれほど…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの深さは、ネットのどの高さを通すかで調整しよう

    深いボレー、浅いボレー。この打ち分けを、腕の力だけで行ってはい…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、ラケットを動かし過ぎな人は「左手意識」で解決!

    片手バックハンドボレー、試合の緊張した場面でしっかり決めるには?…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    「骨盤をけっこう意識してます」横向きに必要なテニスの動きは骨盤から!

    テニスの試合ではコースが大事。ショットのパワーも欲しいけど、ち…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    試合に勝ちたければ、「角度を付けるボレー」を打つ勇気を持つこと
  2. テニス ストローク

    シングルス

    上のレベルで結果を出すシコラーの選手は、ミスを待っているだけじゃなく「引き出して…
  3. ボレー

    大きく踏み込んだボレーを安定させるには、「後ろ足の内側をコートに付ける」を意識し…
  4. テニス 練習

    戦術

    テニスの試合では、精神的なプレッシャーはデュースサイドの方が少ないはず
  5. テニス ダブルス

    その他

    外部の練習に参加するときは、オーディションの気持ちで
PAGE TOP