テニス ポジショニング

ロブ

ロブボレーは、フラット気味だと超絶使える

なかなか、その有効性が説明し辛いショット。

それが、ロブボレーでしょう。

私はすごくこのショットが好きで、試合でもよく使います。

ですが、なかなか効果的に使えていない方、も多いのが現実。

今回のお話で、少しでも「使えるかも!」と思ってもらえたら、嬉しいです。

 

ロブボレーは、フラット気味だと超絶使える

 


 

1.スライス気味、になってない?

ロブ自体は、スライスでも良いと思うんです。

リターンからのロブ、ストロークでのロブ、スライスで時間を作ることも必要ですからね。

でも、私が考えるロブボレーは基本攻めのショット。

ですから、滞空時間は短くて良い。

バウンド後も、止まるんじゃなくて伸びていって欲しい。

トップスピンのような鋭さはなくても、フラット気味で充分です。

低く速い、そんなロブボレーを使えると思うと、ワクワクしてきませんか?

 

2.上級者のショットではない、ロブボレー

一見、テクニカルなショットにも見えますが、簡単です。

相手のボールを、相手の頭上を狙ってボレーする、これだけ。

山なりにしようとか、深く打とうとか考えなくて良い。

高いボールを、相手の頭上で通すと思えば良いんです、試合でも。

実際に、触れる高さでも触れないのがボレーでのロブ、ロブボレーです。

相手から近い距離で打てれば、反応出来ないんですよね。

低く速いボールは、追いかけてもなかなか追いつけない。

ぜひ、初心者のみなさんにも身に付けて欲しいショット、なんです。

 

3.大事なのは、遊び心

これは、実はすごく大事。

相手を出し抜いてみる、後ろのスペースを狙ってみるという遊び心、が大事なんです。

上に打つって、勇気が要りますからね、テニスでは。

甘くなると、上から打たれるのが怖いじゃないですか。

でも、「ちょっと隙を突いてみるか」くらいの感覚でOK。

頭上を狙って、速いボールで通過させる。

そのためには、フラットに当てるような打球が良い。

ぜひ、練習してみて下さい。

 

4.低いボールの方が、打ちやすい

試合でも、これは言えます。

高いボール、ミドルボレーだとスライス回転がかかりやすいですしね。

低いボールを、厚く当てるような感じがベストです。

押し出す感じで、相手の頭上を狙うボレーにしていく。

もちろん、ハーフボレーでも使えますよ。

低い位置のボレー、相手へのチャンス返球になるくらいなら、いっそのことロブにしちゃいましょう。

相手は、慌てて下がるけど・・・もう追いつけない。

そんなショット、ロブボレーなら打てます!

 

いつでも狙っておくこと、が大事。

「上への意識が、低いな」と感じたら、使ってみる。

上に打ち上げるのではなく、フラットで低めに押し出すこと、がコツです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    ロブ

    ポイント前に、「女性の上に上げられたロブは、どうするのか?」を決めておくのがミックスダブルス

    ミックスダブルスの試合に出ている方は、これを決めておきましょう。…

  2. ロブ

    前に入りながらロブ、が攻撃的なテニスの基本

    ロブを攻撃的に使うこと。これは、ダブルスの試合では必須のテクニ…

  3. テニス ストローク

    ロブ

    「取らせるロブ」を身に付けることで、ネットプレイヤーに対してショットの幅が拡がる!

    毎日色んなショットを練習しているだろうが、ロブの練習はどれくらいやって…

  4. テニス ダブルス

    ロブ

    ロブで抜いて、その後ポイント取れてますか・・・?

    よく、ダブルスの試合でこんなペア見かけませんか?ロブは上手くて…

  5. テニス 構え

    ロブ

    アナタのロブを「試合で効果的なショット」に変えていく方法

    試合の中で「ロブ」、上手く使えてますか?ダブルスの試合では、ロ…

  6. テニス コントロール

    ロブ

    ロブを追いかけて一度落とす時には、並行して走ってると一生間に合わない

    「そんなの、誰だって知ってるよ・・・」という、テニスの基本。こ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ポジショニング

    ストローク

    何気なくウォーミングアップでやってるけど、「良いショートラリーと、悪いショートラ…
  2. テニス サーブ

    戦術

    やりたいテニス、だけだと分析されやすい
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    西岡選手は自分の武器であるフットワークを、「小さなテイクバック」で活かしている
  4. テニス テイクバック

    リターン

    「重たいサーブでバックハンドが振り負ける」ときには、グリップを持つ両手の間を少し…
  5. テニス ストローク

    戦術

    センターセオリーを軸に置いて、常にアングルを狙うこと
PAGE TOP