テニス フットワーク

ロブ

「トップスピンロブを、使いこなせ」コツさえ掴めば、大助かりの魔法のショットに

ロブを試合でどのくらい使うだろうか。

シングルスの場合は、相手がネットプレーに出ない限り特に使うことは無いけど、ダブルスであれば最初からネットに相手がいるので、ロブは必要不可欠だよね。

その時のロブってトップスピン?それともスライス?

 

「トップスピンロブを、使いこなせ」コツさえ掴めば、大助かりの魔法のショットに

 


 

俺はダブルスの時はスライスをよく使うかな。

でもシングルスの時はトップスピンロブもよく使う。

とにかくロブは両方打てた方がやっぱり便利だ。

 

でもスライスロブって、相手に追い付かれる可能性が高いでしょ?

上手くコースを隠したり、ロブを打つ前に前へおびき出したりしないと使いにくい。

なので、トップスピンロブをシングルスの時もダブルスの時も使えたらいいよね。

そのためにはまず、しっかりとトップスピンを掛けられるようにすることが当然必要なんだけど、それだけではちょっと難しい。

 

トップスピンロブを成功させるコツは、ロブの頂点の位置を調整する調整能力なんだよ

ロブって山なりでしょ?

その山の頂点をどこに持って来るか調整が出来れば、トップスピンロブは扱いやすいのだ。

でも正面にいるネットプレーヤーにびびって、「取られたくない・・・」なんて気持ちでトップスピンロブを打つと、早く相手の頭の上を越えたいもんだから、低空且つ速い弾道でロブを打ってしまう。

そうすると山なりの頂点を遠くに設定してしまい、アウトになりやすいし低い弾道で相手に取られやすかったりするんだよ。

 



 

なのでトップスピンロブを打つ時の山の頂点は、もっと思い切って手前に設定すること

ロブを打ったら、いきなり山なりの頂点に向かっていくくらいのつもりにするんだよ。

そうするとアウトする心配も少なくなり、思い切ってスウィング出来るからトップスピンの回転量もしっかり掛けることが出来て、一気に上がったロブが頭を越えた後、今度は一気に落ちて来る・・・という理想の弾道になりやすい。

失敗したらスマッシュで逆襲を喰らう・・・というシチュエーションだからびびりやすいロブだけど、しっかり山なりの頂点を手前に調整出来るようにすれば、トップスピンロブなんて案外使いやすいショットになるよ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. ロブ

    相手がロブを打つ前に動くこと、こそ最高のプレッシャーになる

    並行陣で戦いながら、相手のロブに対抗する。でも、この考えだと・…

  2. ロブ

    ロブを打って良い風、を見極めよう

    屋外の試合で、ロブを打つ。このロブが上手くコントロール出来れ…

  3. テニス ボレー

    ロブ

    「入るロブと、アウトするロブ」の見極め方5つ

    相手がロブを打って来て、とっさに判断出来るかどうか。ネットプレ…

  4. ロブ

    ロブ禁止で、ダブルスやってみない?

    これは、特に女子ダブルスのみなさんへの提案です。つい、ロブ頼…

  5. ロブ

    リターンでいきなり トップスピンロブが使える!

    最近、ちょっとマイブームなのがこれです。ダブルスの試合、リター…

  6. ロブ

    後衛にバックボレーでカットさせる、のがダブルスの試合でのナイスロブ

    ダブルスの試合、どんなレベルでも有効な作戦。それは、こういうロ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    「記事のネタは、いつもどこから?」のご質問について
  2. テニス メンタル

    メンタル

    なぜテニスの試合、初戦は戦い辛いのか?
  3. テニス 体力

    練習メニュー

    「テニスの練習って、ギターの練習に似てるかも知れない」と思った話
  4. テニス シングルス

    練習メニュー

    テニス選手として試合に出るなら、必要な練習からの意識7つ
  5. テニス ストローク

    戦術

    テニスにおいて弱点は克服しようと思わず、「個性を武器にしていく」意識で強くなろう…
PAGE TOP