テニス ボレー

ロブ

インドアコートの試合では、「高いロブは打てない」のを活かすには?

アナタ自身、本気で勝ちたい試合。

きっと、年に数回はありますよね。

その試合って、結構テニススクール内の戦いだったり、「インドアコート」での試合、多くないですか?

だったら、それ相当の準備が必要。

みなさん、インドアコートのロブ対策、しっかり練れて準備出来てますか?

 

インドアコートの試合では、「高いロブは打てない」のを活かすには?

 

1.天井が低いインドアスクールが、普通です

当たり前ですが、自分が打ったボールが天井に当たる。

この時点で、「アウト」の判定になります。

でも、テニススクールのような場所では、天井低いですよね。

アナタ自身、ロブを打っている感覚をハッキリ、アウトドアの感覚で打っていると危ない。

大事な場面で、ギリギリ天井に当たってアウト、になってしまうこともある。

天井が低いインドアスクールでは、高いロブは使えない。

まずは、この事実としっかり向き合うことです。

 

2.高いロブが使えないこと、で攻撃は変わる

まず、アナタ自身が攻撃している場面、で考えてみて下さい。

前に出ることが、より有効になりますよね。

高いロブが相手は打てない、ということは足元へのボール、パッシングショットが増える。

特に、左右に走らせた場面で、相手は無理してくれる感じになるでしょう。

アウトドアコートなら、上に打ち上げて時間が稼げますが、それが出来ない。

まずはしっかり、高いロブを打てない相手の弱みに付け込むこと。

他にも、色々出来ると思いませんか?

 

3.アナタ自身が「高いロブ」が必要なときは・・・?

私なら、とにかくベースラインにはいない。

ベースラインにいて、相手がネットプレー、のような場面を作ってしまうと、天井が低いインドアコートでは危険。

ロブで粘れない、ですからね。

だからこそ、先手を取って前に出る。

そして、ロブは低めに調整して相手に触らせる、ようにして使う。

焦る必要は、全く無いですよ。

アナタ自身、時間を稼がないといけないような場面、を作らない工夫は出来る。

その工夫の為にも、まずは自分で試合の環境を受け入れることが出来る、かどうかです。

 

4.天井が低い環境に、文句を言っても始まらない

文句を言って負けていくのって、悲しいし情けない。

ましてや普段練習している環境、コートなのに・・・ですよね。

天井が低いなら、その戦い方を実践すれば良いだけ。

それは、準備出来ているかどうか、の差になって出るだけ。

文句を言っても始まらない、

何か出来るか、本気で考えた人にだけ、その答えは出るのです。

 

天井が低い、そんなコートは日本にたくさんあります。

もはやテニスは、インドアスポーツですからね。

こういう準備を、しているのか、していないのか。

知っているのか、知らないのか・・・。

今回も、一つのヒント、です。

アナタ自身が低い天井のインドアコート、で勝てる姿をイメージ出来るかどうか。

ちょっと、楽しくなってきませんか?

 

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス 粘り

    ロブ

    高いバウンドのスライスロブは、バックスピンで戻ることを忘れないように

    高いスライスロブを打たれて、走っていってストロークで返球・・・しようと…

  2. ロブ

    意外と高いロブは、前衛が嫌がる

    ダブルスの試合で、走らされてロブ。それがもう、とにかく浅い……

  3. ロブ

    浅いボールをロブで切り返し、楽に崩す方法

    シングルスでもダブルスでも、試合に強い人には共通する特徴があります…

  4. テニス フットワーク

    ロブ

    低く速いロブを、クロスに打てば試合で有効

    あるレベルになれば、ロブは通用しなくなる。これは、試合に出てい…

  5. テニス リターン

    ロブ

    「対戦相手の身長が低いから、ロブを上げておこう」って、なんて安易な発想だろう

    相手の特徴をよく観察して、試合の作戦を決めていく。出来る限り失…

  6. ロブ

    合わせるロブから、振り切るロブへ

    ロブを打って、相手を攻める、崩す。これは、ダブルスの試合では必…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    戦術

    「視野を広げたい」テニスで相手にコースを読ませないショットには回転量が不可欠
  2. ダブルス

    相手の前衛をマークする、のも前衛の大事な仕事
  3. テニス サーブ

    サーブ

    周りが苦手なことを、「自分も苦手」に決め付けていないか?
  4. スマッシュ

    「スマッシュを自分の武器として育てていく」為に、テニスの練習で必要な意識4つ
  5. スマッシュ

    「スマッシュが苦手な人のほとんどは、振り出しが遅い」試合で有効なスマッシュにする…
PAGE TOP