テニス 上達

メンタル

追い詰められた時こそ、自分のテニスの殻を破るチャンス

テニスの「試合」を経験していると、何が良いのか。

それは、自分が「追い詰められる」経験を出来ることだと私は思います。

もちろん、仕事や勉強、受験やプライベートでも追い詰められる・・・ような場面はあると思いますが、テニスの試合、は自分の工夫次第で絶対に打破出来る。

自分を変える、テニスを変える、大きなきっかけを与えてくれるのが「試合」です。

 

追い詰められた時こそ、自分のテニスの殻を破るチャンス

 


 

1.自分の殻を破れないで、テニスを続ける人がほとんど

偉そうに書いてますが、私もそうでした。

ずっと、行き当たりばったりのテニス。

ボレーは好きでしたが、ストロークが苦手で粘ることが出来ない。

それが自分のスタイルだと勝手に思い込んでましたが、要は変わりこと、殻を破ることが出来なかっただけ。

言い訳ばかりして、学生時代は自分の納得いく成績を残せなかったのを、今でも悔やんでいます。

でも、だからこそ、社会人になった今ではどんどん変えていこう!と頑張れているんだと思います。

 

2.殻を破るのは、いつも「追い詰められた」ときだった

追い詰められて、必死で考える。

そして、「このままじゃ、ダメだ・・・」と思って、必死でもがく。

何かを変えるって、そうやって「もがいて何とかしよう」とするとき。

火事場のバカぢから、じゃないですが、人は自分の能力を普段はセーブしているし、解放できていない。

試合の中で、火事場のような場面はたくさんある。

準備してきたことも使いきって、どうしよう・・・というときに、それでも勝ちたいという気持ちがあれば、何かを打破しようとして殻を破れるはずです。

 

3.普通にやっていたら、「普通」の結果しか出ないのは当たり前

学生の皆さんは、部活やサークルでも毎日練習を頑張っている。

でも、考えてみたら他のライバルも、同じように練習している。

そこで「差」を作る為には、普通のような練習を繰り返していても難しい。

普通にやっていたら、当たり前ですが普通の選手にしかなれないし、普通の結果しか出ない。

殻を破るのには、そういった普通の毎日への危機感、飢餓感、が大事。

試合に勝ちたいなら、自分を客観視して殻を意識する。

全てはそこから、です。

 

「やってみたら、普通に出来た」ようなこと、たくさんあると思います。

ジャックナイフ、ドライブボレー、サーブ&ボレー、ドロップショット・・・名前だけ並べると難しそうですが、これらは全てアナタの殻。

殻を破るとは、技術を磨くこと。

メンタル?それは技術に付いて来るもの、くらいの感覚で良いでしょう。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス 環境

    メンタル

    テニスの試合では、戦うべき相手はネットを挟んだ相手だけでなく、「自分自身」だということ

    「弱気は最大の敵」という言葉を残した、元プロ野球選手がいた。広…

  2. テニス 不器用

    メンタル

    「試合慣れしていない人」とは、いつも同じ景色しか見慣れていない人

    テニスの試合に慣れていない、と感じる人。皆さんは、どんな方とい…

  3. メンタル

    試合に強い人は、トラブルが付き物だと理解している

    試合前に、準備が大事。何度も書いてきたことですが、準備ってこう…

  4. テニス リーダー

    メンタル

    嫌われることを恐れている人は、「真のリーダー」にはなれない

    皆さん、今年一年の目標や覚悟、テニスにおいて定まっているでしょうか。…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    対戦相手の特徴を知りたいなら、「試合の序盤で、一度深いボレーで追い込んでみる」のをオススメします

    試合の序盤、シングルスでもダブルスでもなるべくネットプレーを入れる。…

  6. テニス サーブ

    メンタル

    「テニスコートは楽しい場所?」現役選手なら、その考えは甘いかも知れません

    試合での厳しさ、を知っている選手なら分かる。いや、試合に出てい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ラケット

    メンタル

    「ピンチの時こそ、アグレッシブに」を、試合の基本方針に
  2. 練習メニュー

    「これを試合で打てるのか?」の疑問は、アナタにしか持てない
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、パートナーのミスを「自分の責任」と考えられる人は少ない
  4. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「マッチポイントをサービスエースで終わりたい」男子なら誰もが考える…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    試合で攻撃的な重たいスライスは、コツさえつかめば女性でも簡単に打てます
PAGE TOP