テニス 上達

メンタル

追い詰められた時こそ、自分のテニスの殻を破るチャンス

テニスの「試合」を経験していると、何が良いのか。

それは、自分が「追い詰められる」経験を出来ることだと私は思います。

もちろん、仕事や勉強、受験やプライベートでも追い詰められる・・・ような場面はあると思いますが、テニスの試合、は自分の工夫次第で絶対に打破出来る。

自分を変える、テニスを変える、大きなきっかけを与えてくれるのが「試合」です。

 

追い詰められた時こそ、自分のテニスの殻を破るチャンス

 


 

1.自分の殻を破れないで、テニスを続ける人がほとんど

偉そうに書いてますが、私もそうでした。

ずっと、行き当たりばったりのテニス。

ボレーは好きでしたが、ストロークが苦手で粘ることが出来ない。

それが自分のスタイルだと勝手に思い込んでましたが、要は変わりこと、殻を破ることが出来なかっただけ。

言い訳ばかりして、学生時代は自分の納得いく成績を残せなかったのを、今でも悔やんでいます。

でも、だからこそ、社会人になった今ではどんどん変えていこう!と頑張れているんだと思います。

 

2.殻を破るのは、いつも「追い詰められた」ときだった

追い詰められて、必死で考える。

そして、「このままじゃ、ダメだ・・・」と思って、必死でもがく。

何かを変えるって、そうやって「もがいて何とかしよう」とするとき。

火事場のバカぢから、じゃないですが、人は自分の能力を普段はセーブしているし、解放できていない。

試合の中で、火事場のような場面はたくさんある。

準備してきたことも使いきって、どうしよう・・・というときに、それでも勝ちたいという気持ちがあれば、何かを打破しようとして殻を破れるはずです。

 

3.普通にやっていたら、「普通」の結果しか出ないのは当たり前

学生の皆さんは、部活やサークルでも毎日練習を頑張っている。

でも、考えてみたら他のライバルも、同じように練習している。

そこで「差」を作る為には、普通のような練習を繰り返していても難しい。

普通にやっていたら、当たり前ですが普通の選手にしかなれないし、普通の結果しか出ない。

殻を破るのには、そういった普通の毎日への危機感、飢餓感、が大事。

試合に勝ちたいなら、自分を客観視して殻を意識する。

全てはそこから、です。

 

「やってみたら、普通に出来た」ようなこと、たくさんあると思います。

ジャックナイフ、ドライブボレー、サーブ&ボレー、ドロップショット・・・名前だけ並べると難しそうですが、これらは全てアナタの殻。

殻を破るとは、技術を磨くこと。

メンタル?それは技術に付いて来るもの、くらいの感覚で良いでしょう。

ピックアップ記事

  1. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「チャンスをチャンスと思えるか」ポイントに繋げる為の、心の準備について

    テニスはディフェンスが重要。ある程度試合に出ていると、誰もがそ…

  2. テニス 不器用

    メンタル

    「自分はテニスに向いていないかも…」と思ったら、不器用な選手に徹してみても面白い

    テニスに向いている、向いていない。そんなことで悩んだことはあり…

  3. テニス 客観視

    メンタル

    アナタのテニスの評価は、他人が下すということを忘れてはいけない

    このことに気付いたのは、バリバリ現役でやっていた頃を終えて、でした。…

  4. テニス サーブ

    メンタル

    テニスの試合でのメンタルはコントロールできる!アナタは「自分の表情」を意識したことありますか?

    テニスの試合で強い人、あまり表情が乱れない、どこかクールな印象はありま…

  5. テニス ダブルス

    メンタル

    試合の中での「チェンジコートの過ごし方」は、自分なりにルーティン化してみよう

    皆さんはチェンジコート、の時間をどう過ごしていますか?3ゲーム…

  6. テニス ストローク

    メンタル

    テニスにおいて「戦略的なディフェンス」に調子の波は無い、だから粘り強い選手は負けない

    「あの選手、本当にしこいなぁ・・・」と、感じる対戦相手、アナタはどれだ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. 日々の雑記

    テニスの試合に強くなりたければ、経験に投資しよう
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣が難しいと感じる人は、ミニ雁行陣だと思えば良い
  3. テニス テニススクール

    戦術

    大一番での緊張した試合では、「流れる時間のスピードが違う」ことを覚えておこう
  4. テニス 観察眼

    テニススクール

    テニススクール通いのジュニア選手に、部活でテニスを続ける選手が勝つ方法とは?
  5. テニス スライス

    ストローク

    スライスのストロークが上手く打てない人は、「ラケットを頭の位置よりしっかり上げて…
PAGE TOP