テニス ボレー

その他

優秀な学生ほど、なぜテニスに伸び悩むのか?

皆さんの周り、もしかしたら皆さん自身が、こうなってはいませんか?

優秀な学生、入部当初に期待された人ほど、伸び悩んでいく。

そこには、やっぱり共通する理由があると思うんです。

 

優秀な学生ほど、なぜテニスに伸び悩むのか?

 


 

1.優秀な人は、放置される

仕事でも勉強でも、そうかも知れません。

優秀な人って、放置されませんか?

先生や先輩からも、「こいつは大丈夫か」という感じで。

最初にすごくテニスが上手い、センスがある、しかも性格も頭も良い人って、なかなかそこから伸びないのは人と関われないから。

内気な性格も手伝ってしまうと、どうしても自分の殻に閉じこもりがちになってしまうんです。

放置されて、自分一人で悩んで・・・というテニス部員、サークルの方、実は多いと私は思っています。

 

2.自分で動かないと、何も興せない

「自分は違うな・・・」と思った方も、ちょっと待ってください。

きっと、少なからず、近しいことはあると思います。

部活やサークルの中で伸び悩んでいる要素、全くない人なんていないでしょう。

自分から動いて練習を考えたり、外のチームと練習試合を組む、こういうサイトから情報を得ることもそうですね。

テニスは受け身になっていると、絶対に上達は止まる。

勉強だって仕事だって、同じだと思います。

 

3.周りを知り過ぎて、優秀な選手は自滅していくことも・・・

あとは経験上、優秀で情報感度が高い人ほど、周りを知り過ぎる。

そして、「自分のテニスはだめだ・・・こんな環境じゃ厳しい・・・」と、自分に厳しく考え過ぎて自滅していくんですよね。

全てを一人で、やろうとしてしまうことはダメ。

個人の能力が優秀な人ほど、自分一人でやろうとしてしまいますが、結果的に上手くいかない。

もっと、周りを頼って巻き込んでいく。

先生や先輩に、自分から話しかけにいく。

この意識だけで、実は伸び悩んでいる芽がドーンと伸びる、と私は思いますよ。

 

優秀で悩みが無い、と思っている学生ほど実は悩んでいる。

話を聞いて欲しい。

テニス部の中で、これから新入生も入って来ますし、皆さんで少し、意識して欲しい部分です。

テニススクールも、そうですね。

コーチの皆さんにも、大事な視点だと思います。

 

今回のまとめ

優秀な学生は放置される、だからこそ周りを頼ってコミュニケーションを取っていこう!

 

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス 練習

    その他

    「2015年 インターハイ テニス で見た新たな潮流」高校テニス界は変わり始めた!

    今年のテニス、インターハイ会場の団体戦に、見慣れた強豪校の名前は少なか…

  2. テニス メンタル

    その他

    アナタの過去が正しかったかどうかなんて、未来と他人が決めてくれるはず

    テニス界にいると、随分と自分の過去に悩んでいる人が多い。実績が…

  3. テニス サーブ
  4. テニス メンタル
  5. テニス 試合

    その他

    「知らないうちに、やってるかも・・・」テニスの試合会場で見かける、マナー違反な行為5つ

    テニスの試合会場では、いつもの練習とは違う独特の雰囲気で包まれています…

  6. テニス ダブルス

    その他

    「テニスの試合に出る人全員、絶対必要!」セルフジャッジに必要な意識とは?

    テニスの試合は、よほど大きな大会にならない限りセルフジャッジで試合を進…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「自分ばかり狙われて辛い」人はどうすれば良い?
  2. テニス ガット

    メンタル

    ミスが怖い、という発想が一番怖い
  3. テニス ストローク

    ストローク

    深いショットを自分が打てた時ほど、ライジングカウンターをケアしないといけない
  4. テニス ストローク

    シングルス

    相手のミス待ちの選手から、試合を動かせる選手に変わっていくには、何が必要?
  5. テニス ガット

    ボレー

    ストロークからボレー、のグリップチェンジ機会は練習から!
PAGE TOP