テニス ボレー

その他

優秀な学生ほど、なぜテニスに伸び悩むのか?

皆さんの周り、もしかしたら皆さん自身が、こうなってはいませんか?

優秀な学生、入部当初に期待された人ほど、伸び悩んでいく。

そこには、やっぱり共通する理由があると思うんです。

 

優秀な学生ほど、なぜテニスに伸び悩むのか?

 

1.優秀な人は、放置される

仕事でも勉強でも、そうかも知れません。

優秀な人って、放置されませんか?

先生や先輩からも、「こいつは大丈夫か」という感じで。

最初にすごくテニスが上手い、センスがある、しかも性格も頭も良い人って、なかなかそこから伸びないのは人と関われないから。

内気な性格も手伝ってしまうと、どうしても自分の殻に閉じこもりがちになってしまうんです。

放置されて、自分一人で悩んで・・・というテニス部員、サークルの方、実は多いと私は思っています。

 

2.自分で動かないと、何も興せない

「自分は違うな・・・」と思った方も、ちょっと待ってください。

きっと、少なからず、近しいことはあると思います。

部活やサークルの中で伸び悩んでいる要素、全くない人なんていないでしょう。

自分から動いて練習を考えたり、外のチームと練習試合を組む、こういうサイトから情報を得ることもそうですね。

テニスは受け身になっていると、絶対に上達は止まる。

勉強だって仕事だって、同じだと思います。

 

3.周りを知り過ぎて、優秀な選手は自滅していくことも・・・

あとは経験上、優秀で情報感度が高い人ほど、周りを知り過ぎる。

そして、「自分のテニスはだめだ・・・こんな環境じゃ厳しい・・・」と、自分に厳しく考え過ぎて自滅していくんですよね。

全てを一人で、やろうとしてしまうことはダメ。

個人の能力が優秀な人ほど、自分一人でやろうとしてしまいますが、結果的に上手くいかない。

もっと、周りを頼って巻き込んでいく。

先生や先輩に、自分から話しかけにいく。

この意識だけで、実は伸び悩んでいる芽がドーンと伸びる、と私は思いますよ。

 

優秀で悩みが無い、と思っている学生ほど実は悩んでいる。

話を聞いて欲しい。

テニス部の中で、これから新入生も入って来ますし、皆さんで少し、意識して欲しい部分です。

テニススクールも、そうですね。

コーチの皆さんにも、大事な視点だと思います。

 

今回のまとめ

優秀な学生は放置される、だからこそ周りを頼ってコミュニケーションを取っていこう!

 

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス 楽天

    その他

    「スポンサー様」という意識はプロテニス選手にだけ必要?いやいや、学生のみんなにも必要!

    高校生の頃、学校のコートを使って練習をしていた。たまに父親に他…

  2. テニス メンタル

    その他

    「普通に素振り練習しても、テニスの試合で勝つのは難しい・・・?」だからこそ工夫が必要なんです

    テニスの上達において基本となる練習、素振り。「なんだ古臭い・・…

  3. テニス メンタル

    その他

    「考える」ことは誰でも出来るけど、「考え抜く」ことは一握りの人しか出来ない

    「テニスについて、自分でも考えるようになりました」というお声を…

  4. テニス 粘り

    その他

    テニス部で「なるべくボールを長持ちさせたい」なら意識したい5つのこと

    テニス部の死活問題、それはボール代・・・じゃないですかね。少な…

  5. その他

    「汗をかこう!暑さに備えよう!」自分の身体を知ることでテニスの試合に勝てるようになる

    まだまだ、暑さが続く日もある。皆、ちゃんと身体を暑さに慣らしている…

  6. テニス 客観視

    その他

    30歳からのテニスは、「衰えを受け入れてこそ」試合に勝てる技術が身に付いていく

    私自身、最近感じることがあります。テニスを始めた頃は、速いボー…

特集記事

  1. フットワーク

    「ボールをよく見るためには?」テニスの基本の部分を見直すには?
  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    「アウトだと思ったら、入ってた…」を無くしたい!テニスのスマッシュ力を鍛える大胆…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    球筋がキレイ、だけではテニスは勝てない
  4. ボレー

    ネットプレーでミドルボレーが安定しない人は、「フォロースルーの位置を上げる」だけ…
  5. テニス メンタル

    ストローク

    大事な試合でビビッてしまったときの、ストローク対応策4つ
PAGE TOP