メンタル

悔しい気持ちを、誤魔化してはいけない

テニスを続けていると、つい麻痺してしまう感覚。

試合に負けて悔しい、出来ないことが悔しい。

自分に対しての悔しさって、長く続けていると無くなってくると思いませんか?

断言できますが、この悔しさを感じられない人は、試合に勝てるようにはなれない。

あるレベル、までの技術は身に付いても、試合で最後に自分をプッシュすることは出来ない。

だからこそ、これが大事なんです。

 

悔しい気持ちを、誤魔化してはいけない

 


 

1.出来ないことが、当たり前になってない?

試合に出る、出来ない、負ける・・・の繰り返し。

これが、ともすれば当たり前になって常態化してしまうこと、テニスではよくあると思います。

偉そうに書いてますが、私もそうです。

どうしても出来ないこと、勝てない相手は、それが当たり前になってしまう。

これって、すごく怖いことだと思いませんか?

自分の中で悔しさが麻痺してしまう、感覚として無くなってしまっている。

成長が止まる時期って、こういう時期だと思います。

 

2.誤魔化すことは、簡単

「まぁ、相手は強かったし」

「ずっとストロークは、苦手だから・・・」

と、何とでも言い訳は出来ると思います。

つい、こういう慰めで自分の悔しさに蓋をしてしまう人、多くないですか?

試合に負けて悔しい、という感情を持つと疲れるしダサい。

周りからどう見られているのかばかり気にして、平然を装っているつもりが・・・いつの間にか、何も感じなくなってしまっている。

まずはこれに、自分で気付くことが大事です。

 

3.悔しさを感じられる、ということは自分を信じられるということ

自分をどこかで信じられない人は、悔しさの度合いが低い。

自分を過小評価している人、ですからね。

ある意味楽ですが、テニスの可能性を拡げる意味では、なかなか難しい。

悔しさを感じない人は、どこかで諦めている人。

もちろん、すごく気持ちは分かります。

試合に出て負け続ければ、自分を信じない方が楽ですしね。

悔しさを感じてばかりでは、疲れるだけ。

大事なのは、上手く自分の悔しいという感情と向き合い、歩んでいくことだと思います。

 

4.根本にある「自分に対する不甲斐なさ」は、あるか?

悔しさ、の根源にあるもの。

これを、しっかり自分の中で確認出来ているかが大事です。

テニスだけではないと思いますが、悔しい時って、自分に対して矛先が向いているかどうかが大事。

誰かのせいにしたり、環境にせいにすること、は簡単です。

でもその悔しさって、責任転嫁ですからね。

自分が不甲斐ないこと、を悔しいと感じることが出来る人は、まだまだ伸びますよ。

試合が終わって、アナタ自身がどう感じるのか。

全ては、そこ次第です。

 

誤魔化さないで、一緒に歩んでいく。

アナタ自身の正直な感情として、悔しいって素晴らしい想いですよ。

劣等感が無い人に、私は興味がありません。

その悔しさが、アナタ自身の希望です。

テニスを強くなる、大きな希望。

一緒に、育てていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. メンタル

    テニスで結果を出す人は、「快感」を知っている

    テニスの試合で強い人。レッスンでも練習でも、しっかりと決める…

  2. メンタル

    まずは自分が、損をする

    いつも記事を読んで頂いたり、動画をご覧頂きありがとうございます。…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    自分で自分を「センスがある」と思っている人に、テニスを教えるのは難しい

    テニスは突き詰めたところで遊びですし、好きにやれば良いと思います。…

  4. テニス サイト

    メンタル

    リードすること、勝利することを恐れてはいけない

    相手に勝つ、凌駕する。これって、簡単なこと・・・でしょうか。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「経験豊富で格上の相手を倒す」為の作戦と流れについて

    テニスは、「番狂わせ」が比較的少ないスポーツだと言われます。確…

  6. テニス センス

    メンタル

    テニス業界に根強い「実績至上主義」が、私は大嫌いです

    私自身、テニスは好きですが、嫌いなところもあります。それは、選…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    試合に勝ちたければ、「角度を付けるボレー」を打つ勇気を持つこと
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでネットミスが多い人は、ボールの上側を触っている
  3. テニス 気付き

    水分補給

    「今年も夏本番!」部活のときに、みんなで実践したい熱中症対策4つ
  4. テニス テニスボール

    メンタル

    悔しいという感情を表に出すことは、恥ずかしいことでも何でも無い
  5. テニス テイクバック

    ストローク

    エッグボールを相手の肩の高さで打たせるには?
PAGE TOP