メンタル

悔しい気持ちを、誤魔化してはいけない

目次

テニスを続けていると、つい麻痺してしまう感覚。

試合に負けて悔しい、出来ないことが悔しい。

自分に対しての悔しさって、長く続けていると無くなってくると思いませんか?

断言できますが、この悔しさを感じられない人は、試合に勝てるようにはなれない。

あるレベル、までの技術は身に付いても、試合で最後に自分をプッシュすることは出来ない。

だからこそ、これが大事なんです。

 

悔しい気持ちを、誤魔化してはいけない

 


 

1.出来ないことが、当たり前になってない?

試合に出る、出来ない、負ける・・・の繰り返し。

これが、ともすれば当たり前になって常態化してしまうこと、テニスではよくあると思います。

偉そうに書いてますが、私もそうです。

どうしても出来ないこと、勝てない相手は、それが当たり前になってしまう。

これって、すごく怖いことだと思いませんか?

自分の中で悔しさが麻痺してしまう、感覚として無くなってしまっている。

成長が止まる時期って、こういう時期だと思います。

 

2.誤魔化すことは、簡単

「まぁ、相手は強かったし」

「ずっとストロークは、苦手だから・・・」

と、何とでも言い訳は出来ると思います。

つい、こういう慰めで自分の悔しさに蓋をしてしまう人、多くないですか?

試合に負けて悔しい、という感情を持つと疲れるしダサい。

周りからどう見られているのかばかり気にして、平然を装っているつもりが・・・いつの間にか、何も感じなくなってしまっている。

まずはこれに、自分で気付くことが大事です。

 

3.悔しさを感じられる、ということは自分を信じられるということ

自分をどこかで信じられない人は、悔しさの度合いが低い。

自分を過小評価している人、ですからね。

ある意味楽ですが、テニスの可能性を拡げる意味では、なかなか難しい。

悔しさを感じない人は、どこかで諦めている人。

もちろん、すごく気持ちは分かります。

試合に出て負け続ければ、自分を信じない方が楽ですしね。

悔しさを感じてばかりでは、疲れるだけ。

大事なのは、上手く自分の悔しいという感情と向き合い、歩んでいくことだと思います。

 

4.根本にある「自分に対する不甲斐なさ」は、あるか?

悔しさ、の根源にあるもの。

これを、しっかり自分の中で確認出来ているかが大事です。

テニスだけではないと思いますが、悔しい時って、自分に対して矛先が向いているかどうかが大事。

誰かのせいにしたり、環境にせいにすること、は簡単です。

でもその悔しさって、責任転嫁ですからね。

自分が不甲斐ないこと、を悔しいと感じることが出来る人は、まだまだ伸びますよ。

試合が終わって、アナタ自身がどう感じるのか。

全ては、そこ次第です。

 

誤魔化さないで、一緒に歩んでいく。

アナタ自身の正直な感情として、悔しいって素晴らしい想いですよ。

劣等感が無い人に、私は興味がありません。

その悔しさが、アナタ自身の希望です。

テニスを強くなる、大きな希望。

一緒に、育てていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. テニス関連の記事は note へ
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で「粘るプレイヤー」に対しては、緩急の「緩」の返球を狙いポイントを獲ること!

    テニスの試合、特に団体戦では「粘り」が得意な選手が力を発揮することが多…

  2. テニス 客観視

    メンタル

    テニスを通じて私たちは、「出会う人全てを、すぐに外枠」で決め付けてはいないか?

    テニスというスポーツは、どこか階級社会の色が強い。毎年開催され…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「はまらないと勝てないテニス」は、カッコ悪い

    「はまると強い人」って、いますよね。テニス界にも、ビッグサーバ…

  4. テニス 楽天

    メンタル

    本物の気迫は、試合の現場で相手の判断を誤らせる

    練習と試合の違い。私は、結構こういう目に見えない問題が大きいと…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負けた後に、またすぐ試合が入る・・・ときにメンタルを切り替える術5つ

    テニスの大会って、残酷なことが多い。シングルスとダブルス、両方…

  6. テニス ストローク

    メンタル

    ラケットを投げるたびに、アナタとラケットの距離は離れていく

    昨日、私が普段一緒にテニスをしているメンバーで、草トーの団体戦に出てい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス

    メンタル

    テニスの試合ではなぜ、「試合中に追い上げられるとパニックになる人」が多いのか?
  2. その他

    無限の負のループ、に気付こう
  3. ダブルス

    並行陣を崩すストロークには、前衛との連動が欠かせない
  4. テニス 客観視

    練習メニュー

    部活やサークルで、「指示待ち集団」になっているみなさんへ
  5. テニス ストローク

    戦術

    テニスにおいて弱点は克服しようと思わず、「個性を武器にしていく」意識で強くなろう…
PAGE TOP