テニス スライス

ストローク

スライスの守りのショットが浮いてしまう方は、ココをチェック!

スライスで、相手の攻撃を返す、粘る。

こういう1本が、テニスの試合では本当に大事ですよね。

でも、なかなかこのスライスが、思った通りにいかないという方も多いでしょう。

浮いてしまう、のには原因がある。

そこを潰して、しっかり対策しておきましょう!

 

スライスの守りのショットが浮いてしまう方は、ココをチェック!

 


 

1.すくい上げるような打ち方、では難しい

つい、私もこうなりがちです。

相手コートに返したいので、ボールの下にラケットを入れる。

結果的にすくい上げるようなスウィング、になってしまって、難しい。

スライス回転はかかるけど、ポワーンと浮いてしまうような感じ、ですよね。

これでは、試合で守備にならない。

大事なのは、打点に対して上から入る、ということ。

すくい上げるような打ち方ではなく、しっかり上から抑えてあげる。

軌道が、出来るだけ直線的になるように意識するだけで、かなり変わりますよ。

 

2.ラケットは前に出し過ぎない、壁になるイメージ

しっかり、壁になりましょう。

相手のボールを、受け止める。

受け止めて、壁のように返球する。

私の経験では、ラケットを前に出し過ぎると、上手くいかない。

ラケット動作は、身体の近くで止めるくらいで良い。

ただし、1.で書いたように上から入ってボールは山なりにならないように、ある程度直線的に。

この、直線的にがキーワードなんです。

 

3.山なりな軌道での守備、には限界がある

ある程度、の相手ならこれでも勝てます。

スライスで、ポワーンとしたボールを打って、返す。

でも、強い相手になってくると、そこからまた攻撃される、スマッシュを打たれる。

結局、守備に追われてなかなか反撃出来ないんですよね。

スライスが浮いてしまう人は、こういう人が多い。

あえて言います、反撃は直線的に。

スライスで守る、中にも出来るだけ直線的なボールで抑える、ことが大事な要素だと私は思います。

返球が浮いてしまう人は、ラケットを前に出し過ぎないで、グッと上から抑えて終わる感じで良いでしょう。

 

4.手首の形を保つ、コックすることが基本

スライスの基本、ですね。

手首をしっかり固めて、動かさない。

ボールを飛ばそうとして、バックハンドスライスでこの手首の形が変わってしまう人が結構多い。

これでは、ラケットがボールの下に入ってポワーンと飛んでいくだけ。

良い守備、が出来る人は必ず手首を固めている。

その形を保って、グッと上から入る感じ、でスライスを打てているはずです。

 

良い守備は、そのまま良いカウンター攻撃になります。

相手が打っても、しっかり低く返球出来る、守れるというのはアナタ自身の強さになるはず。

ぜひ、このスライス、磨いてみて下さい。

基本を押さえれば、女性の方でも試合で使えるはずです。

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. + POWER CUP について
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「君に安定と安心を与えてくれる高速スィング」をテニスの試合で使えるようにする為に

    スィングスピードって速い方が良いか、遅い方が良いか・・・って聞かれたら…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの壁は、前足で作る!

    攻撃的なストロークを、いかに安定させるか。これが出来れば、きっ…

  3. テニス スライス

    ストローク

    バックハンドスライスのストローク、ラケット面を後頭部に隠す感覚で準備してみよう

    スライスのストロークが、弱い人はテイクバックを見直して欲しい。…

  4. テニス ストローク
  5. ストローク

    バックハンドストロークが苦手な人は、「失敗しても振り切るスウィング」から練習していこう

    初心者の方がバックハンドに行き詰るとき。それは、「入れないと・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 主将

    ストローク

    「フォアハンドストロークでしっかりエースを狙う」為に必要なのは、パワーやスピード…
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    ボレー対ストロークの練習は、ボレーヤーの位置に気を付けないと練習の意味が無い
  3. テニス メンタル

    ボレー

    ボレーがどうしても苦手!なテニスプレイヤーに、試合で使えるヒント10選
  4. テニス 練習

    サーブ

    「女子選手でも、サービスキープ率を上げていきたい」ときに意識したい、試合で使える…
  5. テニス 武器

    メンタル

    長期的な視野に立って、「欠点を武器に出来る積極性と工夫」が出来れば、アナタは強く…
PAGE TOP