テニス 練習

ストローク

力んでストロークがアウトする人は、呼吸をコントロールして打てばコートに収まる

ストロークで、自分がミスをするとき。

皆さん、ほとんどが力んでしまってネットミス、みたいなケースが多いんじゃないでしょうか。

試合では、同じミスでもネットミスって痛いですよね。

まだ、アウトミスの方が相手が触るかも知れないし、自分も打った後のボールの伸び、着地点が分かる。

力んだネットミスを減らす、ストロークの特効薬はコレでしょう。

私もいつも、試合で意識しています。

 

力んでストロークがアウトする人は、呼吸をコントロールして打てばコートに収まる

 

1.息を吐きながら打ってみる

チャンスボール、こそこのポイントを意識したい。

つい、緊張したり「決めてやるぞ!」という意識が強いと、人は息を止めてしまうんですよね。

そうすると、余計に上半身が固まって、腕も固まる。

スウィングが小さくなって、遠心力が使えない、力んだスウィングになってしまうことが多いでしょう。

試合では、こういう場面の連続。

だからこそ、打つときに息を「スゥーッ」と吐いてみる。

コツは、唇の作り方にあると思います。

 

2.唇を小さく、「うー」と言う感じで

息を吐くときには、小さく長く、「スゥーッ」と吐きながら打ちたい。

そうなると、唇ってどうでしょう?

小さく「う」と発音するような感じで、大きく口を開く感じじゃない。

小さい息を、長く細く吐いていくように意識してみると、自然に身体がリラックスしていくはずです。

意識を口に向けるから、上半身の動作は自然に任せる。

力んでしまうときって、自分の意識がグリップや腕、に集中してませんか?

それだと上手く打てない、のがテニスのストロークです。

 

3.息を吐き続けながら、次の構えに移行しよう

力んでミスする人は、ショット単発で終わるイメージが強い。

テニスって、相手に返球されて、そこからラリーが続くスポーツですからね。

打っては次、打っては次、という意識で、息を細く吐きながら次の動作につなげていく意識を持ってみて下さい。

息を吐きながら、前に出たり、下がってスプリットステップをしたり。

呼吸のリズムが出来ると、自然と身体も軽く動かせるようになると思いますよ。

 

4.自分の息でボールを飛ばしていく意識を

それでも力んでしまう、ミスが止まらない時。

そんな時は、私はこんな感覚でボールを打つようにしていました。

自分が吹き出す息、でボールを飛ばしていく。

ラケットで打つ力じゃない、自分の息で「フーッ」と飛ばしていく。

これは、特にボレーの時にすごく助けられた感覚、があります。

息で飛ばそうと思うと、もちろん実際にはそんな風では飛ばないんですが、すごくリラックス出来る。

自分のボールをコントロールしていこうという気になる。

ぜひ、試して欲しいちょっとしたコツ、です。

 

5.相手が打つときに、息を吸い込む

では、吐いた後は・・・どこで吸い込むのか?

これは、相手が打っている瞬間、でしょう。

相手が打つときに、今度は時間をかけずにパッと吸い込む。

そして自分が打つときに、またスゥーッと吐いていく。

この繰り返し、でラリーを考えてみると、すごくリラックス出来ますよ。

ピンチでもチャンスでも、基本は同じ。

呼吸のリズムを整えて、ラリーのリズムを出していく。

試合もこれでいきましょう!

 

試合でミスが多い人は、やっぱり呼吸がおかしい気がします。

おかしい、と言うか、いつもと違う。

もちろん緊張もあるでしょうし、疲れもあるでしょう。

練習から、試合向けの呼吸を考えてトレーニングしておくと良いと思います。

緊張したら、呼吸が乱れるのは当たり前。

そこで乱れない自分、一緒に作っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「速いスィングは何の為?」テニスの試合では緩急の使い分けがポイント

    ストロークのスィングは速い方が良い。そんなことは皆分かっている…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「バックハンドのクロスラリーを制する!」テニスの試合で必要なストロークのポイント4つ

    ストロークのバックハンド、得意な人も苦手な人もいると思います。…

  3. ストローク

    両手バックハンドを捨てたからこそ、今の片手バックハンドがあると思う

    テニスって、結構自由度が高いスポーツ。そうは思いませんか・・・…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    イレギュラーバウンドが多いテニスコートでは、「意識してオープンスタンス」を多めに使ってみよう

    試合が行われるテニスコート、いつでも万全な状態なキレイなコート・・・と…

  5. テニス リターン

    ストローク

    ストロークのとき、「腕を止めてラケットが走る」を意識してみよう

    ストロークのスウィングスピード、しっかり上げて攻撃的にしていく。…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「オープンスタンスでの守備的なストローク」は、軸足をしっかり意識して体重を乗せると安定する

    相手のストロークが深い、ようなときに、皆さんもオープンスタンスを使う機…

特集記事

  1. テニス ハードコート

    その他

    「いよいよ来週開幕!」テニス好きなら楽天ジャパンオープンに足を運んで欲しい5つの…
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスのサーブ側の前衛は、実はもっと前に詰めて良い5つの理由
  3. 戦術

    試合結果に、先回りしよう
  4. 戦術

    試合のリズムは、「デュースサイドは堅実に、アドサイドで冒険」を
  5. スマッシュ

    「絶対入る!」と思って、スマッシュを打つこと
PAGE TOP