テニス スマッシュ

ストローク

「8割の力で攻撃していく形」を保てれば、ラリーは制することが出来る

テニスの試合のラリー。

緊張感が高まってきたときに、先の強引なミスだと本当にもったいない。

試合に勝てない人、淡泊な試合が多い人は、攻撃していくときのギアチェンジが早過ぎるかも知れない。

8割くらいの力、で攻撃していく意識で、充分ラリーは制することが出来るはずです。

 

「8割の力で攻撃していく形」を保てれば、ラリーは制することが出来る

 


 

■「ラリーを制する」とは、自分のエースで終わるだけじゃない

自分のエース、で終わる「場合もある」くらいに考えておきましょう。

全豪オープンの試合を観ていても思いますが、半分くらいは相手の攻撃に耐えられない、自分から最後無理をして自滅するような選手が多いですよね。

これも立派な、アナタが制したポイント、と言える。

カウンターショットを喰らうケースもありますが、それは稀だし相手もリスクを冒したプレー。

意識したいのは、ラリーでチャンスを作っては拡げ、そして8割の力で拡げ続けていく意識です。

 

■ラリー中に焦っては必ず、相手のペースになっていく

チャンス、または自分が打っていけるボールが来たときに、焦ってしまう人。

焦って決めにいくと必ず相手のペースになっていきます。

焦って攻撃してくる選手のコースって、結構読みやすい。

読みやすいから反撃されやすい、そして更に厳しいコースを狙って自滅、なんて光景がテニス会場ではいたるところで観ることが出来ます。

アナタ自身、8割の力の意識があれば焦りを抑えられるはず。

数字でしっかり、自分をコントロール出来るようになりましょう。

 

■8割の力、ということは主役はあくまで配球とコントロール

スピードが大事?

大事なポイントでスピード勝負だと、落としたときに落ち込みも激しい。

配球やコントロールのミス、は自分の選択ミスですから修正しやすいし、相手の印象にも残る。

配球で組み立てると言うと難しいイメージがあるかも知れませんが、まずアナタが「相手のどこを攻めたいのか?」をハッキリさせるだけでも良い。

それで充分、相手に伝わる。

伝わったらその逆が空く。

空いたコースに、8割の力で攻撃していく感じ、ですね。

 

ラリーが上手い選手は、試合が上手い選手。

相手と呼吸を測りながら、一進一退、の中で8割の力で攻撃していく。

このイメージ、普段の練習から意識してみて下さい。

寒い時期ですが、簡単なミスや淡泊なプレーにならないように。

試合のシーズンの礎は、今、作っていく大事な時期ですから。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス コート

    ストローク

    自分のコートが後ろにどれくらい下がれるか、はしっかり確認

    シングルスでもダブルスでも、高い軌道のストロークのつなぎ合いはよくある…

  2. ストローク

    なぜ、ドロップショットが上手い選手が少ないのか?

    テニスの試合で使う、ドロップショット。このショット、何度か記事…

  3. テニス リターン

    ストローク

    低い打点のストロークは、とにかく回転をかけることに集中しよう

    低い打点のストローク、打ち辛いですよね試合で差が出るのって、こ…

  4. ストローク

    「フォアハンドストロークでエースを決めろ!」その為に意識したいポジショニングについて

    色んなタイプの選手がいるけど、強烈なフォアハンドストロークを武器にして…

  5. テニス シングルス

    ストローク

    「ストロークでテイクバックが大きい」と現代テニスで通用しない5つの理由

    現代のテニスは、ストロークのスピードが著しく進化しています。純…

  6. テニス ガット

    ストローク

    試合の中で、「遅く、緩いボールをどう使えば良いの?」の質問にお答えします

    早速、アンケートにお答え頂いた皆さん、ありがとう御座います。これか…

特集記事

  1. シングルス

    ワイドに打った後に、なぜセンターに戻るのは危険なのか?
  2. テニス メンタル

    その他

    テニス部の練習に、「大きな声出し」は必要だろうか?を考えてみる
  3. テニス 練習

    テニススクール

    テニススクールでは教えてくれない、試合で本当に使える4つの技
  4. ダブルス

    ダブルスの試合では、相手が自信を持っているボールを前衛が潰せば勝てる
  5. テニス ダブルス

    その他

    「試合前の5分間のウォーミングアップ」で確認しておくべき、相手の特徴4つ
PAGE TOP