練習メニュー

「今日やった練習だけを記録するテニスノート」では物足りないから、自分の感触や考えを加えていこう!

夏休みといえば、皆さんどんなことを思い出しますか?

私は・・・小学生時代、きつかった宿題を思い出します。

特にまとめてやることが難しい、「絵日記」には苦戦しました。

皆さんのテニスノート、どうでしょうか?

絵日記的な要素も大事ですが、せっかくのテニスノートですし、もう少し要素を加えて勝てる内容に変えていきませんか?

 

「今日やった練習だけを記録するテニスノート」では物足りないから、自分の感触や考えを加えていこう!

 


 

■「やった練習」を記録するだけなら、小学生でも出来る

当然ですよね。

今日何をやったか、という記録は大事ですが、これは小学生でも出来る。

事実を書く、というのは基本ですが、それだけだとただの記録になってしまう。

トレーニングの記録であればそれも大事なメンタルトレーニング、自信のバックボーンになりますが、上達していくテニスノートにするにはほど遠い。

ではどんな内容を、追加で盛り込むべきでしょうか?

 

■大事なのは、「自分が練習で何を感じた」のか?

アナタ自身が実際に、練習で何を感じたのか。

その率直な感想には、成長の種がたくさんあるはずです。

感じた難しさ、をどう克服していくのか、また練習の目的をしっかり理解しているのか。

テニスノートには、もっとアナタ自身の素の部分を出していって良いと私は思います。

感情がこもったノートに仕上げていくと、不思議と印象に残り、コート上でのプレーに反映されやすいのです。

 

■自分の「感情」を文章に出すからこそ、コート上でアクションを実現出来る

まず読み直してみて、面白いと思える内容かどうか。

自分にとって、当たり障りない内容になっていても、テニスノートの意味があまり無いのです。

しっかり自分が何を考えていて、どういう決断をコート上で下していったのか・・・を、しっかり理解出来るようにしないといけない。

その為には、感情を文章にしておく、そうしておくことで、同じような場面でより適切な判断が下せるようになることでしょう。

 

カッコ悪くて良い。

人間臭くて良い。

テニスノートって、その人が自分自身で読むためのものですから、何より自分が読み返して意味があるノートにしたい。

意味があるとは、上達につながり試合で結果が出る後押しになっている、ということ。

アナタ自身は、どうでしょうか・・・?

ピックアップ記事

  1. メルマガ配信、登録を開始します!
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス ストローク

    練習メニュー

    素振りの中にボールが入って来る、のが試合でも理想ですよね

    良いショット、良いスウィングが出来たとき。それってきっと、まさに「…

  2. 練習メニュー

    「初心者にまず何を教えよう??」最初のテニスの練習に、実は最適なアノ練習メニュー

    4月は部活に新入部員が入ってくる。新しい部員に色んなことを教え…

  3. テニス 気付き

    練習メニュー

    練習中のボールの拾い方一つでも、「ラケットワークの練習になる」ことを忘れない

    テニスの練習は、コート上に入れる人数が限られている。テニススク…

  4. テニス ロブ

    練習メニュー

    チームでテニスを上達していく為には、少なからず「自己犠牲の精神」も必要です

    「良い練習」とは、どんな練習なのか。それは、チームで共通認識が…

  5. テニス ドロップショット

    練習メニュー

    本当に勝ちたいライバルがいるなら、そのライバルを軽くひねれる相手と練習しよう

    漫画「ベイビーステップ」を読んでいると、感じるものがある。著者…

  6. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスでも型を覚えた人から、型破りなテニスに進化出来る

    独特なフォーム、戦術で、試合を勝っていける人。みなさんの周りに…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. フットワーク

    ワイドに来たら、斜め前に入る!
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    「ココに飛んだら、GO!」というサイン
  3. テニス メンタル

    その他

    テニスの上達に最も必要なのは、「自分で感じて、盗む力」です
  4. テニス ボレー

    ボレー

    身体近くのバックハンドボレーは、「逆クロス方向」に流せばOK
  5. テニス ステップ

    ストローク

    試合になるとフォアハンドが安定しない方へ、提案したい改善策4つ
PAGE TOP