テニス テイクバック

リターン

「重たいサーブでバックハンドが振り負ける」ときには、グリップを持つ両手の間を少し空けるのも有り

重たいファーストサーブ、試合でなかなかリターン出来ないときありますよね。

試合の中では相手が調子付いて、どんどんノリノリで打ち込んでくる可能性もある。

だからこそ、しっかりとバックハンド側を狙われたときの対応も、しっかり準備しておきたい。

厳しいサーブに対しては、練習から明確に何かを変える、という自分に慣れておかないといけないのです。

 

「重たいサーブでバックハンドが振り負ける」ときには、グリップを持つ両手の間を少し空けるのも有り

 


 

■両手バックハンドのメリットを活かそう!

両手バックハンドでのリターン、難しいと感じている人は多いはず。

両手で握っているのにボールの勢いに負けてしまうようなときは、思い切って握った両手の感覚を3cmくらい離して握ってみましょう。

つまり、上側の手をもう少し上で握るようにして、ラケットを短く持って力負けしないように調整してみましょう。

短く握れば遠心力は使い辛いですが、しっかりラケットの真ん中に当たりやすくなりますし、インパクトでも負けない。

プロ選手のリターンでも、多く実践されているテクニックです。

 

■錦織選手も実践する、現代テクニック

錦織選手やフェレール選手は、このテクニックの使い手ですよね。

体格に恵まれない選手でも、しっかり強力なサーブを返球出来る、ボールに食らい付いていける。

短く持って、しかも手の感覚を空けることで、ラケットの先を「クイッ」と前に出しやすくなる。

そうなると、クロスへもしっかりリターンがしっかり飛んでくれる。

そしてこのリターンには、もう一つコツが・・・あるんです。

 

■前に入りながら打つことで、しっかり抑えが効いたリターンになる

強力なリターンほど、その場で待っていてはダメ。

自分から前方向にステップして、しっかりボールを上から抑え込むような意識を持ちましょう。

前方向に踏み込みながら打てると、ボールに押されることは少なくなる。

そしてさらに、短くラケットを持つことで懸念される力不足も、補うことが出来るのです。

短く持っている分、バックハンドリターンのときには少しボールに近づくイメージを持ちましょう!

 

錦織選手のこの技術、本当に世界のトップレベルだと思います。

何度もリターンエースを重ねる、その背景には前に入ってバックハンドを積極的に使っていく、その勇気にあるのです。

アナタも今回の技術を使って、少し短くラケットを持ってトライしてみましょう!

きっと新しい世界が、そこから広がっていくはずです。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    ビッグサーバーを崩すには、まず「ブレイクポイントを作る」ことから

    サーブが強力な相手に、どう戦うのか。なかなかチャンスを作れない…

  2. リターン

    リターンミスが多い時は、相手を見ないでコンパクトに

    リターンが安定しないとき、きっと相手を意識し過ぎていることが多いはず。…

  3. リターン

    ノーアドバンテージ形式なら、30-40になった段階でリターンサイドを決めておこう

    ダブルスの試合、リターンのサイド。ノーアドバンテージ形式だと、…

  4. テニス ボレー

    リターン

    ミスしても、セカンドサーブをアタックしていく重要性について

    リターンゲームの、基本スタンス。試合に勝ちたいなら、これをしっ…

  5. テニス ストローク
  6. テニス ストローク

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 練習

    サーブ

    「サーブを打つ位置を変えるだけ」で、相手にプレッシャーを与える方法
  2. テニス 練習

    スマッシュ

    テニスのスマッシュに、「フラットな当たりでスピードを求める」から、試合で全く入ら…
  3. リターン

    リターンでのストレートアタックは、「コート後方に自分だけの的」を作って狙えば効果…
  4. メンタル

    強くなる勇気
  5. テニス メンタル

    戦術

    相手が迷っている時こそ、テンポ早く試合を進めよう
PAGE TOP