ロブ

ミックスダブルスで、「男性サーブを女性がどう返すのか?」について

ミックスダブルスの試合で、一番考えておくべきポイント。

それは、相手男性サーブを女性がどうリターンするのか、ですよね。

これ、一見するとかなり厳しい課題、に見えますよね。

でも、これをクリアすればペアとしてはかなり試合に乗っていける。

私は、逆にチャンスだと思いますけどね。

 

ミックスダブルスで、「男性サーブを女性がどう返すのか?」について

 


 

1.基本はロブ!ストレートロブを使おう

まず、相手男性のサーブを返す心得として。

しっかり、ストレートにロブを打てるようになりましょう。

これは、決して難しくない。

クロスに厳しいリターン、は捨てる。

ボレーのグリップで、相手男性の強力なサーブの力を利用して、相手の前衛の頭の上を狙う。

ミックスダブルスのリターンは、これが基本です。

応用としてストレートアタックや、クロスリターンがある。

7割は、ストレートロブでも良い。

それくらい、私は女性のリターンは徹底しても良いと思います。

 

2.相手の前衛は、当然女性

ですから、何も恐れる必要はありません。

多少甘くなっても良い、アウトになる方がもったいないです、この場合。

相手男性のサーブは、確かに速いし重い。

ですが、コントロールが良いかと言えば・・・そうでも無くないですか?

少し下がって、ボレーの感覚で上に打てると思ったら、返せるはずです。

気持ちで引いてしまうから、男性サーブというだけで返せなくなる。

これではもったいない。

だって、チャンスですから、相手が男性サーブ、こちらが女性リターンの時って。

 

3.男性は、「サーブで終わって欲しい」と思っている

弱々しいロブ、でも良い。

前衛の女性がチェンジして、サーブを打った男性がカバーしても・・・その時点で、アナタの勝ちです。

男性からすると、サーブで終わって欲しい、と思っている人がほとんど。

それを粘って返されて、自分が走ってまたストロークを打つ、なんてすごく嫌。

気分が悪くて、そこでまた強打してミス、になる可能性が高いです。

ミックスダブルスの男性って、傲慢になりがちなんですよね。

相手の女性に抵抗されること、がすごく嫌。

だからこそ、チャンスなんです。

ストレートロブで走らせれば、ボロを出すような男性結構多いですよ。

 



 

4.動いて打つ、のは男性だって難しい

サーブを打った後に、3歩以上走って、止まって打つ。

これは、どんなに緩いボール、ロブでも難しいものなんです。

3.の繰り返しになりますが、これをいかに、女性がリターンで実践するか。

試合で実際にやってみると、効果テキメンです。

サーブを打った男性からすると、「もっと厳しいサーブで遠慮なくいくか・・・」となって、また自滅の芽が出て来る。

ストレートロブで、男性を走らせること。

これがミックスダブルスの女性の基本、です。

 

実際、しっかり出来ればミックスダブルスは勝てます。

徹底的に、これを練習しても良いと思いますよ。

男性サーブ、何も恐れる必要無し!

むしろ、女性のみなさんは試合を決める、チャンスだと思っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ

関連記事

  1. テニス フットワーク

    ロブ

    試合で相手に効くロブは、精度よりも〇〇が大事!

    ロブについて、皆さんどんなイメージですか?ベースラインから、相…

  2. ロブ

    合わせるロブから、振り切るロブへ

    ロブを打って、相手を攻める、崩す。これは、ダブルスの試合では必…

  3. テニス 構え

    ロブ

    アナタのロブを「試合で効果的なショット」に変えていく方法

    試合の中で「ロブ」、上手く使えてますか?ダブルスの試合では、ロ…

  4. テニス ポジショニング

    ロブ

    ロブボレーは、フラット気味だと超絶使える

    なかなか、その有効性が説明し辛いショット。それが、ロブボレーで…

  5. テニス ストローク

    ロブ

    深いボレーをトップスピンロブで返したいときには、「後ろ足で後ろにジャンプ!」をやってみましょう

    深いボレ―をどうストロークで処理するか・・・は難しい問題です。…

  6. ロブ

    ロブを追いかける瞬間に、人は本性を現す

    シングルスでもダブルスでも、ロブを打たれる機会は試合である。そ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    なぜテニスプレーヤーは、スランプに陥るのか?を考えてみる
  2. テニス ダブルス

    戦術

    試合に振り回されるのか、自ら試合を主導するのか
  3. その他

    読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. ロブ

    トップスピンロブは、前足上げで切れ味アップ!
  5. テニス ドロップショット

    ボレー

    「強く打ち込む雰囲気」を相手に見せれば、ドロップボレーは8割完成
PAGE TOP