テニス サーブ

サーブ

ミックスダブルス、男性サービスゲームに落とし穴有り

ミックスダブルスの試合、どこに意識を置くか。

女性のサーブ?女性のリターン?

もっと大事なこと、忘れているかもしれませんよ。

その前に男性のサーブをしっかりキープしないと、女性がいくら頑張っても試合には勝てません。

 

ミックスダブルス、男性サービスゲームに落とし穴有り

 


 

1.いつでもおなざりになってしまうのが、男性サーブ

だと思いませんか?

女性対策、はみんな一生懸命。

でも、実際に試合が始まってみると、どうでしょう。

意外と、男性のサービスゲームでも苦戦すると思いませんか?

ここの意識が希薄だと、絶対にミックスダブルスの試合は危なくなる。

みんな、試合の後に気付くんですよ。

「あれ、男子がブレイクされて、女子がキープしてる・・・」って。

これ、しっかり考えておかないと大きな落とし穴になりますよ。

 

2.男性サーブ、だから危ない理由はたくさんある

私は、そう思います。

まず、力む人が多過ぎ。

良いサーブで相手を追い込んで、自分で決めてやろうという男性が多過ぎ。

これって、自分のパートナーを信頼していないと言っているようなもの。

勝手に力んで、勝手にダブってサービスゲームをブレイクされる。

そんな男性、多くないですか?

それに、意外と難しいのが「女性が前衛」という点かもしれません。

 

3.前衛が得意な女性、はまだまだ少ない

私が試合に出ている中でも、感じます。

前衛が得意、と言える女性は少ないんじゃないでしょうか。

それなのに、男性がサーブということは自然と女性が前にいる。

ボレーが得意じゃないのに、無理やり触らされてボレー、みたいな攻撃を受けやすいのが男性のサービスゲーム。

後衛が前衛より先にボールに触る、のは基本難しいですからね。

バックボレーを狙われたり、いくら男性が良いサーブを打っても女性の上に上がられて、無理なスマッシュを打たされたり。

こういうきっかけで男性サービスゲームが崩れていく試合、何度も見て来ました。

みなさんも経験、無いですか?

 

4.男性のサービスゲームこそ、ペアで考えて作戦を立てる

のが大事だと思います。

男性のサービス力、なんて本当に水物ですから。

とにかく、そこに頼らない。

女性の上、ロブ対策もしっかり行っておく。

男性のサービスゲームは、まぁ何となく取れるだろう、くらいに考えているペアは、試合で苦しみます。

意外とここが落とし穴になる、のがテニスのミックスダブルスの試合ですから。

 

しっかりと、女性も参加する。

ポーチやロブケア、自分から動いて参加していく姿勢がまず大事です。

「男性サーブだし、邪魔しない方が良いかな・・・」なんて思っていると、狙われますよ。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    「発展しないサーブとは?」打点を意識して変えることでアナタのテニスは勝てるように!

    サーブが入らないと試合にならない。そんなこと、誰でも知っている…

  2. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブに求められるもの」テニスの試合で有効なセカンドサーブ、打ててますか?

    サーブは難しい。技術も難しいし、その上「入れなきゃ」というプレ…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でサーブが得意になりたければ、「自ら事を興し始める」ことに慣れよう!

    テニスの試合で、サーブが得意な人。その人は身長が高い?肩が強い…

  4. テニス コントロール

    サーブ

    サーブの軌道を安定した山なりにするには、「身体が伸び切る前の打点」で捕らえてみよう!

    私自身、一番苦労して今でも試行錯誤な技術・・・それは、サーブ。…

  5. テニス ストローク

    サーブ

    リターンで最初から下がっている相手に、深く強打のサーブは無意味

    全仏オープンでも感じましたが、私たちの試合でも必要なこと。それ…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに意識したいのは、「トスアップをした腕」

    サーブが安定しない人は、試合の中で怯えているようにも見える。自…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 大学

    日々の雑記

    私はこれからも、試合に出続ける「生涯現役選手」を、精一杯応援し続けます
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ネットプレイヤーを目指すなら、「軌道を見始めてウォッチ」する力は不可欠
  3. テニス ミス

    日々の雑記

    みんなから同情されたい病、を治す薬はありません
  4. シングルス

    シングルスの試合で、「どこに立って待てば良いのか・・・?」ポジショニングがよく分…
  5. テニス テニスノート

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vo…
PAGE TOP