テニス サーブ

サーブ

ミックスダブルス、男性サービスゲームに落とし穴有り

ミックスダブルスの試合、どこに意識を置くか。

女性のサーブ?女性のリターン?

もっと大事なこと、忘れているかもしれませんよ。

その前に男性のサーブをしっかりキープしないと、女性がいくら頑張っても試合には勝てません。

 

ミックスダブルス、男性サービスゲームに落とし穴有り

 


 

1.いつでもおなざりになってしまうのが、男性サーブ

だと思いませんか?

女性対策、はみんな一生懸命。

でも、実際に試合が始まってみると、どうでしょう。

意外と、男性のサービスゲームでも苦戦すると思いませんか?

ここの意識が希薄だと、絶対にミックスダブルスの試合は危なくなる。

みんな、試合の後に気付くんですよ。

「あれ、男子がブレイクされて、女子がキープしてる・・・」って。

これ、しっかり考えておかないと大きな落とし穴になりますよ。

 

2.男性サーブ、だから危ない理由はたくさんある

私は、そう思います。

まず、力む人が多過ぎ。

良いサーブで相手を追い込んで、自分で決めてやろうという男性が多過ぎ。

これって、自分のパートナーを信頼していないと言っているようなもの。

勝手に力んで、勝手にダブってサービスゲームをブレイクされる。

そんな男性、多くないですか?

それに、意外と難しいのが「女性が前衛」という点かもしれません。

 

3.前衛が得意な女性、はまだまだ少ない

私が試合に出ている中でも、感じます。

前衛が得意、と言える女性は少ないんじゃないでしょうか。

それなのに、男性がサーブということは自然と女性が前にいる。

ボレーが得意じゃないのに、無理やり触らされてボレー、みたいな攻撃を受けやすいのが男性のサービスゲーム。

後衛が前衛より先にボールに触る、のは基本難しいですからね。

バックボレーを狙われたり、いくら男性が良いサーブを打っても女性の上に上がられて、無理なスマッシュを打たされたり。

こういうきっかけで男性サービスゲームが崩れていく試合、何度も見て来ました。

みなさんも経験、無いですか?

 

4.男性のサービスゲームこそ、ペアで考えて作戦を立てる

のが大事だと思います。

男性のサービス力、なんて本当に水物ですから。

とにかく、そこに頼らない。

女性の上、ロブ対策もしっかり行っておく。

男性のサービスゲームは、まぁ何となく取れるだろう、くらいに考えているペアは、試合で苦しみます。

意外とここが落とし穴になる、のがテニスのミックスダブルスの試合ですから。

 

しっかりと、女性も参加する。

ポーチやロブケア、自分から動いて参加していく姿勢がまず大事です。

「男性サーブだし、邪魔しない方が良いかな・・・」なんて思っていると、狙われますよ。

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 「第3回 読者ミーティング」を開催します

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「150kmでも軽いサーブと、120kmでも重たいサーブ」の違いは、どこから生まれるのか?

    先週、あるテニスのイベントでスピードガンコンテストの企画をやる機会があ…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    試合でサーブが入らなくなる人は、「上方向へ振り抜くこと」が出来なくなるケースが多い

    試合の中で、サーブが入らなくなるとき。特に男性の方では、こうい…

  3. テニス ストローク

    サーブ

    試合の緊張した場面で、「サーブを置きにいくときの自分の癖」を把握しておけば直せる!

    サーブから崩れること、試合の中で多いはず。「今日は試合、思った…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブのトスは前、じゃあセカンドは…?

    ファーストサーブを打って、フォルト。じゃあセカンドを…という時…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    実戦で使えるサーブは、「ワイドへのコースは軌道を高め」を意識しよう!

    試合でのサーブは、センターへのコース中心。特にダブルスをプレー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの神様がいるのなら、アナタ自身は「テニスコート上でいつも試されている」とい…
  2. 戦術

    自分で気付いて修正出来る、そんな人が試合でも勝ち上がっていく
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    「並行陣のセンターを攻められたとき」には、後衛のドロップショットが絶対に必要です…
  4. テニス フットワーク

    フットワーク

    相手によって守備位置を変える、のはテニスにも必要なスポーツの基本
  5. テニス ボレー

    戦術

    試合の中で、「○○は捨ててOK」という共通認識を持てると、ダブルスペアは強くなっ…
PAGE TOP