テニス サーブ

サーブ

ミックスダブルス、男性サービスゲームに落とし穴有り

ミックスダブルスの試合、どこに意識を置くか。

女性のサーブ?女性のリターン?

もっと大事なこと、忘れているかもしれませんよ。

その前に男性のサーブをしっかりキープしないと、女性がいくら頑張っても試合には勝てません。

 

ミックスダブルス、男性サービスゲームに落とし穴有り

 

1.いつでもおなざりになってしまうのが、男性サーブ

だと思いませんか?

女性対策、はみんな一生懸命。

でも、実際に試合が始まってみると、どうでしょう。

意外と、男性のサービスゲームでも苦戦すると思いませんか?

ここの意識が希薄だと、絶対にミックスダブルスの試合は危なくなる。

みんな、試合の後に気付くんですよ。

「あれ、男子がブレイクされて、女子がキープしてる・・・」って。

これ、しっかり考えておかないと大きな落とし穴になりますよ。

 

2.男性サーブ、だから危ない理由はたくさんある

私は、そう思います。

まず、力む人が多過ぎ。

良いサーブで相手を追い込んで、自分で決めてやろうという男性が多過ぎ。

これって、自分のパートナーを信頼していないと言っているようなもの。

勝手に力んで、勝手にダブってサービスゲームをブレイクされる。

そんな男性、多くないですか?

それに、意外と難しいのが「女性が前衛」という点かもしれません。

 

3.前衛が得意な女性、はまだまだ少ない

私が試合に出ている中でも、感じます。

前衛が得意、と言える女性は少ないんじゃないでしょうか。

それなのに、男性がサーブということは自然と女性が前にいる。

ボレーが得意じゃないのに、無理やり触らされてボレー、みたいな攻撃を受けやすいのが男性のサービスゲーム。

後衛が前衛より先にボールに触る、のは基本難しいですからね。

バックボレーを狙われたり、いくら男性が良いサーブを打っても女性の上に上がられて、無理なスマッシュを打たされたり。

こういうきっかけで男性サービスゲームが崩れていく試合、何度も見て来ました。

みなさんも経験、無いですか?

 

4.男性のサービスゲームこそ、ペアで考えて作戦を立てる

のが大事だと思います。

男性のサービス力、なんて本当に水物ですから。

とにかく、そこに頼らない。

女性の上、ロブ対策もしっかり行っておく。

男性のサービスゲームは、まぁ何となく取れるだろう、くらいに考えているペアは、試合で苦しみます。

意外とここが落とし穴になる、のがテニスのミックスダブルスの試合ですから。

 

しっかりと、女性も参加する。

ポーチやロブケア、自分から動いて参加していく姿勢がまず大事です。

「男性サーブだし、邪魔しない方が良いかな・・・」なんて思っていると、狙われますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブで身体が開いて安定しない」人は、肩にアゴを乗せてトスアップを意識してみましょう

    このサイトでもサーブのテーマについて、色々書かせて頂きましたが、やっぱ…

  2. テニス サーブ
  3. テニス ロブ

    サーブ

    崩すサーブで充分、なのになんで強打に走るんだろうか

    不安だと、打ちたくなる。そしてそのサーブが入らないから、余計に…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    相手に読まれにくいサーブ、ってどんなサーブだろう?

    錦織選手の試合、惜しかったですね・・・。改めて感じたのは、「サ…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「ファーストサーブはスーパーセカンドサーブ」テニスの試合、サービスゲームで意識したいポイント

    試合中、ストロークが入らなくなったらどうする?原因は色々考えら…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    【保存版】テニスの試合でのセカンドサーブに悩む方へ贈る人気のTOP7記事

    テニスの試合、やってて辛いのがダブルフォルト。セカンドサーブを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「当てるだけのボレーから、ステップアップして押し出すボレーに」変化させていくうえ…
  2. テニス 錦織圭

    その他

    「とりあえず上手い人を真似てみて、型から入る」ことが出来る人は、テニスの上達が早…
  3. テニス ダブルス

    メンタル

    必死でプレーした結果なのに、なんでそんなに謝るの?
  4. テニス メンタル

    戦術

    試合で「複数の選択肢」が浮かぶ、ときはきっと自分の調子が良い時
  5. テニス 序盤

    戦術

    暑い中での試合を勝ち切る、試合の現場で体力消耗を抑えるコツ4つ
PAGE TOP