テニス サーブ

サーブ

「サーブミスが多いのはここかもしれない」テニスの試合でプレッシャーがかかる場面を乗り越える!

サーブを打つ時のステップってどうなってる?

俺の場合は、右足を左足の横までスッと寄せてからサーブを打つ。

このパターンの人って多いんじゃないかな?

 

「サーブミスが多いのはここかもしれない」テニスの試合でプレッシャーがかかる場面を乗り越える!

 


 

中には、寄せた右足が左足を追い越して、フットフォルトをしてしまう人もいる。

厚いグリップでサーブを打つ人も体が開きやすいから、右足が前に出やすいよね。

ところでサーブの軸足ってどっちか分かる?

右利きの人は左足が軸となる。

左足でしっかりと地面を蹴って左足で着地をするから、体の向きが崩れないままバランス良くサーブが打てる。

でもこの左足に体重を乗せるのが苦手な人って多い

ストロークの時でも、左足を前足として使ったフォアハンドとか、同じく左足を後ろ足として使ったバックハンドが、なかなか打てない人は、左足に体重乗せるのが苦手な人。

そんな人はサーブの時に、左足のサポートとして右足を寄せて、言わば両足ジャンプ的な感じで打つことが多くなるのだ。

俺も元々左足に体重乗せるのが苦手だったので、その頃の名残で右足を寄せるサーブになった。

しかし右足を寄せるのは良いのだが、この寄せた右足が出しゃばって軸足になってしまうとまずいのだ。

右足が軸となって地面を蹴ってしまうと、左足は余計に大人しくなり地面を蹴ろうとしない。

そうなると体はどうなる?

左足の横まで右足を寄せているので、足は両足とも並んでいるような状態。

それで右足だけ強く蹴ってジャンプしようとするとバランスが取れず、体は傾きやすいし、当然体の向きも正面になりやすい。

右足で蹴りながらも縮こまった左足で着地しようとすると、当然上体は落ちてしまい、頭も下がりやすい。

だからサーブを打つと同時に左側へ体が傾いたり、前向きに開いてしまいやすい人は、本来軸足である左足が縮こまり、その分右足が頑張りすぎている場合が多いかも。

普段は出来ていても、セカンドサーブとかビビッた場面になると左足がダメになって軸足の仕事をしないなんてこともある。

 



 

俺も、たまに左足が急に軸足として機能しなかったりすることがあるよ

メンタルの部分と大きくその辺りは関係していると感じる。

「とにかく入れば良い・・・」

試合に出ている人は、とにかくそういう気持ちでサーブをまずは覚えてしまうから、どうしても最初に誤魔化しながら使った技が身に付いてしまう。

それは厚いグリップで打つ厚い当たりのサーブだったり、頭の真上で捕らえる回転多めのサーブだったりするんだけど、右足を寄せて右足軸でサーブを打つってのも、そのままずっと癖として残りやすく、その癖のせいで左足がきっちり機能しなくてサーブが伸びていかないケースは多い。

今一度自分のサーブのステップを見直してみよう

大事な場面でもちゃんと左足がしっかり機能しているかしっかりチェックしておかないと、なかなか安定したサーブを作り上げられないよ。

不安定な場合でも、足の使い方分かれば原因がわかるかも。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス ダブルス

    サーブ

    ファーストサーブが入るのが当たり前、にしていこう

    試合慣れしていない人、勝ち慣れていない人は、すぐ分かります。試…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブ練習を工夫したい!」なら、より実践的に且つ自信に変えていく練習にしていきませんか?

    「サーブ練習だけ、どうやって良いのか分からないんです・・・」というご質…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    「強い対戦相手には、強いサーブが必要?」の質問に、お答えします

    テニスのトーナメント大会で、何試合か勝ち上がると必ず強敵との対戦になり…

  4. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブに求められるもの」テニスの試合で有効なセカンドサーブ、打ててますか?

    サーブは難しい。技術も難しいし、その上「入れなきゃ」というプレ…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「脱ダブルフォルト!」テニスの試合で悩んでいる全ての人へ

    ダブルフォルトほど悔しいミスはない。相手に何かされたのならまだ…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブは安全に、が通用するのは3回戦まで

    セカンドサーブは確率重視。実際に、コースを狙ったりするのは難し…

特集記事

  1. テニス トレーニング

    サーブ

    アナタが左利きのテニス選手なら、「ワイドよりもセンターへのサーブ」をしっかり磨い…
  2. テニス ダブルス

    テニス知識

    テニスの試合でありがちな、「デュース有りとノーアドバンテージ形式を間違えた」とき…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「力を出し切れていない」自分こそ、自分の実力である
  4. 戦術

    振り切ってコントロール、なぜ難しいのか?について
  5. テニス 観察眼

    戦術

    「身体が覚えるまでやる」、とは理解するのと同義語
PAGE TOP