テニス ボレー

ダブルス

雁行陣でロブが抜けたときには・・・前衛にビッグチャンスが舞い込んで来る

ダブルスの試合で、学生の皆さんは雁行陣で戦うケースが多いと思います。

後衛のストローク力、はもちろん大事ですが、要所でロブを入れて相手を動かすことも必要ですよね。

相手前衛の頭の上を抜いて、そのままチェンジさせて・・・までは、多くのペアが実践しているはず。

でも、その後、どうですか?

よく分からない陣形になった後、後衛が正面でコート半面でのラリーが続いて・・・ポイントを取り切れない。

これではもったいないですよね。

雁行陣でロブが抜けたときには・・・前衛にビッグチャンスが舞い込んで来る

1.ロブの後の「おかしな陣形」のイメージは、ある?

皆さんも経験、あると思います。

自分が相手の前衛の頭上をロブで抜いて、相手がチェンジする・・・と、どうでしょう。

よく分からない、おかしな陣形になりますよね。

前衛と後衛が、正面向きにお互い立ってラリーする。

結局、よく分からないままにロブを打って崩したはずのペアが、失点してしまう。

しっかりと、この「おかしな陣形」でどうするのか?を考えておかないと。

ロブの後に、どうやってポイントを取るのか。

鍵は、前衛が握っています。

2.相手の後衛の最初の「つなぎ」を仕留めよう!

まずロブが抜けたと思ったら、ロブを打った側の前衛はしっかり前に詰める。

それも、センターストラップ近くまで、ひっそりと。

でも確実にポジションを移して、相手の次のボールを狙うのが一番効果的な作戦です。

相手の後衛は、走らされてとにかく一度、相手の後衛につなぎたい、返球したいと思っているはず。

ここを仕留めない手、は無いですよ。

一度つながせてしまうと、そこから次、ポーチに出るのは難しくなる。

ロブが抜けて、その次の返球が一番チャンスなんです。

3.クロス方向への返球は、無いと思って良い

相手後衛がチェンジした後、クロス方向へのストロークは・・・ロブ以外無い、でしょう。

クロスには相手の前衛がいる、という認識がありますし、味方の前衛だって少し邪魔になる。

開けた感じのストレート、まっすぐ打ちたくなるんですよ。

ダブルスの試合、雁行陣を主体とするペアはこの「ロブで崩して前衛が決める」パターンは必須ですよ。

とはいえ、当然上のレベルになったら相手も対策を打ってくる。

クロス方向へのロブ、を打たれる可能性もありますね。

でもそうなったら、またロブを打った後衛の選手が走れば良い。

ここは、駆け引き。

あくまで、確率が高いショットをつぶして、ポイントを取りにいきましょう。

4.待っていても、前衛にボールは来ない

この作戦の前提は、これです。

特に雁行陣はそうでしょう。

後衛のストロークが安定していたら、なかなか前衛には飛んで来ない。

もちろん触らせないように、細心の注意を払ってますからね。

だからこそ、相手を少しでも崩したときには前衛が思い切って動かないとポイントを取れない。

雁行陣で負けていくペアって、結局前衛が触れていないんですよね、ボールに。

この意識、もっと強く危機感として持っておくことをオススメします。

雁行陣で、ただ「つなぐだけ」「崩すだけ」になっているペアは、発想を変えましょう。

前衛が触る為に、どうするのか。

ポジションを変え、また後衛がその動きをどうカバーしていくのか・・・は、大事なポイントです。

ロブで崩す、だけで満足してはいませんか?

テニスは結局、ポイントを取っていかないと勝てない競技、ですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ボレーが手堅い並行陣ペアは、どうやって崩そう?

    ダブルスの試合に出ていると、きっとこういう難敵が待ち構えているはず。…

  2. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ポーチが上手い選手が意識している、5つのコツ

    ダブルスの試合で、ポーチに出て決める。カッコ良いですよね、ダブ…

  3. ダブルス

    後ろでつないでくるダブルス相手には、「深いボレーとロブのケア」でバッチリ対抗出来ます!

    学生ペアの試合で、よく観るのは2バックで粘る相手に苦戦する並行陣ペア。…

  4. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスにおいて前衛は、「攻撃の優先権がある」ことをまず認識しましょう

    ダブルスにも、色々な作戦があります。雁行陣に並行陣、後ろで2人…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「自分で決めるより、パートナーが決める方が嬉しい」と思えるように

    ダブルスの試合が上手い選手は、この感覚を持っている。「パートナ…

  6. ダブルス

    「自分よりかなりテニスが上手い選手とダブルスを組むことに・・・」アナタが意識するべきこととは?

    部活やサークルで、「この人、自分より全然上手いなー」と感じている人と、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 格上相手

    戦術

    「技術的なミスと戦術的なミス」をしっかり分けて考えておけば、テニスの成長スピード…
  2. サーブ

    サーブ&ボレー、常識を変えていこう
  3. テニス ダブルス

    リターン

    「センターへ厳しいサーブ・・・でもリターンを沈めたい!」というときには、打点を少…
  4. 戦術

    調子が悪いなら、動こうよ
  5. テニス フットワーク

    ストローク

    ボレー対ストロークで浅いボールが取れないで2バウンドになるのは、「完全にストロー…
PAGE TOP