テニス ボレー

ダブルス

雁行陣でロブが抜けたときには・・・前衛にビッグチャンスが舞い込んで来る

目次

ダブルスの試合で、学生の皆さんは雁行陣で戦うケースが多いと思います。

後衛のストローク力、はもちろん大事ですが、要所でロブを入れて相手を動かすことも必要ですよね。

相手前衛の頭の上を抜いて、そのままチェンジさせて・・・までは、多くのペアが実践しているはず。

でも、その後、どうですか?

よく分からない陣形になった後、後衛が正面でコート半面でのラリーが続いて・・・ポイントを取り切れない。

これではもったいないですよね。

雁行陣でロブが抜けたときには・・・前衛にビッグチャンスが舞い込んで来る

1.ロブの後の「おかしな陣形」のイメージは、ある?

皆さんも経験、あると思います。

自分が相手の前衛の頭上をロブで抜いて、相手がチェンジする・・・と、どうでしょう。

よく分からない、おかしな陣形になりますよね。

前衛と後衛が、正面向きにお互い立ってラリーする。

結局、よく分からないままにロブを打って崩したはずのペアが、失点してしまう。

しっかりと、この「おかしな陣形」でどうするのか?を考えておかないと。

ロブの後に、どうやってポイントを取るのか。

鍵は、前衛が握っています。

2.相手の後衛の最初の「つなぎ」を仕留めよう!

まずロブが抜けたと思ったら、ロブを打った側の前衛はしっかり前に詰める。

それも、センターストラップ近くまで、ひっそりと。

でも確実にポジションを移して、相手の次のボールを狙うのが一番効果的な作戦です。

相手の後衛は、走らされてとにかく一度、相手の後衛につなぎたい、返球したいと思っているはず。

ここを仕留めない手、は無いですよ。

一度つながせてしまうと、そこから次、ポーチに出るのは難しくなる。

ロブが抜けて、その次の返球が一番チャンスなんです。

3.クロス方向への返球は、無いと思って良い

相手後衛がチェンジした後、クロス方向へのストロークは・・・ロブ以外無い、でしょう。

クロスには相手の前衛がいる、という認識がありますし、味方の前衛だって少し邪魔になる。

開けた感じのストレート、まっすぐ打ちたくなるんですよ。

ダブルスの試合、雁行陣を主体とするペアはこの「ロブで崩して前衛が決める」パターンは必須ですよ。

とはいえ、当然上のレベルになったら相手も対策を打ってくる。

クロス方向へのロブ、を打たれる可能性もありますね。

でもそうなったら、またロブを打った後衛の選手が走れば良い。

ここは、駆け引き。

あくまで、確率が高いショットをつぶして、ポイントを取りにいきましょう。

4.待っていても、前衛にボールは来ない

この作戦の前提は、これです。

特に雁行陣はそうでしょう。

後衛のストロークが安定していたら、なかなか前衛には飛んで来ない。

もちろん触らせないように、細心の注意を払ってますからね。

だからこそ、相手を少しでも崩したときには前衛が思い切って動かないとポイントを取れない。

雁行陣で負けていくペアって、結局前衛が触れていないんですよね、ボールに。

この意識、もっと強く危機感として持っておくことをオススメします。

雁行陣で、ただ「つなぐだけ」「崩すだけ」になっているペアは、発想を変えましょう。

前衛が触る為に、どうするのか。

ポジションを変え、また後衛がその動きをどうカバーしていくのか・・・は、大事なポイントです。

ロブで崩す、だけで満足してはいませんか?

テニスは結局、ポイントを取っていかないと勝てない競技、ですよ。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. ダブルス

    意志は大胆な行動で、見せる

    最近YouTubeで、土居コーチの女子ダブルスレッスンの動画を更新し…

  2. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ミスしてもポーチに出て来る前衛」って、嫌じゃないですか?

    「あぁ・・・今のポーチ行けたよな・・・」と、何度も試合で後悔する。…

  3. ダブルス

    並行陣の逆陣形、を理解すればダブルスに強くなる

    並行陣で、後衛がどんどん前に詰める形。男子ダブルスでは、これが…

  4. ダブルス

    相手のファーストボレーを、前衛がスルーしてどうするの?

    ダブルスの試合で、前衛が活躍する場面。それは、サーブの後のポ…

  5. ダブルス

    後ろをカバーしてもらえるのは、ド詰め出来た前衛だけ

    ダブルスの試合で、攻守のメリハリが無いペア。こういうペアは、な…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    「ローボレーがどうしても苦手・・・」な人は、ダブルスでは変則陣形で挑むのも有り!

    テニスの数ある技術の中でも、最も難しい部類に入るのが低い位置のボレー、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス フットワーク

    戦術

    「自分から先に仕掛ける」意識を強く持たない限り、強い選手には勝てない
  2. テニス サーブ

    サーブ

    遅いサーブを自分の基本サーブ、に据えておくことをオススメします
  3. 戦術

    キャンプイベント 参加者アンケート
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    対並行陣の武器、はどう使っていけば良い?
  5. テニス メンタル

    リターン

    リターンのときに、気づいて欲しい大事なポイント
PAGE TOP