テニス ストローク

ダブルス

ダブルスの後衛で大きく外に走らされたら、「ストレートアタック風トップスピンロブ」を使ってみよう

ダブルスの試合を雁行陣で戦っていて、大きく後衛が外に走らされる。

ショートクロスが上手い相手だと、よくあるケースですよね。

こういう場面で、皆さんはどんな攻撃の手を持っているでしょうか?

手数が少ないと、試合の中で手詰まりになる。

今回は、私なりに新しい発想で武器を考えてみました。

 

ダブルスの後衛で大きく外に走らされたら、「ストレートアタック風トップスピンロブ」を使ってみよう

 

1.普通のストレートアタック、バレバレ!

よくあるケースが、ワイドに走らされた時にストレートアタック、ですよね。

外から狙いやすいので、一見打ちやすそうだし決まるケースもある。

でも・・・どうでしょう。

実際に相手の前衛も、かなりサイドに寄ってストレートをケアするのが普通ですよね。

そこで打っても、なかなか決まらないしカウンター気味に切り返されることも多い。

私なら、あえて中ロブ気味のロブ、をストレートに展開していきます。

 

2.「ストレートアタック風トップスピンロブ」は、低くて速いストレートロブ

一見、ロブに見えないかもしれません。

少し軌道が高い、ストロークのような感じでOK。

相手前衛も、手を伸ばせば届くくらいの高さ、です。

でも、これをワイドに走らされたときに外側から打つ・・・というのがポイントなんです。

外側からは、意外とロブのケアが前衛は難しい。

それに、低いロブは気付いたときにはもう自分の頭上、だから手を出してもハイボレーが弾かれてしまう可能性も高い。

どうでしょう、文章だけだと難しいですがイメージ出来ますか・・・?

雁行陣の後衛で外に走ったときに、外からまいてくるようなロブのイメージ。

まずは練習のゲーム形式から、使って試してみて下さい。

 

3.相手前衛に触らせてOK!

ストレートアタック、のようなボレーを想定している前衛には・・・触らせましょう!

何度も書いてきましたが、バックハンドのハイボレーは怪しい人が多い。

低いロブは通過させてしまうと後衛のカバーも厳しいので、つい触ってしまう人が多いはず。

触ってもミス、触らなくても後衛が届かないようなスーパーなロブ。

それが今回の武器、「ストレートアタック風トップスピンロブ」です。

 

「動画で見せて!」と、私でも思います・・・すみません。

でも、よく周りの試合を観察してみて下さい。

この技、意外と使っている人多いんですよ。

攻撃的なロブを、走らされたときに使う・・・のは、雁行陣では強力な武器になる。

特にスピン系のストロークが得意な人には、オススメです!

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスでの法則、「男性サーブ、女性リターンのときは7割がロブ」という頭で対応しよう

    ミックスダブルスの試合は、男子・女子のダブルスとは異なる。大き…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスに頭上のボールはなぜ、「前衛の声出し」が必要なのか?を考える4つのヒント

    ダブルスの試合に強いペア、はあるタイミングですぐに分かる。頭上…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「テニスのダブルスで、組み慣れたペアと即席ペアの違い」が一番現れる部分とは?

    テニスのダブルスの試合には、皆さんどんなペアと組んで出ていますか?…

  4. テニス リターン

    ダブルス

    ダブルスの試合で自分の甘いセカンドサーブの時、味方の前衛は下がるべきか?

    ダブルスの試合で、どうしてもセカンドサーブが叩かれてしまう。ア…

  5. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「試合前に決めておく大事なこと」を5つピックアップしてみた

    ダブルスの試合、初めてペアを組んで試合、みたいなケースも多いと思います…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    試合中にミスを続けるダブルスペアに、「どういう言葉をかけることが出来るのか?」を考えよう

    ダブルスの試合、ペアのミスがどうにも止まらない。そんなときに、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ボレー

    ボレーミスが多い人は、2段構えを覚えよう
  2. テニス イベント

    メンタル

    「試合に勝てる雰囲気」がある選手と、「負けそうな雰囲気ばかり」な選手は何が違うの…
  3. テニス メンタル

    その他

    「引退」高校テニスを振り返ってみて
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「浅いスライスサーブ」が試合では必要な理由
  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    「記事のネタは、いつもどこから?」のご質問について
PAGE TOP