ストローク

「スライス回転のバウンドを予測する」ことが出来ないと、テニスの試合には勝てません

テニススクールやテニス部の中で、教えてもらう機会が少ないのがこの「回転のバウンドを読む」という技術。

ストロークでも、相手がスライスを打ってくると途端にリズムを崩して前につんのめるような人、たくさんいますよね。

他にもサイドスピンでは横に滑るような軌道でバウンドすることもありますし、慣れるまでは非常に難しいのが現実です。

この「スライス回転のバウンドを予測する」のに必要なことは、どんなことでしょうか?

 

「スライス回転のバウンドを予測する」ことが出来ないと、テニスの試合には勝てません

 


 

■相手の打つフォームをしっかり観察すること

相手のフォームを観察することで、テニスの上級者は回転を判断します。

ラケットヘッドが立っている、寝ている、など「ボールの横を捕えている」ことが確認できれば、横に切れていく軌道が予測されるので、ボールとの距離感を瞬時に調整できるのです。

それはスピンでも同じですね。

回転量が多いのか少ないのか、ボールの当たった「音」にも注意しながら予測します。

まずはこの「ラケットとボールが当たる角度」と「ヒットする音」を、アナタ自身で一度しっかり観察してみて下さい。

 

■ボールが飛んでくる速度は回転量と反比例する

スライス回転がかかればかかるほど、ボールの速度は遅くなります。

これはトップスピンの球種も同じで、ボールを追いかけながら、バウンド後の軌道もしっかりイメージするようにしましょう。

相手がこするようなスライスを打ってきているときは、速度は遅いのに弾まないですよね。

逆に厚い当たりで打ってきたときには速度が速く、回転量が少ないのでフラット気味な球筋になるはずです。

 

■スライスのストロークの処理は、打点に幅が持てるオープンスタンスがお勧め

スライスショットへの対応は、きっちり足を決めるクローズドスタンスだと難しいケースが多いです。

ピッタリ打点が合えば問題無いのですが、ここはオープンスタンスで入っていきたいところ。

右利きの方のフォアハンドであれば、構えて右足を前に出すようなイメージでボールに入っていきましょう。

浅いボールはバウンドしないスライスですので、早く準備してスタートすることが必要です。

 

■サイドスライスは「自分から逃げていくのか、近づいてくるのか」をしっかり判断

サイドスライスの対応は、初中級者には難しい技術です。

まずは左右どちらに曲がるのかをしっかり予測して、思い切ってボールに近づいたり、離れたりしながら経験値を積んでみて下さい。

また、横に滑る打球をトップスピンで返球するのもかなり低い態勢と技術が求められますので、同じスライスで返球する技術も身に付けておく必要がありますね。

普段のミニラリーやストローク練習の中で、「スライス同士のラリー」を取り入れて、回転をかけ合うイメージを養いましょう。

 

最近はジュニアの女子選手でもスライスを積極的に使う選手も出てきました。

特にハードコートでは滑るスライスは有効で、相手も普段の練習で打ち慣れていないと、とたんにリズムを崩すことも多いようです。

もし、アナタがこのスライスの回転を返球できて、しかも打てるようになると・・・。

シード選手を倒す為の試金石になるかも知れません!

騙されたと思って、練習に取り入れてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. ストローク

    両手バックハンドの最後の一押し、でパワーアップ出来る!

    両手バックハンドストローク、現代テニスにおいて一番進化が著しいショット…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    「使ってない軸足ありませんか?」テニスのストロークで意識したい自分のスタンスについて

    テニスのプレーにおいて、軸足の使い方はかなり重要である。右足と…

  3. テニス 打点

    ストローク

    「相手が打ったら、準備を速くする」ことで得られる、5つのK

    何度も繰り返し、で書いてきたのでもう聞き飽きたか方も多いと思いますが、…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    ネットプレイヤーの相手の正面を突けば、浮き球を引き出せる

    特に、これはダブルスの試合で使えるテクニック。無理に、空いてい…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    「テニスの片手バックハンドストロークを、しっかり振り切る!」為に意識すること4つ

    最近、実はテニス界で見直されつつある「片手バックハンドストローク」の技…

  6. ストローク

    フワッとしたネット際のボールは、前に詰めながら攻撃!

    緩い、フワッとしたボレーが苦手な方。ネット際に浮いたボールを、…

特集記事

  1. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「スマッシュできるボールも、ハイボレーで処理」テニスの試合でやってませんか?
  2. テニス 環境

    メンタル

    強い相手を強い、と認めることが出来る選手が本当に強いテニス選手
  3. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A 「試合中にダブルスのペアと、どんな会話をすれば良いか分かりません…
  4. テニス ダブルス

    フットワーク

    テニスの試合では、「ラリー中に自分が打ったらどう動くのか」のイメージを事前にしっ…
  5. テニス ボレー

    ストローク

    ダブルスでネットプレイヤーに対抗するには、「突き球のストローク」は必要不可欠な技…
PAGE TOP