テニス 練習

ストローク

力んでネットミスのストローク、を減らす6つの方法

試合の中で、力んでネットミス。

これって一番多い失点のパターン、のように思います。

だったら、具体的な方法で減らすしかない。

みなさんも、「当たり前」と思っている部分から整理して考えてみませんか?

意外と、これが出来ないんですよ。

 

力んでネットミスのストローク、を減らす6つの方法

 

1.強引に決めようとしない

自分のショットで相手をねじ伏せる。

これは、私たちのレベルでは難しいことを再度自覚しましょう。

よほど相手をコートから追い出して、高い打点でネット近く、で打てるときは別ですが、普段のストロークから強引に打っても良いことは無い。

どこかで、決めようとしている自分に気付かないと、力んだネットミスは減らせません。

 

2.回転量を増やす

しっかりしたスピン、スライスを打つだけで、ネットミスは減らせます。

なぜなら、ラケットをしっかり振り切ることが出来るから。

力んでネットミス、のような時って、意外とビビッて振り切れていないようなこと、多くないですか?

しっかり、ラケットを振り切る為には回転量を増やすこと。

グリップと打点を変えて、ラケットを振り切ってもコートに収まるボール、に変えていかないと試合では勝てません。

 

3.打つ方向を見るのを止める

これも、力んでしまう要因ですね。

打つコースを見て、「ここに打ちたい!」と思うから、力んでしまう。

打つコースを見る必要は、打った後でも無いでしょう。

まずは良いボールを打つことに集中する、その為には、打点に顔を残しておく。

打つ方向を見ない、ということを意識するだけで、自然とネットミスも減ると思いますよ。

 

4.打点の高さでリスク管理

打点が低い、ときに無理をするからミスになる。

打点の高さに応じて、これは攻撃すべきか、守備か、をしっかり判断する。

その判断の為には、基準を作って管理する必要がありますね。

膝より低いなら、守備に徹する、直線的なボールは打たない。

これだけでも、試合でだいぶ失うポイントが減るはずです。

 

5.相手とラリーする意識を持つ

アナタが思っている以上に、きっと相手も余裕が無い。

相手としっかりラリーする、触らせるくらいの意識でちょうど良いと思いますよ。

相手を動かして、結果的にエースになる。

力んでネットミスする人は、全体的に焦り過ぎ。

相手を恐れる必要はありません。

しっかり触らせて、試合ではラリーを長く続けるくらいの感覚で入って良いと思います。

 

6.テイクバックを速くする

力んでしまう時って、やっぱりどこかで焦っている。

「まずい、遅れた!」と思ってるはずなんですよね。

そうなる前に、テイクバックを速くする。

そうなると余裕が生まれて、ゆったりしたスウィングになるはずです。

基本中の基本ですが、試合では構え直しが遅れがち。

普段ラリーしない相手、をつい長く見てしまいますからね。

 

ちょっとの意識、で自分の力みは解消出来る。

アナタ自身、不安に感じているからこそ、具体策が必要です。

試合では、思っている力の半分も出ない。

その要因は、アナタ自身の準備不足、にあるはず。

練習から、力んでネットミス、減らしてみませんか?

■力んでしまうのは、自分が不安だからだと思いますよ

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. ストローク

    深いボールの返球が出来ない人は、バウンドに合わせる癖を引きずってるだけ

    相手のストロークが深い時に、差し込まれてミスが増える。実は、失…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    下がってパッシングショット、抜ける訳が無い

    今年も全豪オープンの試合、シングルスの試合を観ていると、パッシングショ…

  3. ストローク

    相手が打った瞬間に、フォアかバックかを決めて、グリップまで決めよう!

    ストロークで速い攻撃がしたいなら、これが絶対に大事。みなさん、…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    ティエム選手の片手バックハンド、は私たちにも真似出来るのか?

    クレーコートでも抜群の威力を発揮する、ティエム選手。錦織選手の…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで「身体を開いてはいけない」は、誤解の元

    ストロークやサーブを打つときに、「身体が開いてるよ!」というアドバイス…

  6. テニス テイクバック

    ストローク

    両手バックハンドストロークでは、「ボールをインパクトしたときのラケット面」をしっかりチェックしてみよ…

    両手バックハンドストローク、もっとパワーアップしていきたいと考えている…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの並行陣で、実戦で使える得点パターンまとめ5つ
  2. テニス知識

    試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールで上達が早い人は、「球出し練習で先頭」に並ぶ人
  4. テニス 時間

    メンタル

    テニスの試合で「いやらしく時間を使ってくる相手」には、毅然とした姿勢で!
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーは外から、ローボレーは内側からラケットを入れていこう
PAGE TOP