テニス ストローク

ストローク

威力はあるけど安定感が無いストロークは、「ラケットダウン」が出来てない

たまに入る、威力のあるストローク。

でも、安定感が無いから試合では使えない・・・。

結構男性プレイヤーに多いパターンですよね。

フォアハンドストローク、が水物になってしまってる方は、きっと試合でも打つ前からビクビクでしょう。

「今日は、入る日か入らない日か・・・」

そんなストレスから、自分を解放する。

その為に必要なのは、自然にスウィングして安定感のあるストローク、に変えていくことです。

 

威力はあるけど安定感が無いストロークは、「ラケットダウン」が出来てない

 

1.後ろから前、だけだとストロークは安定しない

テイクバックして、後ろからバーン!と打つストローク。

確かに、威力は凄い。

でも、こういうショットって直線的で、ネットスレスレを飛んでいく。

ちょっとでもずれればネット、アウト、の世界。

これでは、良いストロークとは言えないでしょう。

直線的な速いショットを打ちたい気持ち、は分かります。

でもテニスという競技、試合に出て勝ちたいと思うなら、やっぱりそのショットは変えていかないと。

必要なのは、ラケットダウンという動作です。

 

2.意外と知られていない、ラケットダウンの必要性

つい、見落とされがちな基本、です。

ストロークを打つ前に、テイクバックした状態から、ラケットはどんな動きをするでしょう?

一度、下に落ちていくような動作が入ると思います。

下から上、はストロークの基本、スピン回転の根源になる。

だからこそ、テイクバックからラケットダウン、特にラケットの先をしっかりコートに向けて落としていく動作が必要なんです。

ぜひ、ここを素振りするときにも意識して欲しい。

グリップがラケットの先よりも高い位置、を作ってから前に振り出していく、腰を回していく。

意外と、これが出来ていない男性の方は多いんですよね。

 

3.腰の高さまでは、この打ち方でOK

大体、腰の高さまではこの打ち方を徹底しましょう。

高い打点でも、グリップの位置を上げる。

そして、ラケットの先は少し下、という状態を作ることが大事です。

力が入ると、このラケットダウンが出来ないんですよ。

グリップを強く握って、力んでしまう。

リラックスしていれば、重力で自然にラケットは下がります。

遠心力を使って、自然にラケットを振っていく。

このストロークが身に付けば、何球打っても疲れることはありません。

 

4.腰より高い位置で、始めてラケットダウンが無くなる

あくまで、私の感覚です。

腰より高い、胸から肩の高さになると、今度はラケットヘッドは下がらない。

むしろしっかり立てた状態で、テイクバックから前に出していく。

ボールの内側、身体に近い側を打っていくようなイメージだと、良いストロークが打てると思います。

しっかり高い位置でのテイクバック、を意識しましょう。

それでも、少しだけラケットは寝かせるような動作が入りますからね。

ぜひ、素振りしながら、この胸から肩の高さの打点、ラケット動作をイメージして練習してみて下さい。

結構、試合で打つ機会が多いボールだと思いますよ。

 

プロ選手のストロークも、すごく速いスウィングですがこのラケットダウン、はしっかり行ってます。

だからこそ安定するし、良いスピン回転がかかる。

緊張すると、これが出来ない、力んでしまう。

これを覚えておくと、リラックスして「ラケットをダウンさせよう」と思えるから楽なんです。

私も、試合で緊張したら意識しているのがこのラケットダウン。

ぜひ、試合でラケットの重さを感じるくらい、しっかりダウンさせてみましょう。

きっと良い感じのスピンストローク、打てるはずですよ!

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. ストローク

    両手バックハンドの最後の一押し、でパワーアップ出来る!

    両手バックハンドストローク、現代テニスにおいて一番進化が著しいショット…

  2. テニス ストローク
  3. ストローク

    深いボールは、「しっかり打ってからジャッジ」が基本です

    深いストロークの返球、試合では難しいですよね。ボールの威力が凄…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    スライスで低く滑るストロークを打ちたいなら、前足体重で肩を下げるのがコツ

    低く滑るスライス、試合で使えたらどれだけ効果的か。実際、鋭いス…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    風が強い日にストロークの打点を落とすとダメな理由3つ

    春先は特に、風が強い日が多いですよね。試合の中で苦手にしている…

  6. ストローク

    「両手から片手へ」テニスのストロークを改造するうえで注意したいこととは?

    テニスを始めたばかりの時、あまりにパワーが無かったから両手でフォアもバ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    プレーに波がある人は、「上の部分」をコントロールしていこう
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの安定感をアップさせるには、一瞬苦しいと感じるくらいの身体の使い方で良い
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「ゲームポイントの1つ前のポイントに、全精力を注ぎたい」その理…
  4. テニス メンタル

    ストローク

    深い山なりなスピンボールは、「下がらずにライジングショットで打つ」為に必要なポイ…
  5. シングルス

    「アナタとラリーを続けたい」精神で
PAGE TOP