練習メニュー

「レベルの高い人たちの中での練習」だけになると、危険

目次

良い練習をしてきたはずなのに、試合で勝てない。

こういう経験、みなさんもあると思います。

「何でだろう、練習より全然弱い相手なのに・・・」と感じたら、それは危険信号。

テニスって、ここが難しい競技なんですよね。

 

「レベルの高い人たちの中での練習」だけになると、危険

 


 

1.速いボール、展開に慣れてしまってない?

実は、これが危険なんです。

試合では、練習よりも遅い展開が増える。

ゆったりしたラリーも多いし、練習のような感じではない。

一見、「なんだ、大したことないな」と思った相手でこそ、危険なんです。

遅いテンポのラリーで、いつもの練習と勝手が違うこと、よくありますよね。

速いボール、速い展開こそレベルが高いテニスだと思っている人、多いじゃないですか。

こういう人は、試合で弱いです。

 

2.格下相手こそ、試合で難しくなる

実際に、これがテニスの試合です。

格下相手、自分よりも経験が少なく向かって来られる相手の方が、やり辛い。

普段の練習で、そもそもこういうメンバー、いますか?

格下でアナタ自身に向かって来る、しっかりつないでチャンスを伺って来るような相手、と練習出来ていますか?

「強い人とだけ、一緒にやっていれば良い」と思っている人、多いじゃないですか。

だから、試合で勝てないんです。

弱い相手にはいつでも勝てる、とどこかで思ってますからね。

 

3.練習環境、こそアナタ自身

練習環境を、どう整えるのか。

これは、アナタ自身の実力です。

強い相手、選手としか練習しない人は、テニスという競技の本質を分かっていない。

強い相手にだけ練習して楽しい、練習した気になってる自己満足の塊でしょう。

男性なら、きちんと女性や初中級の人とも、打ち合う。

本当に上手い人、強い人は、いつだって真剣ですよ。

なぜなら、それが試合にそのまま活きることを知ってますからね。

練習環境を、自分でどう整えるのか、その中でどういうスタンスで挑むのか。

試合に出るテニス選手であれば、ここはすごく大事だと私は思います。

 



 

4.練習でやりやすい人、だけになってない?

私もつい、こうなってしまいがち。

ちょっとやり辛い人、をあえて入れる、自分が入っていく。

これが強いテニス選手に必要なんですよね。

球筋や配球、戦術でやり辛い感じを練習から感じておく。

アナタ自身、周りにとってそうならないとダメですよ。

ただ気持ち良く打ち合うだけなら、もう数年後にはロボットがやってくれるでしょう。

練習をやるのは、生身の人間。

このことだけは、しっかり覚えて意識していくようにしましょう!

 

試合で勝ちたいなら、練習を見直す。

内容もそうですが、そのメンバー自体、見つめ直してみる必要があるでしょう。

もちろん、格上の選手の中での練習は大事。

でも同じくらい、逆のメンバーの中での練習も大事なんです。

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス トレーニング

    練習メニュー

    自分が好きな練習しか出来ない人は、結局その程度のテニス選手

    年が明けて新規一転。今年こそテニスを頑張るぞ!と思っている方、…

  2. 練習メニュー

    「試合に勝つ為のテニスの練習」では、徹底的に効果を求めるチーム全体の姿勢が大切

    「今日も練習、みんなで頑張ったな・・・」と思える毎日、理想ですよね。…

  3. テニス 準備

    練習メニュー

    練習の中で「ミスもたくさん練習している」という危機感が大事

    テニスの練習。毎日、何気なくいつものメンバーで、いつもの練習を…

  4. テニス 練習メニュー

    練習メニュー

    リターンダッシュの駆け引きを身に付ける、実戦的な練習メニュー

    シングルスの試合の突破口になる、リターンダッシュ。…

  5. テニス ダブルス

    練習メニュー

    初打ちテニス後は、練習メニューと自分自身の整理を

    一年の計は、初打ちに有り。私自身、まだ今年はコートに立てていな…

  6. テニス サークル

    練習メニュー

    大学生からサークルでテニスを初めても、どんどん上達していく人の特徴4つ

    今年の4月から大学生、テニスをサークルで始めた・・・という方も、読者の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス知識

    大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. テニス サーブ

    ダブルス

    「どんなサーブなら、ポーチに出てくれるんだよ・・・」というペアの確執は、乗り越え…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    相手に読まれにくいサーブ、ってどんなサーブだろう?
  4. テニス リターン

    フットワーク

    構え直しは、ゴリ押しで
  5. テニス リーダー

    練習メニュー

    ライバル同士の練習で、強くなるチーム、弱くなるチーム
PAGE TOP