練習メニュー

「レベルの高い人たちの中での練習」だけになると、危険

良い練習をしてきたはずなのに、試合で勝てない。

こういう経験、みなさんもあると思います。

「何でだろう、練習より全然弱い相手なのに・・・」と感じたら、それは危険信号。

テニスって、ここが難しい競技なんですよね。

 

「レベルの高い人たちの中での練習」だけになると、危険

 


 

1.速いボール、展開に慣れてしまってない?

実は、これが危険なんです。

試合では、練習よりも遅い展開が増える。

ゆったりしたラリーも多いし、練習のような感じではない。

一見、「なんだ、大したことないな」と思った相手でこそ、危険なんです。

遅いテンポのラリーで、いつもの練習と勝手が違うこと、よくありますよね。

速いボール、速い展開こそレベルが高いテニスだと思っている人、多いじゃないですか。

こういう人は、試合で弱いです。

 

2.格下相手こそ、試合で難しくなる

実際に、これがテニスの試合です。

格下相手、自分よりも経験が少なく向かって来られる相手の方が、やり辛い。

普段の練習で、そもそもこういうメンバー、いますか?

格下でアナタ自身に向かって来る、しっかりつないでチャンスを伺って来るような相手、と練習出来ていますか?

「強い人とだけ、一緒にやっていれば良い」と思っている人、多いじゃないですか。

だから、試合で勝てないんです。

弱い相手にはいつでも勝てる、とどこかで思ってますからね。

 

3.練習環境、こそアナタ自身

練習環境を、どう整えるのか。

これは、アナタ自身の実力です。

強い相手、選手としか練習しない人は、テニスという競技の本質を分かっていない。

強い相手にだけ練習して楽しい、練習した気になってる自己満足の塊でしょう。

男性なら、きちんと女性や初中級の人とも、打ち合う。

本当に上手い人、強い人は、いつだって真剣ですよ。

なぜなら、それが試合にそのまま活きることを知ってますからね。

練習環境を、自分でどう整えるのか、その中でどういうスタンスで挑むのか。

試合に出るテニス選手であれば、ここはすごく大事だと私は思います。

 



 

4.練習でやりやすい人、だけになってない?

私もつい、こうなってしまいがち。

ちょっとやり辛い人、をあえて入れる、自分が入っていく。

これが強いテニス選手に必要なんですよね。

球筋や配球、戦術でやり辛い感じを練習から感じておく。

アナタ自身、周りにとってそうならないとダメですよ。

ただ気持ち良く打ち合うだけなら、もう数年後にはロボットがやってくれるでしょう。

練習をやるのは、生身の人間。

このことだけは、しっかり覚えて意識していくようにしましょう!

 

試合で勝ちたいなら、練習を見直す。

内容もそうですが、そのメンバー自体、見つめ直してみる必要があるでしょう。

もちろん、格上の選手の中での練習は大事。

でも同じくらい、逆のメンバーの中での練習も大事なんです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス ストローク

    練習メニュー

    ダブルスの試合で使える「トップスピンロブ」を身に付けたいなら、この練習!

    以前にもご紹介したかも知れませんが、ダブルスの試合で重宝される「トップ…

  2. テニス 体力

    練習メニュー

    「テニスの練習って、ギターの練習に似てるかも知れない」と思った話

    私自身、テニス以外のスポーツも好きでしたが、音楽についてはからっきし興…

  3. テニス 打点

    練習メニュー

    シングルスの試合に必要な「コートカバーリングとコントロール」を養う、基礎的な練習メニュー

    シングルスの試合では、広いコートを幅広くカバーしないといけない。…

  4. テニス 動画

    練習メニュー

    「自分のテニスを動画で観たことが無い人」には、どんな名コーチのアドバイスも上の空

    最近ではスマートフォンの普及もあり、簡単に動画やスロー動画を撮影ができ…

  5. テニス ストローク

    練習メニュー

    素振りの中にボールが入って来る、のが試合でも理想ですよね

    良いショット、良いスウィングが出来たとき。それってきっと、まさに「…

  6. 練習メニュー

    「皆で一緒にトレーニング」テニスの試合に向けて継続できる環境を創り出す!

    高校生の頃、トレーニングと言えばランニングを思い出す。それ以外…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    格上相手に対して、どう「勝負どころ」を設定するのか?の問題について
  2. テニス 構え

    ストローク

    「コンパクトに振っているつもり・・・なんだよね」テニスのストロークで意識したいフ…
  3. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A「ファーストサーブがフォルトしたとき、相手が意図的にリターンを強…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで力を入れるのは、ラケットを振るためじゃない
  5. テニス クレーコート

    戦術

    全仏オープンで注目したい、「クレーコートでの戦い方」に参考になる記事7選
PAGE TOP