練習メニュー

「レベルの高い人たちの中での練習」だけになると、危険

良い練習をしてきたはずなのに、試合で勝てない。

こういう経験、みなさんもあると思います。

「何でだろう、練習より全然弱い相手なのに・・・」と感じたら、それは危険信号。

テニスって、ここが難しい競技なんですよね。

 

「レベルの高い人たちの中での練習」だけになると、危険

 


 

1.速いボール、展開に慣れてしまってない?

実は、これが危険なんです。

試合では、練習よりも遅い展開が増える。

ゆったりしたラリーも多いし、練習のような感じではない。

一見、「なんだ、大したことないな」と思った相手でこそ、危険なんです。

遅いテンポのラリーで、いつもの練習と勝手が違うこと、よくありますよね。

速いボール、速い展開こそレベルが高いテニスだと思っている人、多いじゃないですか。

こういう人は、試合で弱いです。

 

2.格下相手こそ、試合で難しくなる

実際に、これがテニスの試合です。

格下相手、自分よりも経験が少なく向かって来られる相手の方が、やり辛い。

普段の練習で、そもそもこういうメンバー、いますか?

格下でアナタ自身に向かって来る、しっかりつないでチャンスを伺って来るような相手、と練習出来ていますか?

「強い人とだけ、一緒にやっていれば良い」と思っている人、多いじゃないですか。

だから、試合で勝てないんです。

弱い相手にはいつでも勝てる、とどこかで思ってますからね。

 

3.練習環境、こそアナタ自身

練習環境を、どう整えるのか。

これは、アナタ自身の実力です。

強い相手、選手としか練習しない人は、テニスという競技の本質を分かっていない。

強い相手にだけ練習して楽しい、練習した気になってる自己満足の塊でしょう。

男性なら、きちんと女性や初中級の人とも、打ち合う。

本当に上手い人、強い人は、いつだって真剣ですよ。

なぜなら、それが試合にそのまま活きることを知ってますからね。

練習環境を、自分でどう整えるのか、その中でどういうスタンスで挑むのか。

試合に出るテニス選手であれば、ここはすごく大事だと私は思います。

 



 

4.練習でやりやすい人、だけになってない?

私もつい、こうなってしまいがち。

ちょっとやり辛い人、をあえて入れる、自分が入っていく。

これが強いテニス選手に必要なんですよね。

球筋や配球、戦術でやり辛い感じを練習から感じておく。

アナタ自身、周りにとってそうならないとダメですよ。

ただ気持ち良く打ち合うだけなら、もう数年後にはロボットがやってくれるでしょう。

練習をやるのは、生身の人間。

このことだけは、しっかり覚えて意識していくようにしましょう!

 

試合で勝ちたいなら、練習を見直す。

内容もそうですが、そのメンバー自体、見つめ直してみる必要があるでしょう。

もちろん、格上の選手の中での練習は大事。

でも同じくらい、逆のメンバーの中での練習も大事なんです。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. テニス ストローク

    練習メニュー

    テニスのショットコントロールを改善できる秘密兵器、「ねらってーぷ」を試してみたら・・・?

    ストロークのコントロールを高めたい、と考えている人は多い。よく…

  2. テニス ロブ

    練習メニュー

    テニスコートを効率良く使って行う、「2対1のボレー対ストローク」の練習メニュー

    人数が多いときでも、しっかり2対1のラリー練習がしたい。特にボ…

  3. テニス 部活

    練習メニュー

    高校からテニスを始めても「上達して強くなる」為に、必要な意識4つ

    たくさん頂くメッセージやアンケートの中で、こんなご相談も多くなってきま…

  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    両手バックハンドストロークを安定させるのに、効果的な「変則ショートラリー」練習とは?

    バックハンドストローク、両手で打っている方はもっとパワーが欲しい。…

  5. テニス ストローク

    練習メニュー

    テニスにおいて、高レベルのダブルスの試合で増える「ストレートへの展開」の練習メニュー

    レベルの高いダブルスの試合では、必ずストレートリターンの展開が増えてき…

  6. 練習メニュー

    練習が締まるかどうか、を人任せにしてはいけない

    良い練習が出来るときと、あまり出来ないとき。この差って、みなさ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    メンタル

    備えあれば、憂いなし!「雨の日のテニスの試合」で有効な戦い方5つ
  2. テニス スライス

    ボレー

    ネットに詰めたときのポーチで、「ネットすれすれの低いボールが来たとき」には、慌て…
  3. テニス デビスカップ

    日々の雑記

    デビスカップ フランス戦の観戦で感じた事
  4. テニス スマッシュ

    フットワーク

    試合では、「はいキター、ありがとー!」という感覚で
  5. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの練習中、「足を動かして!」と言われても、ただバタバタ動かすだけだと疲れる…
PAGE TOP