テニス スライス

ボレー

ハーフボレーは、先に〇〇を作って完成!

試合で意外と使える、ハーフボレー。

ネットに近づけない、ロブを警戒しつつのポジションだと、これが使えないと厳しいですよね。

大事なのは、早く判断してハーフボレーの準備をすること。

型さえ出来てしまえば、あとはボールの力を利用するだけで簡単に返ります。

 

ハーフボレーは、先に〇〇を作って完成!

 


 

1.先に壁を作りましょう

ボールを打ち返す、壁を作る。

ハーフボレーはこれでもう、完成なんです。

バウンドしてラケットに当たる、そのラケットが壁になると思えば良い。

無理に動かしたり、操作しようとするからハーフボレーは難しくなる。

ボールがコートにバウンドして、どう跳ね返るのか。

それを、どういう壁でどういう向きで当てれば、相手コートに上手く飛んでいくのか。

難しく考えないで大丈夫です。

 

2.ボールは下から上にバウンドして来るから・・・?

どうセットすれば良いでしょうか?

ボールはバウンドして、上に跳ね上がって来る。

そのボールに対してしっかり壁になろうとするなら、ラケット面をは下を向くはず。

ノーバウンドのボレーとハッキリ、ここは変えましょう。

ハーフボレーで失敗する人は、この上方向へのバウンドを押さえ切れていないんです。

思い切って、壁を作って蓋をしてしまう感じ。

そうすれば、ボールは上に飛ばないで相手方向に飛んでいくでしょう。

 

3.腕で押し出すと、上手くいかない

ハーフボレーを、強引に腕でもっていこうとする人。

これは、上手くいきません。

たまに返ることはあるでしょうが、安定しないです、絶対に。

壁は出来るだけ、作ったら動かさない方が良い。

ですので、壁を作ってしっかりボールを呼び込む、引き付けるという意識が大事なんです。

最初に精度の高い壁が作れるかどうか、が肝ですね。

「一回落とそう!」と決めたら、もう壁を作る作業が完成しているくらいじゃないと。

相手のボールが自分のコートのどこに弾むのか、を見極めればもうほぼ成功です。

 



 

4.予測力を鍛えて、壁を作ろう!

相手のボールが自分のコートのどこに弾むのか。

これは、毎回神経を使って予測しましょう。

自分のコートに近付いてきてから判断、壁を作るなんて遅すぎです。

遅くとも、ネットを越えて来る前には壁が出来て補球体制が出来ている状態を目指しましょう。

ネットから遠い位置でのボレー、という時点でもう頭の50%はハーフボレーで良い。

それくらいがちょうど良いはずです。

 

5.お勧めの練習法

とにかく、たくさんハーフボレーを打ちましょう。

ボレーボレーをお互いにサービスラインに立って、遠く距離を取ってやってみる。

意図的に相手にハーフボレーさせるように、少し短く打ってみて下さい。

その後は、ボレー対ストロークでボレー側がサービスラインに立って、どんどんハーフボレーで深く返す。

壁を作って、余裕がある時だけ下半身を使って前に力を与えていく。

腕だけで押さない、ことを意識して練習してみて下さい。

 

ネットに近いところだけで、ボレー練習してませんか?

それ、試合では使えないと思った方が良い。

当然のようにロブが来ますし、後ろが守れないですからね。

ハーフボレーで返せるボールが増えれば、テニスの可能性は一気に拡がる。

ぜひ、意識して練習してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス コントロール

    ボレー

    試合で使えるネットプレーでのコントロールは、「コート全体の1/64」を最低限の目安にして、自分に厳し…

    テニスの試合で「コントロールが良い」とは、どの程度を指すんでしょうか?…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    テニスの試合では、「相手を追い込むボレー」の精度が勝敗を分ける!

    ネットプレー、ボレーに関しては、もしかしたら皆さん「誤解」している部分…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスのサーブ&ボレーで、「ファーストボレーが浮いてしまう」人がチェックしたい3つのポイント

    ダブルスの試合は、サーブ&ボレーを使うケースが多い。並行陣でプ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、ラケットを動かし過ぎな人は「左手意識」で解決!

    片手バックハンドボレー、試合の緊張した場面でしっかり決めるには?…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「ネットプレーでラケットヘッドが下がる」と、絶対良いプレーは出来ません

    ネットプレー、ボレーのときにはストローク以上に反応勝負。だから…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの基本は、「スタンス広めでその中間に頭」を意識すれば安定する

    ボレーに安定感が欲しい方。まずは、頭の位置をしっかり意識するこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 錦織圭

    ストローク

    浅いボールを攻撃出来ない人は、「足」から決めて形を作ろう
  2. その他

    学生時代にしっかり練習しないと、試合では勝てない?
  3. テニス サーブ

    メンタル

    「テニスコートは楽しい場所?」現役選手なら、その考えは甘いかも知れません
  4. テニス 不器用

    フットワーク

    接戦の試合は勝って良し、の後にどうすれば楽に勝てたかを考える癖を
  5. ストローク

    現代のテニス、ストロークに必要な「壁を作ってコンパクトに振り抜く」フォームを確認…
PAGE TOP