テニス ボレー

ボレー

ネットから距離があるポジションでのボレーでは、「ハーフボレーになる準備」を必ずしておくこと

「テニスが上手い!」と言われる人、色々な要素があると思います。

私がパッと見て上手い!と感じるのは「柔らかいテニス」が出来る人。

特にネットから距離があるネットプレーで、素早くハーフボレーに切り替える、その判断が出来る人は「上手い!」と感じてしまいます。

皆さんも、ぜひサービスライン付近でのネットプレーに、積極的にトライして欲しい。

そのためにも、今回はこのテーマで書いてみたいと思います。

 

ネットから距離があるポジションでのボレーでは、「ハーフボレーになる準備」を必ずしておくこと

 


 

■ハーフボレーに自信が無いと、ネットプレーは難しい

ネットプレー、と一言で言ってもその技術は様々。

ネットに近いときもあれば、遠いときもある。

特に並行陣で後衛を担うときには、ロブもケアしないといけないので少しネットから距離が出ますよね。

そんなときには、ハーフボレーという選択肢を持っていないと対応が難しい。

特に沈められるストロークが主体の現代テニスでは、しっかり引き付けてハーフボレー、ハーフバンドでの処理技術は必須です。

 

■ネットから遠いボレー、のメリットは「時間」

ネットから近いとボレーは楽、遠いと難しい。

こう考える人は多いでしょう。

ですが、ネットから離れた距離では、ある程度相手が打ってから「時間」を確保できる。

その間で判断出来れば、ネットに近い場所よりも返球しやすいのです。

そのためには、判断の中で「自分の目の前でバウンドさせるのか、ノーバウンドか?」を正確に出来ないといけない。

ハーフボレーにする、のであれば早めに足を止めて低い態勢を作る、のが第一ですね。

 

■ハーフボレーのグリップは、実はボレーと異なる!

私の感覚では、ハーフボレーのグリップはストロークに近い。

しっかりラケット面をかぶせて入ることで、ボールの飛ぶ高さを抑えることが出来るのです。

ボレーのグリップ、コンチネンタルグリップですと、ハーフボレーは浮いてしまいがち。

浮いてしまえば、相手のチャンスボールになってポーチされる可能性も高い。

ハーフボレーはアナタ自身、低く返球出来るように練習しておきましょう!

 

相手が沈めてきたときには、何も焦る必要はありません。

テニスは、ノーバウンドかワンバウンド、どちらかで返球すれば良い。

このルールを自分の中で、「なんて幅のある、楽なルールなんだ!」と感じれるかどうか。

これが感じられると、テニスはもっと楽しいですよ!

ぜひ積極的に、ネットプレーでのハーフボレー、磨いていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス 戦術

    ボレー

    硬式テニスのボレーは、「ラケット面をしっかり作る」からコントロールできる!

    ソフトテニス、軟式テニスを経験している方が硬式に移行した際に、難しい技…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    「俺はストローカー!」だけど、負けない為に押さえておきたいボレーの基本5つ

    「ストロークには絶対の自信がある!」という人も、試合ではそれだけだと厳…

  3. ボレー

    「ボレーで打つコースを隠す」ことができれば、ゆっくりしたボールでもポイントが獲れる

    テニスにおいて、ネットプレーでポイントが獲れない選手に共通しているのが…

  4. テニス ボレー
  5. テニス 練習

    ボレー

    ボレー対ストロークのラリー練習、「実戦の試合を想定して」大事な要素とは?

    普段の練習でもよく実践する、ボレー対ストロークのラリー形式。な…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    「ボレーがどうしても安定しない!」という人が身に付けるべき試合で使えるボレーのコツ4つ

    テニスを初めてまず最初に習うのがストローク、そして次にボレーという感じ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに威力が出ないのは、テイクバックが遅くて不十分だから
  2. メンタル

    良くない自分を、試合中に認めることで勝機を見出す
  3. テニス 準備

    戦術

    「失敗しても良いから」の言葉を、勘違いしてはいけない
  4. テニス リターン

    リターン

    シンプルな方法で動体視力を高めて「リターン最強軍団」を、一緒に作りませんか?
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「ラケットの真ん中より少し下側」で打つと、トップスピンロブは回転がかかりやすい!…
PAGE TOP