テニス ボレー

ボレー

ネットから距離があるポジションでのボレーでは、「ハーフボレーになる準備」を必ずしておくこと

「テニスが上手い!」と言われる人、色々な要素があると思います。

私がパッと見て上手い!と感じるのは「柔らかいテニス」が出来る人。

特にネットから距離があるネットプレーで、素早くハーフボレーに切り替える、その判断が出来る人は「上手い!」と感じてしまいます。

皆さんも、ぜひサービスライン付近でのネットプレーに、積極的にトライして欲しい。

そのためにも、今回はこのテーマで書いてみたいと思います。

 

ネットから距離があるポジションでのボレーでは、「ハーフボレーになる準備」を必ずしておくこと

 


 

■ハーフボレーに自信が無いと、ネットプレーは難しい

ネットプレー、と一言で言ってもその技術は様々。

ネットに近いときもあれば、遠いときもある。

特に並行陣で後衛を担うときには、ロブもケアしないといけないので少しネットから距離が出ますよね。

そんなときには、ハーフボレーという選択肢を持っていないと対応が難しい。

特に沈められるストロークが主体の現代テニスでは、しっかり引き付けてハーフボレー、ハーフバンドでの処理技術は必須です。

 

■ネットから遠いボレー、のメリットは「時間」

ネットから近いとボレーは楽、遠いと難しい。

こう考える人は多いでしょう。

ですが、ネットから離れた距離では、ある程度相手が打ってから「時間」を確保できる。

その間で判断出来れば、ネットに近い場所よりも返球しやすいのです。

そのためには、判断の中で「自分の目の前でバウンドさせるのか、ノーバウンドか?」を正確に出来ないといけない。

ハーフボレーにする、のであれば早めに足を止めて低い態勢を作る、のが第一ですね。

 

■ハーフボレーのグリップは、実はボレーと異なる!

私の感覚では、ハーフボレーのグリップはストロークに近い。

しっかりラケット面をかぶせて入ることで、ボールの飛ぶ高さを抑えることが出来るのです。

ボレーのグリップ、コンチネンタルグリップですと、ハーフボレーは浮いてしまいがち。

浮いてしまえば、相手のチャンスボールになってポーチされる可能性も高い。

ハーフボレーはアナタ自身、低く返球出来るように練習しておきましょう!

 

相手が沈めてきたときには、何も焦る必要はありません。

テニスは、ノーバウンドかワンバウンド、どちらかで返球すれば良い。

このルールを自分の中で、「なんて幅のある、楽なルールなんだ!」と感じれるかどうか。

これが感じられると、テニスはもっと楽しいですよ!

ぜひ積極的に、ネットプレーでのハーフボレー、磨いていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    試合で使えるのは、山なりなボレーという事実

    試合に出ていると、その必要性を再認識すること。ボレーって、なか…

  2. テニス リターン

    ボレー

    ストローク主体のプレイヤーは、「前におびき出して、ボディ狙い」で簡単に調理出来ます

    ボレーやネットプレーが苦手な相手は、ずっと後ろでストロークばかり。…

  3. ボレー

    フラットボレーは、肘を伸ばして打ち終わろう

    相手コートに押し込むボレー、フラットボレー。しっかりとネットに…

  4. テニス スライス

    ボレー

    自分のボレーを「下半身から重たいボール」にする、4つの秘訣

    自分のボレーに、「重たさ」はあるのか・・・。簡単にパッシングで…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーのパンチ力アップには、「軸足セット」がポイント

    ボレーのパンチ力アップ、みなさんの課題の一つじゃないでしょうか。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    「やっと届いたボレーなら、まず時間を稼ごう!」無理して大振りしても、ポイントを失うだけです

    ネットプレーでは、後ろでのプレーよりも守備範囲は限られてしまいます。…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 楽天

    戦術

    初対戦相手の試合こそ、その人の本当の強さが出る
  2. メンタル

    試合でミスを続けない人は、何を考えているのか?
  3. テニス サーブ

    サーブ

    フラットサーブに必要な、リストワーク4つ
  4. テニス リターン

    メンタル

    弱者のテニスに必要な5つの要素
  5. テニス メンタル

    メンタル

    思い出して欲しいのは、勝って嬉しい対戦相手は自分だったという事実
PAGE TOP