テニス ボレー

ボレー

「粘れるネットプレイヤー」に必要な、守備力を高めるオープンスタンスボレーの有効な使い方とは?

実際にテニスの試合の現場で求められるボレー、ってどんなイメージでしょうか。

もちろんネットに詰めてチャンスを決める!のも大事ですが、きっとそんなポイントは1ゲームに1回あるかないか。

それよりも、相手の攻撃をしのいだり、つなぐ中でミスを誘うようなボレー、ネットプレーの方が圧倒的に多い。

踏み込んだボレー、も基本として大事ですが、あまり足を動かさない「オープンスタンス」のボレーも必要。

試合でポイントに直結するのは、むしろそんな粘れるボレーだと私は思います。

 

「粘れるネットプレイヤー」に必要な、守備力を高めるオープンスタンスボレーの有効な使い方とは?

 


 

■足を動かさないボレー、打てますか?

まずは普段のボレーボレー、から見てみましょう。

しっかり足を動かすボレーも大事ですが、あえて両足をほとんど動かさないようなボレー、でラリーすることは出来ますか?

オープンスタンスはストロークだけでなく、ボレーでも使えるようにしておくと便利です。

特に正面に来たときのボレーや、相手の速いボールをブロックして返球するようなときには、まずしっかりラケット面を作って返球することを優先してみましょう。

きっと相手は「粘られてるな・・・」とプレッシャーに感じてくれるはずです。

 

■守備力が高いボレーは、少しバックハンド寄りに構える

私はいつも、ボレーではあえてバックハンド寄り、で待つようにしています。

感覚では6:4くらいでバック側に比重を置いて、構えはシンプルにしておく。

どうしてもフォアハンドで待ちたくなってしまいますので、実は6:4くらいでもバックハンドはちょうど良い。

守備力を高めたければ、即ちバックハンドボレーをいかに鍛えるか、準備するかが大事なのです。

 

■足を前に出さない、ボレーで「深さ」を出すには・・・?

でもしっかり踏み込まないと、ボレーが浅くなってしまう可能性も高い。

そこは、しっかり軌道を山なりにすることで補えます。

ボレーのときに、しっかり上から入って少しボールの下を触る。

山なりなボールで十分、スライス回転がかかっていればなお良し、で効果的なボールになります。

大事なのは、しっかり深くつなぐ、という意識。

ストロークを低い打点で打たせる、くらいの感覚でリラックスして相手と向き合いましょう。

力んでも、何も良いことはありません。

 

まずは普段の練習からボレーボレー、そしてボレー対ストローク、で試してみましょう。

「横着なボレーの打ち方をするな!」と言われそうですが、実際に試合では足を動かせない場面もある。

あえて少し、速めにボールを打ってもらって練習する、と効果的です。

粘れるボレーは、特に並行陣の後衛のときに大活躍。

テニスの粘り、を自分で身に付けるには必要な技術です。

ぜひ、頑張ってみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    フォアハンドボレーでパンチ力を出したければ、「後ろではなく上」にラケットをセットしよう

    フォアハンドボレー、の決定力は、シングルスでもダブルスでも必要。…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    「チャンスのようで打ちにくいかも・・・」ネットに詰めて決め切るボレーのコツ5つ

    テニスの試合では、シングルスでもダブルスでもネットに近い位置で打つボー…

  4. テニス メンタル

    ボレー

    女性でもシニアの方でも試合で楽に打てる、ドロップボレーは先にラケットセット型で!

    アンケートでご相談頂いた内容の中で頂いた、「ドロップボレーが上手く打て…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドボレーにパンチ力を出したい!」男性プレイヤーに試して欲しい打ち方とは?

    男性のプロテニス選手の試合を観ていると、特に一般プレイヤーとの差で目立…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    苦しいネットプレーこそ、最後までボールを見よう

    球際に強い選手が、ネットプレーもしぶとい。飛びつくようなボレー…

特集記事

  1. テニス 不安

    その他

    テニスの部活やサークルの中で、「周りが自分に合わせてくれる」ことをどこかで期待し…
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュでネットミスが多い人は、「ラケット面下半分」にボールが当たっている可能…
  3. テニス ストローク

    リターン

    ミックスダブルスのリターン、男性は女性サーブこそコンパクトに振っていかないと
  4. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「サーブを打つ前に、どこを見る?」基本的な順番から覚えましょう!
  5. テニス 守備

    フットワーク

    テニスの試合では、シングルスでもダブルスでも、「コート全体」を守る必要はありませ…
PAGE TOP