テニス ボレー

ボレー

「粘れるネットプレイヤー」に必要な、守備力を高めるオープンスタンスボレーの有効な使い方とは?

実際にテニスの試合の現場で求められるボレー、ってどんなイメージでしょうか。

もちろんネットに詰めてチャンスを決める!のも大事ですが、きっとそんなポイントは1ゲームに1回あるかないか。

それよりも、相手の攻撃をしのいだり、つなぐ中でミスを誘うようなボレー、ネットプレーの方が圧倒的に多い。

踏み込んだボレー、も基本として大事ですが、あまり足を動かさない「オープンスタンス」のボレーも必要。

試合でポイントに直結するのは、むしろそんな粘れるボレーだと私は思います。

 

「粘れるネットプレイヤー」に必要な、守備力を高めるオープンスタンスボレーの有効な使い方とは?

 


 

■足を動かさないボレー、打てますか?

まずは普段のボレーボレー、から見てみましょう。

しっかり足を動かすボレーも大事ですが、あえて両足をほとんど動かさないようなボレー、でラリーすることは出来ますか?

オープンスタンスはストロークだけでなく、ボレーでも使えるようにしておくと便利です。

特に正面に来たときのボレーや、相手の速いボールをブロックして返球するようなときには、まずしっかりラケット面を作って返球することを優先してみましょう。

きっと相手は「粘られてるな・・・」とプレッシャーに感じてくれるはずです。

 

■守備力が高いボレーは、少しバックハンド寄りに構える

私はいつも、ボレーではあえてバックハンド寄り、で待つようにしています。

感覚では6:4くらいでバック側に比重を置いて、構えはシンプルにしておく。

どうしてもフォアハンドで待ちたくなってしまいますので、実は6:4くらいでもバックハンドはちょうど良い。

守備力を高めたければ、即ちバックハンドボレーをいかに鍛えるか、準備するかが大事なのです。

 

■足を前に出さない、ボレーで「深さ」を出すには・・・?

でもしっかり踏み込まないと、ボレーが浅くなってしまう可能性も高い。

そこは、しっかり軌道を山なりにすることで補えます。

ボレーのときに、しっかり上から入って少しボールの下を触る。

山なりなボールで十分、スライス回転がかかっていればなお良し、で効果的なボールになります。

大事なのは、しっかり深くつなぐ、という意識。

ストロークを低い打点で打たせる、くらいの感覚でリラックスして相手と向き合いましょう。

力んでも、何も良いことはありません。

 

まずは普段の練習からボレーボレー、そしてボレー対ストローク、で試してみましょう。

「横着なボレーの打ち方をするな!」と言われそうですが、実際に試合では足を動かせない場面もある。

あえて少し、速めにボールを打ってもらって練習する、と効果的です。

粘れるボレーは、特に並行陣の後衛のときに大活躍。

テニスの粘り、を自分で身に付けるには必要な技術です。

ぜひ、頑張ってみて下さい!

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    足下のボレーは難しい?本当に?

    テニスの技術の中で、難しいとされるもの。その典型例が、ローボ…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    どんなに身体に近いボレーでも、1歩で踏み込まずに2歩で打てれば安定感が増す

    身体に近いところの、ボレーは難しい。そう感じること、ありますよ…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの試合の中で、「ネットプレーを磨きたいけど、ポジションがよく分からない…」人は、はっきりメリハ…

    テニスの試合、特に学生の大会ではストローク技術が主体となる傾向が強い。…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    相手のハイボレー、の後が狙い目!

    相手が高い打点で、ハイボレー!一見ピンチのようですが、逆にチ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰めたハイボレーなら、ラケットを振るよりむしろ「引く」感覚が大事

    ネットに詰めて、ハイボレー!これをチャンスと見るのか、そうでな…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    サーブ&ボレーのファーストボレーこそ、先に面作りをして安定感をアップ

    前に出た時に難しい、ファーストボレー。たくさんやるべきことを考…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    せっかくサーバーの相手を追い詰めているのに、「セカンドサーブを強打してミス」する…
  2. 戦術

    「これが上達の証」テニスの試合で安定感を身に付ける為に、上達していくフェーズがあ…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    バウンド地点を瞬時に判断、出来るようにトレーニングしましょう
  4. テニス ダブルス

    戦術

    苦しい時に前に出る、選手が最後には勝利を手にする
  5. テニス コントロール

    ストローク

    ドロップショットは、相手の戻る逆を突くから効果が増す
PAGE TOP