テニス ガスケ

その他

アナタが「プロテニス選手になりたい」、のであればテニス以外にもこんな特技があると便利です

私がレフェリーやディレクターとして、日本で開催されるフューチャーズやチャレンジャー大会、またはJTAの大会に参加してきて感じるのは、「プロテニス選手」という片書きにも色々ある。

遠征をサポートされている選手から、ほぼ賞金だけで節約しながら回っている選手、テニス以外にも副業がある選手。

皆さんの中にも、プロ選手として食べていきたい!と思っている方、いるんじゃないでしょうか。

私は思うんですが、試合に強い、勝つこと以上に、プロ選手には求められる力や特技、あると思うんです。

 

アナタが「プロテニス選手になりたい」、のであればテニス以外にもこんな特技があると便利です

 


 

■テニスの試合、大会は情報戦である

どんな大会がいくらの賞金で、誰がエントリーしているのか。

こういった情報は、現代ではインターネットを駆使して自分なりに調べることが可能です。

草トーの大会でも、そうですよね。

プロ選手なら自分で出場する大会を選び、勝ち抜くまたは負けてしまえば残りの日程をどう過ごすかを決める。

試合を選ぶ力、センス、すごく大事です。

その為には、根拠となる情報源が必要。

時は金なり、という言葉がありますが、平等に流れている時間をどう使うか・・・が、選手本人にも求められる。

人のつながり、インターネット、あらゆる情報網を駆使して、自分にとって最適な道を日々選んでいかないといけません。

 

■どこでも寝られる、疲労回復出来る力は大きなアドバンテージに

一般の大会では、プロの試合と言えども賞金額は低い。

シングルスで優勝しても、3万円くらい・・・なんてグレードもざらです。

1週間の生活費、としては足りないこの額をいかに工夫するか。

車中泊や民宿に住み込み、友達を頼ったり、色々な人がいました。

どこでも寝れて疲れが取れる、または料理や掃除が出来て宿を貸してもらったときに恩返し出来る、なんて特技もあると良いでしょう。

それくらい、1週間以上続くテニスのトーナメントを勝ち抜くには、環境を自分で整備していくのにも実力が問われると思います。

だからこそ、なかなかプロ意識が育ちにくい・・・という問題もありますが、こういった苦労は私は必要なステップかなと。

この辺りは、色々な意見があるでしょう。

 

■テニスの試合を通じて、どんな価値をお金に出来るか?

プロ選手は試合の無いとき、はプライベートレッスンやスクールでのレッスンを行うケースも多い。

もちろん大事な試合で結果を出しつつ、ですが、試合で得た経験や価値を、自分でどう「お金」に変えていくかを考えることも大事なこと。

ひと昔前までは、試合での賞金とプライベートレッスン以外はほぼ収入ゼロ、みたいな方が当たり前でした。

でも今は違います。

インターネットがあり、色々なサービスをツールとして使って自分の価値を拡げていける可能性、は大きくなっています。

文章を書くもよし、魅力的な写真をインスタにアップしていくも良し、自分のファンを付けていく動きはアナタ次第でいくらでも出来る。

ぜひ、自分なりのプロテニス選手生活、考えてみて下さい。

 

「自分は実力も無いし、縁が無い話だな」

と思った方もいるでしょう。

ですが、これってテニス以外にも通じる部分だと私は思います。

自分を知ってもらう、ファンを創る、お金に変えていく仕組みって、どんな仕事にも近い要素。

特に大学生の方は、これからテニスを通じて色々なことを考えていって欲しいと思います。

ぜひ国内でも色々なプロ選手が大会に参加してますので、皆さん応援してあげて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. その他

    「ラケット選びは新しい自分との出会い」テニスの試合で強くなる自分とラケットの関係

    高校でテニスを始めたキッカケは単に両親、特に父親のラケットが家の中にゴ…

  2. その他

    「攣りやすいあなたへ」テニスの試合に出る選手は、対処と準備を覚えておくことが大切

    暑いこの時期、練習、試合と皆頑張って動きまくっていると、大量の汗をかい…

  3. テニス 指導
  4. その他

    テニス部内で士気を下げる、「テニス評論家かぶれ」は必要ありません

    皆さんの周りに、こんな人はいませんか?テニスついてやたらと詳し…

  5. テニス メンタル

    その他

    テニスの技術は、「人それぞれ、個性的で良い」はテニスコーチの責任放棄だと思う

    日本には「基本を大事にする」という文化が、スポーツ界には根強い。…

  6. その他

    YouTubeチャンネルを成長させる、たった2つのコツ

    今回は、私が運営しているYouTubeチャンネルについて。ま…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に名前負けしてしまうのは、結局「自分が可愛くて、守りたい」から
  2. ダブルス

    ダブルスの試合で「ポーチをふかしてしまう・・・」人にお勧めのテイクバックと準備の…
  3. その他

    テニスの基本グリップは、小指を余らせるとリラックス出来てショットが伸びる
  4. リターン

    ショートクロスリターン、からの展開でダブルスは楽に戦える
  5. テニス メンタル

    ボレー

    ファーストボレーで無理してばかりでは、並行陣で戦えない
PAGE TOP