テニス メンタル

その他

「打てるもんなら、打ってみろ!」で、良いんです

自分に自信が無い、試合で迷いが消えない。

すごく、気持ちは分かります。

でも、私はハッタリでも良いので、こういう気持ちは大事だと思っています。

結果的に打っているボールが最高じゃなくても良い。

気持ちを込める、とはこういうことですから。

 

「打てるもんなら、打ってみろ!」で、良いんです

 

1.自分のボールに、言葉を込める

きっと、みなさん謙虚過ぎ。

これは、試合に勝つという上では障害にしかならない。

自分の打つボール、にもっと気持ちを込める、言葉を込める。

テニスのようなスポーツでは、アナタ自身が打つボールが、アナタ自身です。

自分の打つボールに、しっかり意志を持つ。

「大したボールじゃないんだけど」という方もいるでしょう。

でも、それが解消されるのはいつ・・・ですか?

 

2.どんなレべルになっても、ゴールは無い

結局、どのレベルにいってもゴールは無い。

ずっと満足できないまま、試合を繰り返し、結果を出していくのがテニス選手です。

「いつか、自分が満足のいくボールが打てるのでは」と思っている人、残念。

上手くなれば目標も上がるし、周りにはもっと凄い人も増える。

だからこそ、今の自分のレベルで「打てるもんなら、打ってみろ!」の精神で良い。

この言葉を込めるだけで、きっと試合では勝てるようになると思いますよ。

 

3.出し切る癖、が付くから強くなる

「打てるもんなら、打ってみろ!」と思って打つボール、は出し切ったボール。

アナタの今出せる力を、出し切っていると思いませんか?

こういう言葉、で自分にプレッシャーをかけるだけで、出し惜しみしない選手、になれる。

出し切る癖を付けない人は、成長も遅い。

どこかで、自分を出し惜しみして隠している人、がほとんどですからね。

言い訳出来る幅を、残しておきたいと思うのが普通です。

出し切るからこそ、見えた課題が本当の課題、になる。

これは、学生のみなさんだけじゃなく、一般やシニアのみなさんでも同じ、だと私は思います。

 

4.人は人の、気迫を感じる動物です

やっぱり、怖いんですよ。

「打ち返してみろ!」という、気迫。

これを感じると、何でもないようなボールが、すごく重く速く感じる。

だからこそ、アナタ自身がしっかり、この意識を持つこと。

言葉を、ボールに込めること。

それで打ち返されたら、相手が上だったということですから。

何も、やっていることは間違っていない。

だから胸を張って、堂々としてれば良いんです。

 

言葉は人を変えます。

強気な言葉を持っておけば、必ずその人にも強気なメンタルが宿る。

テニスの試合は、戦いです。

「打てるもんなら、打ってみろ!」

「返せるもんなら、返してみろ!」

という気迫、大事にして欲しい。

試合に勝ちたいなら、周りに伝わるくらいでちょうど良いですよ。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. その他

    自分で工夫や努力が出来ないのに、「周りに助けだけを求める人」は絶対にテニスも成長出来ない

    テニスを頑張っている人は、世の中に多い。ですが、本気で自分自身…

  2. テニス メンタル

    その他

    「笑っちゃうくらい面白い」とテニスの試合で感じれるようになれば・・・

    「笑いながらプレーしてるね。」よくそう言われる。確かに…

  3. テニス メンタル

    その他

    「テニススクール通いで試合に強くなる」為に必要な意識とは?

    読者の皆さんの中にも通っている方が多くいるであろう、テニススクール。…

  4. テニス ボレー

    その他

    「こっち側には絶対来ない!」と思い切れるかどうかが、テニスの試合では予測力の差になります

    テニスの試合で反応が良い選手、予測が鋭い選手、試合で強いですよね。…

  5. テニス イベント

    その他

    テニス選手として成長しないなら、出来るだけ早い時期に「本物」を観ておこう

    私自身、中学高校と全国大会とは無縁だった。大学は体育会に入った…

  6. テニス メンタル

    その他

    「普通に素振り練習しても、テニスの試合で勝つのは難しい・・・?」だからこそ工夫が必要なんです

    テニスの上達において基本となる練習、素振り。「なんだ古臭い・・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「速いスィングは何の為?」テニスの試合では緩急の使い分けがポイント
  2. ストローク

    片手バックハンドでパワーが欲しければ、アノ裏ワザしかない
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「ストロークの威力をワンランクアップさせたい!」と考える人は、イン…
  4. テニス メンタル

    その他

    なぜテニスプレイヤーのみなさんは、最初から完璧を求めてハードルを上げるんだろう?…
  5. テニス 準備

    練習メニュー

    「ノーバウンド限定」のボレー対ストロークの練習は、ロブを混ぜながらハードにやって…
PAGE TOP