テニス メンタル

メンタル

勝ちたいという想いが周りに伝わらない選手は、最期まで勝てない選手で終わる

テニスの試合に勝ちたい、という想いは皆さん、胸の中に秘めているはず。

どちらかと言えば、表に出すのは恥ずかしい、みっともない・・・と思う方が多いと思います。

私も、そうでした。

でも、最近改めて思うのは、言葉にしたり表現するのは大事だということ。

勝ちたい気持ちって、抑えてても損するだけかも知れません。

 

勝ちたいという想いが周りに伝わらない選手は、最期まで勝てない選手で終わる

 


 

1.間違った方向に出す人は、大問題

よくあるのが、セルフジャッジをおかしくする人ですね。

勝ちたいあまりに、自分に優位にジャッジしていくのは大問題です。

これはただ、自分をコントロール出来ていない、テニス選手として失格というだけの話。

勝ちたいという気持ちは、正しく表現していく、周りに伝えていく。

これは、自分で意識しないと出来ないことでしょう。

 

2.「どうやらアイツは、試合に勝ちたいらしい」と、周りが感じるようになると・・・?

何が起きるでしょう?

まず、自分より強い選手と練習する機会が広がります。

強い相手、テニス選手は、「上手い人と練習したい」と思っているだけ・・・だと思いますか?

違います。

「試合に勝ちたい」と本気で考えている人、と練習したいんですよ。

実力差があっても、試合に勝ちたいモチベーションが近い人同志の練習はすごく内容が濃い。

アナタ自身、今の練習環境を一歩打破していくには、周りに「何だかアイツは、すごく勝ちたいらしい」と思われるくらいじゃないと。

言葉にしたり、試合中に少し声を出したり、何より練習でしっかりミスを少なく、一生懸命に出来るかどうか。

テニスの世界って、不思議と誰かが観てくれているものですからね。

 

3.「勝ちたい」と口にすることは、誰にでも出来ることじゃない

まず、恥ずかしいですよね。

「本気になる」ということを周囲に明かすのって、勇気が要ります。

余力を残している風、にしたいじゃないですか、負けた時の言い訳用に。

でも、それだとやっぱり、勝てない選手で終わってしまう。

恥をかかない、でテニスしてきたことを、いつか後悔する日が来るかも知れない。

それに、学生の皆さんは学生時代のテニスが出来る期間は、短い。

後から後悔しても、インターハイ予選の朝には戻れない訳です。

変わるなら今、かも知れませんよ。

 

私自身、このサイトを更新するようになってテニスも変わりました。

勝ちたい、と本気で思わないと、勝ちたいと本気で思っている人にメッセージは届けられない。

だからこそ、自分でも言い訳出来ない環境に自分を置いていく。

きっと、まだまだなんですけどね。

でも、これからも本気で、書き続けていきたいと思います。

テニスで勝ちたい、そういう想いを全面に正しく出す人を、私は応援し続けます。

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス 部活

    メンタル

    試合の流れが相手にいきかけた時には、「しっかり自分が得意な攻撃」からリズムを戻すことが大事

    試合の流れが動く中で、大事なのは相手の流れになったとき。自分ノ…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    No.1になる選手は、大量リードでも絶対に気を緩めたりしない

    テニスの試合は、どんなにリードを奪っても1セットでは5-0。5…

  3. テニス ミーティング

    メンタル

    みんなが望む結果は、テニスの試合では得られない

    大坂なおみ選手の優勝、その表彰式が物議を醸しています。私自身、…

  4. テニス フェデラー

    メンタル

    「長いラリーのポイントを獲った後」には、声を出して鼓舞していこう

    テニスの試合は、孤独。コートの上では、基本的に一人で戦っていか…

  5. テニス 走力

    メンタル

    テクニックを嫌う人は、いつまで経っても勝者の側にはいけない

    試合に勝つテクニック。それはどこか、「姑息な手段」とも捉えられ…

  6. テニス 夜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの守備こそ、激しさが求められる
  2. テニス メンタル

    メンタル

    もうすぐ試合が終わると思った瞬間に、アナタの思考は停止する
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合の現場で絶対に欲しいポイント、をイメージしながら練習しないと
  4. ボレー

    初中級までのボレー、実は打点前過ぎる
  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合の1ポイント目、いきなりネットダッシュ!
PAGE TOP