テニス ミス

その他

小さな一つ一つのミスを真摯にとらえることが出来なければ、どんな練習をしてもテニスは強くなりません

全国大会の団体戦を観ていて、感じることがある。

この選手たちは、普段の練習からどれだけ一つのミスに「神経質」になれているのだろうか?

大事なポイント、絶対落としたくないポイントで普段の練習を悔いても遅い。

何気ないミスは、普段は誰も指摘してくれないし自分で意識するしかない。

改めて、私自身の自戒も込めて今回はこのテーマで。

 

小さな一つ一つのミスを真摯にとらえることが出来なければ、どんな練習をしてもテニスは強くなりません

 


 

■テニスは練習をすれば、誰でも上手くはなる

テニスの技術も、一つ一つは反復動作。

同じ動きを身体に染み込ませれば、ある程度上達するのは当然のこと。

ですがそこから先、試合に強くなれるかどうかは人によって差が出るところ。

確かに練習量や環境によって差は出ますが、それ以上に大事なのは練習のときのミスに対する意識。

この感覚は、常に自分自身で見直す必要があります。

 

■個人スポーツでの失敗は、誰もが無関心

団体競技であれば、自分のミスがチームの失点になる。

この意識は、きっと普段の練習から自分自身に厳しく接することの源泉になる。

ですがテニスは違います。

勝も負けるも、自分自身の責任。

自分自身が、一つの失敗に対して、都度本当に悔しいと思えるかどうか。

だからこそ、練習時のミスも自分自身でどう捉えるかによって、その意味合いが変わってくるのです。

 

■ミスしない人はいないけど、反省しない人はいる

人間、いつでも完璧な人なんていません。

むしろ、失敗を繰り返しながら試行錯誤して、成功する「確率」を上げていくのが強くなる人の特徴。

ラケットの真ん中に当たらなくても、しっかり動いて諦めずにボールを追う、考えてテニスをする。

こういった部分でのミスは、絶対に減らせます。

そしてミスしてしまっても、反省して繰り返さないようには誰にでも出来ます。

この部分、やるかやらないかで、「上手い」と「強い」の差になっていくと私は思います。

 

全国レベルの団体戦でも、上手い選手は多くても「強い」選手は少ない。

強さはパッと見では分からなくても、試合を4ゲームくらい観ていれば感じることができる。

普段の練習から一つ一つのボールとミスを大切にし、しっかり自分と向き合うことが出来ていれば、試合でも自信のあるプレーが出来る。

1日、1日、1球、1球。

積み重ねを意味のあるものにして、強いテニス選手になっていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス 環境

    その他

    「忙しくて時間が無い」という人に、テニスの上達は難しい

    私の周りでも、こういう方はとっても多いです。でも、同じくらい多…

  2. テニス ボール

    その他

    テニスの試合で「対戦相手にボールを渡すとき」に、注意したいマナー4つ

    テニスの試合は基本的にセルフジャッジで、ボールパーソンも無し。…

  3. テニス ボレー

    その他

    大会のエントリー費が高いか安いかは、アナタ次第

    テニスの試合の、エントリー費。これって、みなさんどう感じますか…

  4. テニス 準備

    その他

    テニス部やサークルの後輩に指導するときには、「自分の言葉に説得力があるのか?」を考えてから

    高校生の皆さんは3年生が引退し、主将の代が変わる時期。これから…

  5. テニス メンタル

    その他

    「考える」ことは誰でも出来るけど、「考え抜く」ことは一握りの人しか出来ない

    「テニスについて、自分でも考えるようになりました」というお声を…

  6. テニス フットワーク

    その他

    テニスの試合ですぐに足が疲れてしまう人は、「つま先を使い過ぎて負担が大きい」のかも知れません

    テニスの試合は、実際にスタミナ勝負なところが否めません。ですが…

特集記事

  1. テニス 格上相手

    メンタル

    テニス界では、意外と「努力を周りに見せたい人」ばかり
  2. ボレー

    ドロップボレーは、反応で打てるようになろう
  3. フットワーク

    相手が打つ前に、攻撃的なポジショニングが取れているか?
  4. テニス ボレー

    戦術

    イメージ通りのカウントを作っていく、ことがメンタルの安定につながる
  5. テニス クレーコート

    シングルス

    シングルスの試合で身に付けておきたい、両者ネット際での攻防を制するコツ4つ
PAGE TOP