テニス 確率

戦術

テニスの試合で一番嫌なのは、「何かを仕掛けて来る選手」じゃないですか?

対戦していて、嫌な相手。

それは、何かを仕掛けてくる相手、でしょう。

ショットそれぞれは大したこと無いように見えて、計算されている。

オーソドックスなコースよりも、変わったコースを多く使ってくる。

こういう相手には、どう対応していけば良いのか。

アナタ自身、試合で勝ち上がっていくには考えておかないといけない。

「大したことない相手に負けた」なんて思っていると、ずっとそのまま勝てないですよ。

 

テニスの試合で一番嫌なのは、「何かを仕掛けて来る選手」じゃないですか?

 

1.勝ちたいという相手の意志を、見くびるな

ここからまずは、しっかり覚悟すること。

何かを仕掛けてくる、工夫して来るような相手は勝ちたいという意志が凄い。

この意志を、アナタ自身でしっかり受け止めて、迎え撃たないと試合には勝てないでしょう。

相手は色々なことをしてくるし、コースを突いてくる。

普段の練習では無いような、「迷い」が生じるはずです。

この迷いこそ、相手の作戦の大きな狙い。

アナタ自身、迷っても良いですがしっかり結論を出すこと。

結論を出したプレーが出来れば、怖くはありません。

 

2.テニスでは、コースは最後には1カ所にしか打てない

アナタがボールを打つときに、迷いが生じる。

相手がすごく動いて来るから、ストレートか・・・いや、罠かも知れない・・・ロブも読まれてそうだし・・・。

こう考え出すと、キリがない。

考えるのは、プレー前、ポイント間のみ。

ポイントに入るときには、しっかり結論を出して入ることが大事。

どんなに悩んでも、テニスはボールが1つですから1つのコースにしか打てない競技。

迷えば迷うだけ、そのコースへのボールの威力、精度は落ちていきます。

こういう「何か仕掛けてくる相手」に対しては、早めに迷いを断ち切る。

これだけで、だいぶ試合がしやすくなりますよ。

 

3.心理戦、上等!の精神で臨もう

これは、アナタ自身の強みにして欲しい。

駆け引きや揺さぶり、心理戦は、大歓迎のスタンスでいきましょう。

相手の眼を見て、しっかりプレーする。

会話するように、ラリーする。

その中で、たまに相手の作戦にはまることもあるでしょう。

でも、慌てない。

仕掛けて来られても、まずはしっかり相手コートに落ち着いて返球すれば良い。

ちょっとした奇襲は、大歓迎のスタンスでいきましょう。

相手は、アナタを慌てさせようと思っている訳ですからね。

しっかり、どっしり構えていれば良いんです。

 

4.何よりこういうタイプの選手を、見下さないこと

アナタの周りでも、いませんか?

小細工と小手先で勝とうとする選手を、小馬鹿にするような感じの人。

特に男性で多いように思います。

そういう人とは、距離を置いた方が良い。

試合に勝ちたいと思って必死になっている人、を見下すような行為は、全部自分に返って来ます。

何かを仕掛けてくるような相手は、本当に手強いし試合で強い。

だからこそ、覚悟して準備して挑んでいく。

テニスらしい試合、がきっとそこには待ってますからね。

 

アナタ自身も、ぜひ仕掛ける側の選手になって欲しい。

仕掛けることが出来る人は、仕掛けられる側の選手の気持ちも分かる。

そのまた逆もしかり、ですね。

やってみないと分からないことって、たくさんあります。

ぜひ、普段の練習からお互いに仕掛け合い、テニスらしいラリー、ゲームを楽しんで欲しい。

きっとそういう選手が、試合に強くなる。

私はそう思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  5. ご質問頂いた件につきまして

関連記事

  1. 戦術

    みんなテニスのおけるコントロールの精度を、甘く見過ぎ

    ベテランテニス、のみなさんと試合をするようになって、感じること。…

  2. テニス ボレー

    戦術

    テニスの試合で、崩れた相手に確実に勝つ方法4つ

    テニスの試合、相手がどんどん崩れていく・・・ようなこと、ありますよね。…

  3. テニス 練習

    戦術

    テニスの試合では、精神的なプレッシャーはデュースサイドの方が少ないはず

    今回も、あくまで私の考え、です。異論反論、賛否両論あるでしょう…

  4. 戦術

    死んだボールは、打ち込まない

    みなさんも試合の中で、経験があるじゃないでしょうか。相手の死…

  5. 戦術

    アグレッシブにいく、その線引きは?

    試合の中で、どこで攻撃的にプレーするのか。具体的なスコア、ゲ…

  6. テニス 部活

    戦術

    真面目に正攻法、なテニスでは勝てる相手が限られてくるのは当たり前

    テニスの試合に勝つ。この目指すことに向けて、アナタ自身どうやっ…

特集記事

  1. ダブルス

    ダブルスのペアと考えたい、「自分はデュースサイド、アドバンテージサイド、どっちが…
  2. その他

    周りの後輩みんなの態度が悪いなら、チーム全体の仕組みや工夫の部分で何かが足りない…
  3. テニス 書籍

    テニス知識

    テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    サイドスライスで相手を走らせれば、楽にポイントを取れる
  5. テニス シングルス

    フットワーク

    「テニスコートを広くカバーできるフットワーク」を身に付ける為に、意識したい切り返…
PAGE TOP