テニス ボレー

戦術

サービスダッシュして「ガッツリ足元に沈められてる」のなら、一度雁行陣で対応しよう

自分の美学を貫くこと。

すごく美しいようですが、試合の中ではそれは危険な発想にしかならない。

例えば並行陣、これにこだわっているダブルスプレイヤーは多いですよね。

でも、よく考えてみて下さい。

このストローク、リターンが隆盛を極める時代に、ずっと前に出続けるなんて危険。

だからこそ、用意しておきたいのは「雁行陣」なんです。

 

サービスダッシュして「ガッツリ足元に沈められてる」のなら、一度雁行陣で対応しよう

 

1.タイミングが合う相手、は必ずいる

アナタ自身が、最高にサーブの調子が良い。

フットワークも軽くて、誰でも並行陣、サーブ&ボレーで追い込めそう・・・と思っても、それは相手次第。

たまたま、アナタのサーブのタイミングがリターンで合うような相手かも知れない。

こういうことって、試合でよくあります。

自分の調子が良いからこそ、サーブ&ボレーを貫きたいという気持ちは分かりますが・・・でも、ガッツリ毎回足元に沈められる。

ナイスリターンが続いているのなら、変える必要がありますよね。

ここで、雁行陣という選択肢があるかどうか、です。

 

2.並行陣へのナイスリターンは、雁行陣で無効化出来る

足元に沈めるようなリターンは、言わば「浅いリターン」ですから。

雁行陣、つまりサーブを打ってそのままベースライン上でストロークで対抗していくような陣形にとっては、すごくやりやすい。

浅いリターンですからそのまま攻撃もしやすいので、ストレートへの展開も楽ですよね。

相手はナイスリターンを打っているつもりでも、「あれ?前に居ない・・・」となる訳です。

この揺さぶりが出来れば、相手のリターンのリズムも崩れていく。

何より、その浅いリターンをじっくりアプローチして前に出れば良いじゃないですか。

相手からすると、すごくやり辛いと思いますよ。

 

3.「アプローチ&ボレー」大作戦!

私は、こう呼んでいます。

基本は並行陣ですが、あえてたまに雁行陣を入れて、浅いリターンを引き出す。

そしてそのリターンを、アプローチショットとして打って前に出る。

この形、すごく楽だしポイントが取りやすいんですよ。

並行陣を主体にする方は、ストロークは苦手な方が多いですよね。

であれば、ずっと雁行陣で戦うのは辛い。

浅いリターンから前に出る、このアプローチ&ボレー大作戦を実行してみませんか?

私が使ってきた限りだと、特にミックスダブルスのような試合で効果的です。

相手はナイスリターンのつもりが・・・あれ!?となりますからね。

 

4.サーブを沈めるの大好き、スーパーリターナーは多い!

草トープレイヤーで、本当に多いんですよ。

今や、リターン側が優位なのは仕方ないですね、男子ダブルスも、です。

日本トッププロの試合でも、男子ダブルスは雁行陣が多い。

それだけ、みんなリターンでサーブ&ボレーを崩されているということです。

トップレベルの選手でも、自分の美学を貫かないで柔軟に対応している。

要所では、しっかり前に出ますけどね。

この柔軟性、私たちにも絶対に必要です。

並行陣と雁行陣、しっかり使い分けていきましょう!

 

私も、7:3くらいの割合で、雁行陣を混ぜていきます。

自分のサービスゲームで、流れが悪いとき、ちょっとじっくりいきたいときは、あえての雁行陣で戦ってみる。

この判断は、大事だと思いますよ。

ぜひ、みなさんのも試してみて下さい。

ダブルスですから、しっかり事前にパートナーと打ち合わせしておくこと。

「次は雁行で行くね」という声かけ、で前衛もかなりやりやすくなる。

ダブルスらしいペア、になっていくと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス 環境

    戦術

    試合をこなす、から、「計る」に変えていこう

    来年は、自分を変えていきたい。試合で勝てるような選手になりたい…

  2. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合では、「ボールの滞空時間を作り、奪い合うこと」が勝利への鍵になる

    テニスのラリーの中で、意識して欲しいのは時間の奪い合い。ここに…

  3. 戦術

    集中力とは、整理する力

    テニスの試合で、集中力が欲しい。そう考えている方は、チャンス…

  4. テニス リターン

    戦術

    試合に勝ったときにこそ「考える」選手は、強くなる

    テニスの試合って、引き訳が無い。究極、勝ちか負け、しかありませ…

  5. テニス ハードコート

    戦術

    「正直、団体戦が苦手・・・」な人こそ、私はチャンスがあると思います

    最近頂いたご相談の中で、こういう内容のものがありました。「団体…

  6. テニス メンタル

    戦術

    前衛嫌いな相手は、どんどんボレーを触らせて試合に参加させよう

    ダブルスの試合、相手をチェックしていると見えて来るものがある。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「負け癖」が付いている選手は、何かを変えることが出来ない人
  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で「ネットプレーが苦手だから前に出るのが怖い・・・」人は、発想を変え…
  3. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスの並行陣、「ファーストボレーは、深ければ良い・・・」だけだと、相手前衛に…
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルでのテニスの練習で意識したい、基本の「き」5つ
  5. テニス リターン

    Q&A

    Q&A「周りに自分よりテニスが強い選手がいません・・・」
PAGE TOP