テニス ボレー

戦術

アナタに苦手なショットがあるなら、試合では「最低限のプレー」を見せれるよう、手堅さを磨こう!

テニスの試合の中で、気になること・・・私は以前、「自分の苦手なショット」がばれるのが嫌でした。

特に苦手だったのが、スマッシュ。

身長も低かったので自信が無かったんですが、ある戦い方を意識するようになってすごく楽になったのを覚えています。

それは、自分が苦手にしているショットは最低限のプレー、で良いということ。

そうすると意外と、相手にもばれずに試合を終えることが出来たこともありました。

苦手、避けよう・・・と思っていればいるほど、試合では大事な場面で打つことになって失敗してしまう・・・かも知れません。

 

アナタに苦手なショットがあるなら、試合では「最低限のプレー」を見せれるよう、手堅さを磨こう!

 


 

■苦手ショットは、隠すのではなく最低限のプレーを

自分にとって、「最低限のプレー」の基準を持っておく。

例えば速いボールは打てなくても、しっかり山なりに深く返球出来る。

ボレーであれば、攻撃出来ないまでも相手に攻撃させない、ようにコントロールだけは出来る。

こういう傍から見ると60点くらいのプレーは、相手にとっても嫌。

「手堅いプレーをしてくるな・・・」という選手からは、弱点を見つけ辛いのです。

 

■自分で「苦手」と思っていても、相手に伝わらなければそれで良い

弱点って、なぜ弱点になるのか。

それは、「相手が弱点だと分かって、攻撃される」から弱点になるのです。

アナタ自身が最低限の手堅いプレーが出来ていれば、相手は苦手な箇所が気付かない。

そうすれば弱点が無い、オールラウンドなプレイヤーだと相手は感じてくれる。

そんなイメージでぜひ、弱点を隠すのではなくプレーで見せていくようにしましょう。

■「最低限のプレー」は、練習量と工夫で必ず身に付く

自分の苦手意識が強いショットって、部活等であんまり練習出来ていない・・・ことはありませんか?

誰だって、気持ち良く得意なショットを打っていたい。

ですが、試合で勝ちたいならそれでは難しいですよね。

意識して練習量を増やす、そしてミスを減らす具体的な工夫をアナタ自身でしていかないといけないのです。

上手くいかないなら、思い切って変えてみる。

そういう試行錯誤の繰り返しが、試合で使える最低限のプレーの土台になっていくのです。

 

地味なプレー、に映るかも知れません。

自分の苦手なショットは、まず地味で平凡なショットからしっかり打てるように。

いきなり上手くなる、というような皮算用は辞めましょう。

じっくり腰を据えて、まずは安定感を重視。

相手に弱点がばれない選手は、それだけでプレッシャーになって相手を苦しめる。

そんな選手に、ぜひ皆さんも近づいて欲しいと思います。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. 戦術

    勝ち方を見つける、という技術

    テニスの試合には、引き分けはありません。タイブレークのような…

  2. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、「負けている時間帯の試合運び」が出来ない選手が多過ぎる

    試合前は、誰でもこんなイメージじゃないでしょうか?「最初リード…

  3. テニス メンタル

    戦術

    「相手の速いショットも難なく返せ」テニスの試合では粘り強いプレーができるように

    勝つために練習をしている。勝つ・・・というのはモチロン自分より…

  4. 戦術

    執拗さで、対戦相手は感情的になる

    テニスの試合で、みなさんは相手の感情、感じることが出来てますか?…

  5. 戦術

    観察から行動に変えないと、意味が無い

    相手を、よく観察するということ。テニスの試合では、判断の材料…

  6. 戦術

    打った方向に自分自身で、プレッシャーをかける方法

    良いショットを打って、すぐに安心してしまう人。これ、結構多いで…

特集記事

  1. リターン

    リターンで動かすラケットは、30cmでちょうど良い
  2. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの切れ味アップのコツは、左手の使い方にあり
  3. サーブ

    テニスの試合、サーブで力が伝わらないと感じている人は、「トスを上げた腕を胸の前」…
  4. ストローク

    エグいスピンに押される人は、結局何が問題なのか?
  5. ボレー

    フォアハンドのボレーで、「スライス回転をかけたいから手首でこね回してしまう」人の…
PAGE TOP