戦術

自分たちの弱みを、最小化出来てる?

テニスの試合、その現場では割り切りも大事。

対戦する相手が初めての対戦であれば、アナタ自身は上手くこの意識を持って戦いたい。

自分で自分を知っていれば、戦略を立てられるのがテニス。

全てを出し切る、ショットを打たないといけないというルールはありませんから。

 
 

絶対に打たないといけないショットは・・・?

サーブとリターン、だけですね。

それ以外は、どんなショットを打っても良い。

それがテニスの試合です。

サーブにしても上から、下から、リターンだってバックが苦手なら全部フォアハンドで回り込んでも良い。

そんな話は現実的じゃない?

私たちは、ついオールラウンドなテニスで試合をしないといけない、という先入観に捕らわれがち。

もっともっと、思い切って割り切ること、も必要だと思いますよ。

メインの戦略を、何に据えるのか

自分の弱みを、出来るだけ出さない、使わない。

これこそ、戦いを略する、戦略の最たるものでしょう。

私なら、メインはネットプレー。

前に出て、出来るだけストロークという自分の弱い部分を出さないように意識する。

メインの戦略にボレーを据えて、ストロークは脇役、引き立て役に徹する。

こう考えると、試合ですごく楽なんですよね。

メインが崩れなければ、そう大崩れはしない。

気持ちも楽に試合を進めることが出来るんです。

脇役は堅実なプレーに徹すれば良い

今回のテーマは、弱みの最小化。

0には出来ません、それは無理があるし虫が良すぎますからね。

弱みのあるプレーは、脇役に徹して堅実にプレーする。

これで試合では、充分です。

主役を引き立てることを意識して、出しゃばらない感じですかね。

もちろん、いざというときは頑張りますが、そこでミスしたり思い通りにいかないことも織り込み済。

試合では、結局自分を知っている人、の方が強いですから。

   


じゃあ、今後その弱みはどうする?

非常に、難しい問題ですね。

私自身、自分のストロークを今後どうしていくのか、すごく考えています。

苦手なままだと、やはり厳しい試合も多い。

当然練習はしますし、試行錯誤しながら変えていくのは継続する。

あとは、「主役を引き立てる使い方」を徹底した方が良いでしょう。

私なら、ネットプレーにつながるストローク、を徹底して磨く。

ストローク同士の打ち合いで打ち抜く力、はもう諦めています。

そこを強化しようとしても、良い練習は出来ないんじゃないかなと。

主役を引き立てる、自分の弱みを考えていく。

少しでも、みなさんのヒントになればと思って、書いてみました。



「結局、何が言いたかったんだ?」

という感じの文章になってしまいました。

試合の中で、自分の弱みをどう受け止めて、試合の中で扱うのか。

「苦手なことは、考えたくない」ではいつまでたってもダメ。

自分と向き合いながら、試合に出続けていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. 戦術

    試合で出せる技、が全て

    試合で実力を出す、普通にプレーする。これが何と、難しいことで…

  2. テニス ダブルス

    戦術

    強い相手は、試合の中で同じやられ方を繰り返さない

    強い相手は、試合の中でも修正が早い。「でもそれって、経験豊富で…

  3. テニス ストローク

    戦術

    相手の一歩先を考える、癖を試合でも付けよう

    試合の中で、流れを読んで先、先に仕掛ける。これが出来るのは、上…

  4. 戦術

    強い人は、ただ〇〇なだけ

    この〇〇に、みなさんはどんな言葉をイメージしますか?もちろん…

  5. テニス サーブ

    戦術

    自分が認識しているテニスと、周りから見られているテニスは違う

    ふと昨日、テレビを観ていた中で感じたこと。自分のプロフィール写…

  6. テニス 計算

    戦術

    ここぞという場面、「試合の中でペースアップさせていく」のは、ボールスピードのアップだと危険

    試合の中で、ここぞという場面、攻撃的にいきたい。特に4-4から…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 居場所

    ストローク

    アナタのドロップショットを、今すぐ0式に変える方法とは?
  2. ストローク

    強度を上げたショートラリー、出来る?
  3. テニス メンタル

    その他

    「笑っちゃうくらい面白い」とテニスの試合で感じれるようになれば・・・
  4. テニス ダブルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では、「これでもか」という粘りを見せて初めて、相手は崩れ…
  5. テニス ストローク

    メンタル

    テニス部の中で、「チームの柱になれる選手と、なれない選手」は、ココが違う
PAGE TOP