テニス 不安

戦術

試合に勝てる選手になるのに必要な一つ前の段階、それは「負けにくい選手」になることです

試合に出て悔しい想いをするたびに、「勝てる選手」になりたい、と誰もが思う。

ですが簡単なことではありませんよね。

今強い選手も、昔から順調に成長した訳では無い。

特にしっかり努力を重ねて、粘る強くなった選手は必ずこの「過程」を通じて強くなる。

それは、負けにくい選手になる、ということです。

 

試合に勝てる選手になるのに必要な一つ前の段階、それは「負けにくい選手」になることです

 


 

■負けにくい選手とは、どんな選手か?

試合に負けにくい、という印象を持つ選手、アナタの周りにいませんか?

特にすごい武器がある訳でも無い、粘る守備的なテニスがベースとしてしっかりしている。

強い相手にも、1ポイントずつかける時間が長く出来るし、相手にリスクを冒すようなテニスが出来る。

これって、実際に技術の問題は少ない。

ネットミスを減らす、ストロークの軌道を上げる、ファーストサーブを入れる、リターンのコースを工夫する・・・。

アナタでも実践できる、真似出来る部分はたくさんあります。

 

■試合の序盤に崩れないのが、負けにくい選手

逆に負けやすい選手について考えると、シンプルかも知れません。

序盤に調子が上がらず、あっという間に0-4くらいになる。

そこから、「どうしよう・・・」とやっと考え出す始末。

試合に負けにくい選手はこのリスクをしっかり理解しているので、準備に余念が無い。

丁寧に、ゆっくり序盤の試合を進めていけるから、崩れない。

結果的に負けにくい試合運び、が身に付いていくのです。

 

■負けにくい選手は、練習からミスしにくい選手

練習からしか、細かい部分は養えない。

練習で1つ1つ、丁寧にミスを少なくすることが何より大事。

だけど堅実なだけではダメで、駆け引きを楽しむような感覚で強気に出るポイントも必要。

テニスでミスをしない選手はいませんが、必死に減らそうとしている選手はいる。

アナタが監督なら、そんな選手、団体戦で使いたくないですか?

そしてそんな選手には、誰でもなれるのです。

 

負けにくさを養うのに、特効薬や秘策はありません。

まずは練習からの意識を変えること。

簡単ではありませんが、テニスというスポーツは私はまだチャンスが大きい方だと思います。

だって周りの選手、観てみて下さい。

簡単に「負けやすい」選手、多くないですか?

アナタが勝てるチャンス、意識を変えるだけでまだまだ上がるはずです!

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス 構え

    戦術

    試合で動いている中で、自分のポジションが分からなくなってしまう方へ

    ラリーが続いて来ると、ポジションが動いていく。ダブルスなら、味…

  2. テニス ボレー

    戦術

    団体戦の悪い流れを止める!5つの定番プレー

    団体戦、でプレーされている方も、社会人から学生さんまで多いと思います。…

  3. 戦術

    組み立ての基本は、楽なショットを空きスペースに

    「今のは、良いポイントだったな・・・」と、思える瞬間。それは、…

  4. 戦術

    テニスの試合では、リードを奪ってリスクを冒すから勝てる

    強い人は強い、毎回安定して勝っていく。でも、こういう人ほど勝ち…

  5. 戦術

    ドロップ好きの相手からは、とにかく離れるな!

    試合で対戦する、「ドロップ好きな相手」。これに苦戦する機会、無…

  6. テニス 上達

    戦術

    アナタにとっての強み、弱みは、対戦相手によって変わってくる

    試合の中で、アナタの強みや弱み、弱点や武器。それは、対戦相手に…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ミス

    ストローク

    グリグリなストロークのボールに圧力を感じるのは、備えが無いから
  2. 練習メニュー

    〇〇が苦手な人は、ただ練習不足なだけ
  3. テニス 客観視

    日々の雑記

    日本のスポーツ中継を観ていて、気持ち悪いと感じるのは私だけでしょうか?
  4. 戦術

    対戦相手は、亀かウサギか
  5. テニス ラケット

    メンタル

    「ガットを見つめて集中力アップ!」は、やらないと損
PAGE TOP