テニス 不安

戦術

試合に勝てる選手になるのに必要な一つ前の段階、それは「負けにくい選手」になることです

試合に出て悔しい想いをするたびに、「勝てる選手」になりたい、と誰もが思う。

ですが簡単なことではありませんよね。

今強い選手も、昔から順調に成長した訳では無い。

特にしっかり努力を重ねて、粘る強くなった選手は必ずこの「過程」を通じて強くなる。

それは、負けにくい選手になる、ということです。

 

試合に勝てる選手になるのに必要な一つ前の段階、それは「負けにくい選手」になることです

 


 

■負けにくい選手とは、どんな選手か?

試合に負けにくい、という印象を持つ選手、アナタの周りにいませんか?

特にすごい武器がある訳でも無い、粘る守備的なテニスがベースとしてしっかりしている。

強い相手にも、1ポイントずつかける時間が長く出来るし、相手にリスクを冒すようなテニスが出来る。

これって、実際に技術の問題は少ない。

ネットミスを減らす、ストロークの軌道を上げる、ファーストサーブを入れる、リターンのコースを工夫する・・・。

アナタでも実践できる、真似出来る部分はたくさんあります。

 

■試合の序盤に崩れないのが、負けにくい選手

逆に負けやすい選手について考えると、シンプルかも知れません。

序盤に調子が上がらず、あっという間に0-4くらいになる。

そこから、「どうしよう・・・」とやっと考え出す始末。

試合に負けにくい選手はこのリスクをしっかり理解しているので、準備に余念が無い。

丁寧に、ゆっくり序盤の試合を進めていけるから、崩れない。

結果的に負けにくい試合運び、が身に付いていくのです。

 

■負けにくい選手は、練習からミスしにくい選手

練習からしか、細かい部分は養えない。

練習で1つ1つ、丁寧にミスを少なくすることが何より大事。

だけど堅実なだけではダメで、駆け引きを楽しむような感覚で強気に出るポイントも必要。

テニスでミスをしない選手はいませんが、必死に減らそうとしている選手はいる。

アナタが監督なら、そんな選手、団体戦で使いたくないですか?

そしてそんな選手には、誰でもなれるのです。

 

負けにくさを養うのに、特効薬や秘策はありません。

まずは練習からの意識を変えること。

簡単ではありませんが、テニスというスポーツは私はまだチャンスが大きい方だと思います。

だって周りの選手、観てみて下さい。

簡単に「負けやすい」選手、多くないですか?

アナタが勝てるチャンス、意識を変えるだけでまだまだ上がるはずです!

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. 戦術

    試合に勝つ前段階のゴール、を設定しよう

    試合に出るからには勝ちたい、勝たないといけない。テニスの試合…

  2. テニス メンタル

    戦術

    ラケットの先端を使うと意外と打ちやすい、技巧派ショット4選

    テニスのショットの技術の中で、「ラケットの先」を使うショット、実はたく…

  3. テニス メンタル

    戦術

    「まだ序盤だし、いつでも取り返せる」って、思ってない?

    テニスの試合、序盤が勝負。この重要性は何度も書いてきましたが、…

  4. テニス 上達

    戦術

    テニスのラリーでは、追い付いてから考えるんじゃなくて、「走りながら考えて結論を出す」ことが大事

    試合慣れしているかどうかって、こういう部分に出ます。決断が早い…

  5. テニス 計算

    戦術

    「しっかり組み立ててくる対戦相手」を、歓迎出来る自分で

    試合中に、「何かまるで、コーチみたいな配球・・・」と思えるくらい、しっ…

  6. テニス ストローク

    戦術

    柔らかいショット、力強いショットを使い分けるにはどうすれば良い?

    テニスの醍醐味って、これじゃないですかね?強打とタッチプレー、…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    練習メニュー

    初打ちテニス後は、練習メニューと自分自身の整理を
  2. テニス サイト

    その他

    テニスの試合が確実に強くなる!「スマートフォンの活用方法」5つ
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ペアで実力差があるときは、逆に活かす道を
  4. ストローク

    「滑るの禁止!」テニスのストロークで使う技術としては最終手段として持っておくこと…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「アナタのボレーは、何故アウトばかりになってしまうのか」を、スライス回転の質で考…
PAGE TOP