テニス メンタル

戦術

ボールが飛んで来るコース、は限られていると考えよう

テニスの試合は、あるあるなコースが多い。

そんなに難しいことは試合ではやらないし、起きない。

そう考えておいて、損は無い。

この「あるある」を潰すことこそ、アナタ自身に必要なことです。

 

ボールが飛んで来るコース、は限られていると考えよう

 


 

1.相手の打てるコース、限られている

例えばサーブ、リターン。

私は、もっと山を張って良いと思います。

リターンも、ほとんどがクロスじゃないですか。

だからこそ、前衛が動けばチャンスになる。

でも、なかなかはっきりとポーチに出られる人は少ない。

これもまた、テニス界のあるあるだから、です。

 

2.なぜ、動けないんだろうか?

やはり、失敗が怖いからです。

前衛に立っていて、自分が決めることよりもミスすること、が怖くなる。

動けなくなっている自分、に気付かないんですよね。

ミスをしない、でも決めることも出来ない、のが普通だと思っている。

何となく後衛に任せて、試合は進むし目立たないで済む。

その考え方で、試合に勝とうというのが甘いんですけどね。

せっかく、テニスというスポーツはボールが飛んで来るコースが限られているのに・・・と、私は思うんです。

 

3.ここぞ、まで取っておいて・・・どうするの?

「大事なところで、出れば良いんだよ」という方もいるでしょう。

でも、その大事なポイントってどこでしょう?

そこまでまず、競る試合になるかどうかも分からないのに。

試合で大事な場面は、いつだって序盤です。

だからこそ、しっかり序盤に動く、飛んで来るコースにしっかり入ることが出来ているかどうか、が大事。

「ここぞの場面まで取っておく」という人ほど、そんな場面は来ないし、来ても動けない。

そう思いませんか?

 

4.動かないこと、こそリスクです

ダブルスの試合では、特にそう感じます。

動かない方が、危ない。

飛んで来るコース、に自分がいないという危機感、みなさんにあるでしょうか?

「触れていないから、まぁミスも無いしな」と、どこかで思っていませんか?

ハッキリ言って、それは仕事を放棄しているのと同じ。

仕事を放棄して、我関せずの立場で試合を傍観しているだけでしょう。

繰り返しますが、テニスの試合では飛んで来るボールのコースはそう多くない。

そこに踏み込んでいくかどうかは、アナタ次第です。

 

失敗しては繰り返し、その先に見えてくる。

「あ、テニスってこういうスポーツなのか」が見えてくると、前衛のようなポジションは楽しくなります。

身体が反応してくれるようになりますし、相手がプレッシャーを感じてくれる。

序盤に動いて、後半はその貯金を活かせるようなプレーがしたいですよね。

全ては、アナタ次第です。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. 戦術

    テニスの試合、初対面の相手には遠慮なく「自己紹介」から入っていこう

    試合において、まず最初にやるべきことは・・・何でしょう。私はあ…

  2. テニス メンタル

    戦術

    相手に「何を意識させるのか?」を、考えよう

    私は何度も、「相手にプレッシャーをかけること」について書いて来ました。…

  3. テニス サーブ

    戦術

    主力選手、そして特徴のある代打選手を用意しておこう

    テニス選手として、特にシングルスの試合は本当に孤独で、過酷。戦…

  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスは、「必ずその人らしさが現れる」と考えると想定力が身に付く

    テニスというスポーツ、皆さんは他の競技と比べてどんな特徴があると思いま…

  5. テニス ミス

    戦術

    何となく、試合で相手にボールを送るときにチェックしたいポイントとは?

    「え?そんなとこまで、見るの?」と思う方も、多いでしょう。私は…

  6. テニス メンタル

    戦術

    崩して満足、だから試合に勝てない

    テニスは上手そうなのに、試合で結果が出ない人。みなさんの周りで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「これは絶対、ダブルスでやっちゃダメ!」自分が前衛のとき、後衛が打つ瞬間を見るこ…
  2. ロブ

    ロブ禁止で、ダブルスやってみない?
  3. テニス メンタル

    戦術

    アナタにとって、違いを生む技術とは何だろう?
  4. テニス サーブ

    戦術

    試合結果は、目の付け所で価値が変わる
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    「テニスのダブルスで、組み慣れたペアと即席ペアの違い」が一番現れる部分とは?
PAGE TOP