テニス ボレー

ダブルス

後衛が攻撃するタイミングで、前衛は守備の意識を捨てていこう

ダブルスの試合、後衛の攻撃に前衛が応える。

これが、一番良い形、ですよね。

でも、前衛だって忙しい。

守備もしないといけないし、前後に動いてポジションを動かすこと、が求められますから。

さぁ、ここでどうするのか。

私は、勝負に出る場面、は必要だと思いますよ。

 

後衛が攻撃するタイミングで、前衛は守備の意識を捨てていこう

 

1.守備を捨てるタイミング、ありますか?

守備を捨てる。

こういう作戦、実行に勇気が要りますよね。

でも、私は有りだと思います、ダブルスに関しては。

自分が前衛にいて、後衛が攻撃していくようなタイミング。

ここで、どう考えるのか。

攻撃出来るんなら、チャンスは自分に来る。

自分に来ると思うなら、少しでもネットに近い場所、にいた方が良い。

守備の意識があると、あまりネットに近付けないじゃないですか。

それでは、もったいない。

思い切って、守備を捨てるような場面、作っていきましょう。

 

2.一番有効なのは、並行陣の足元に沈めることが出来るタイミング

私は、このタイミングを狙っています。

前衛にいて、相手の足元に打ってくれるような場面、ここではしっかり詰めていく。

詰めることが出来れば、相手はローボレーも打ち辛い、プレッシャーが凄い。

ネットから遠い位置にいれば、相手もプレッシャーを感じないですしね。

後衛が、しっかり足元に沈めてくれる、という信頼関係があれば前にいける。

守備を捨てて良い、そこでもし沈まなかったら仕方ないですよ。

リスクを負って、攻撃的にプレーしていく。

この姿勢が求められるのが、ダブルスの前衛です。

 

3.そもそも、前衛は攻撃専門

くらいで、私は良いと思いますよ。

守備も大事ですが、相手前衛のボレーを拾うのは実際は難しい。

前衛は、攻撃に8割以上の力を割いて良い。

決められても、決め返せば良いんです。

前衛は攻撃専門、だからこそ、攻撃には責任感を持つ。

これが、まず第一です。

後衛のチャンス待つだけでなく、ネットに詰めてチャンスを自分から見出していく。

前衛に入ったら、とにかく攻撃していく。

ことを大前提、にして欲しいと思います。

 

4.前衛が守備を捨てれば、最高のプレッシャーになる

前衛のポーチも、一種の懸けですからね。

ストレートを捨てて、守備を捨てて、攻撃にいく。

この姿勢、サーブの後のポーチだけだともったいない。

どんどん、ラリー中から相手にプレッシャーをかけていく。

サーブのときのポーチも大事ですが、それだけだと相手も慣れますからね。

「あ、この前衛はサーブの後、しか動かないな」と、ばれてしまう。

ラリーの中で動いてこそ、です。

相手のプレッシャーになるし、実際に試合の流れも大きく変わる。

ラリーの中で守備を捨てる、長いラリーの中で守備を捨てて攻撃に出る。

最高じゃないですか、こんな前衛。

 

何もかも、普通に無難にこなそうと思わないこと。

守備を捨てないと、出来ない攻撃はたくさんあります。

ダブルスですから、大丈夫。

後衛を信じて、前に入っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    対戦相手を大声で威圧するより、味方であるパートナーを大声で褒めてみよう

    テニスのダブルスの試合、同じ大声を出すのでも・・・私は出し方、だと思い…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で鉄壁な並行陣は、「センターの守り方」が優れているから抜かれない!

    この夏こそダブルスで並行陣にトライしたい、または並行陣の強いペアを倒し…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で必要な、「ペアでのメンタルの切り替え方」はトレーニングで養えます!

    ダブルスの試合、勝っているときは全く問題無いけど・・・。試合の…

  4. テニス ガット

    ダブルス

    「社会人テニスのダブルスでも、ぜひ身に付けて欲しいIフォーメーション」は試合でとても有効!

    「Iフォーメーション」と聞いて、アナタはどんなことをイメージしますか?…

  5. テニス サーブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス コート

    サーブ

    「頼むからサーブ、入れてくれ!」と思う前に・・・アナタには出来ることがあります
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「バックハンドのクロスラリーを制する!」テニスの試合で必要なストロークのポイント…
  3. ストローク

    「スライス中毒に要注意!」テニスの試合で陥りやすいストロークの落とし穴
  4. テニス ガット

    ボレー

    バックハンドボレーがいつも「ガシャ!」としか当たらない人は、ダーツを投げる感覚で…
  5. 戦術

    得意な型を持っている、のが実は弱みにもなるのがテニス
PAGE TOP