テニス ストローク

ボレー

ポーチに出ること、自体でまずは大成功

ダブルスの試合、どんどんこれ、やっていきましょう。

ポーチに出ること、にどうしても億劫になる人は、成功ポイントを下げること。

これで、だいぶ変わってくると思いますよ。

 

ポーチに出ること、自体でまずは大成功

 


 

1.失点、大歓迎!

本当に、これです。

アナタがもし前衛にいて、ポーチに出て・・・ガシャってミスしても良い。

相手からすると、出られたこと自体が大きなプレッシャーになっていくのは間違いない。

アナタが相手の立場だったら、どうですか?

失敗しても出てくるような前衛、やっぱり嫌じゃないですか。

それも、特に試合の序盤で・・・。

 

2.試合の序盤でネットで決められる、ことほど痛いポイントはない

私自身、これをやられると・・・「あ、これは厳しい戦いになるな」と覚悟を決めます。

試合の序盤、最初のゲームで相手にネットに出られる。

これほど嫌なことはありません。

ですので、私自身は動くようにしているし、その効果を知っているつもりです。

試合の流れを大きく左右しますし、1セットマッチのような短期決戦で絶大な効果を発揮する。

きっと、アナタ自身がやってみて、気付くはずです。

序盤に動くこと、プレッシャーをかけることは大事、なんです。

 

3.ポイントは、ネット近くで触ること!

ただ、何でも良いから出る、ではダメ。

本当に相手にプレッシャーをかけるなら、ネットに近づかないとダメ、です。

ネットから遠い位置で触られても、実際の試合ではさほど怖くない。

少しでも相手に近い、ネットに近い場所でポーチを触られると、迫力もあるしすごく嫌なんですよね。

これは、素早い動き出し、覚悟がないとなかなか出来ないこと、ですから。

ほとんどの前衛の方に足りないのは、この思い切り、です。

ストレートを捨てて、相手が触る前に動き出す。

これで良いんです、成功なんです。

 

4.ポーチに出るとは、相手が触る前に動くということ

これが、決定的なコツですね。

相手が打つ瞬間に、スプリットステップ・・・ではなくて、もう動き出して良い。

じゃないと、実際に前に詰めたりできないじゃないですか、前衛でも。

相手がボールを触る前に、しっかり動き出しておく。

理想は、ネットの中心、近くのセンターストラップが触れるくらいの場所、まで移動しておくこと。

そこからストレートに打たれたとしても、アナタの勝ちです。

 

試合は、トータルで考えること。

序盤には、捨てて良い、失点して良いポイントがあることを覚えておいてください。

試合の後半、になって動き出しても、遅いです。

試合の序盤、こそ宝の山ですから。

これに気づいた人から、ダブルスの前衛が楽しくてたまらなくなると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーに苦手意識がある人は、「無意識のうちに、身体が逃げていっている」ことに早く気付こう!

    テニスはメンタルや思考が、プレーに現れる。気付いていない人も多…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    中級と上級の差、ハイボレーをふかしてアウトしてしまう人は、「横向きの抑え」が足りない人がほとんど

    テニスは上のレベルになるとポイントゲット、ゴールゲットのスポーツ。…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーで腰が引けてしまっている人は、簡単に反撃されてしまう

    ボレーが苦手な人は、雰囲気で分かる。腰が引けてしまっていて、ボ…

  4. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットに近い位置で、「ラケットヘッドを立てて身体の横向き」を作れば、アングルボレーは簡単に打てます

    ダブルスの試合、レベルが高くなってくるとセンターはしっかり2人で守って…

  5. テニス 守備

    ボレー

    「クレーコートでのネットプレーのコツ」新時代のテニスに不可欠な戦術を身に付けよう

    一昔前まで、シングルスの試合のネットプレーと言えば画に描いたようなアプ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    身体正面に来たボレー、「利き腕の肘の位置」を思いっきり上げよう

    身体の正面に飛んで来たボールを、ボレーで返球する。この返球が上…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 準備

    練習メニュー

    球出し練習で上手くなる人は、そもそも発想からして違う
  2. 戦術

    挑戦企画を通じて、感じること
  3. テニス 練習

    戦術

    テニス選手は、ラリー5往復目から「個性」が出て来る
  4. テニス

    メンタル

    過去の戦績をいつまでも話す人とは、距離を置いた方が良い
  5. テニス メンタル

    リターン

    曲がるスライスサーブに対しては、「打点に近付き過ぎるくらい」で、ちょうど良いリタ…
PAGE TOP