テニス 準備

フットワーク

変化球打ち、に慣れると強いのがテニス

試合で感じること、みなさんそれぞれだと思いますが、「ボールの曲がり具合」について結構困りませんか?

対戦相手によって、曲がり方が千差万別。

スライス、スピン、アナタが思っている以上にテニスはボールを変化させ合うスポーツ、ですから。

これに強くなるという意識を持つことは、絶対に必要です。

 

変化球打ち、に慣れると強いのがテニス

 


 

1.サーブからその真価は問われる

サーブをリターンする部分、からですよね。

スライスサーブ、スピンサーブが試合では主となりますから、その返球が出来ないと試合が作れない。

人によって、その曲がり具合は違いますよね。

さらに、コートによっても変化が変わってくる。

前回の相手と同じ、と思ってもコートが違えばまた曲がり方が変わってくるのがサーブ。

本当、テニスって難しい・・・と感じるのは、このあたりにも理由があるはずです。

 

2.変化を予測する癖、をつけよう

曲がるボールに苦手な人は、どこか「待っている」ケースが多い。

曲がった後に反応出来る、反応すれば良い、と思っている人が多いんですよね。

リターンにしても、そう。

試合に強い、曲がるボールの処理が上手い人は、もう相手の打ち方から変化を予測している。

曲がり方のイメージを持ったうえで、しっかり自信を持ってボールを自分から打ちにいっていますからね。

そう、変化球は早めに予測する。

予測したうえで、自分とボールの距離感を適切に確保できるように練習していきましょう。

 

3.スライスサーブへの対応はまず急務です

試合では、これが返せないと厳しいですよね。

相手が左利きのサーブ、であれば、アナタのバック側で逃げていくようなサーブを打たれてしまいますから。

変化を予測したら、思い切ってボールに近づく。

勝手に変化していくボール、だったらその変化を逆算してボールに近づいておくと良いでしょう。

リターンのときには、前に踏み込んでいくのが基本。

その中で、スライスサーブであればよりボールに近づいて良い。

それくらいの勇気と感覚、をもって良いと思いますよ。

 

4.沈んでくるスピンショット、をボレー出来るように

もう一つ、よくあるケースといえばこれですよね。

ボレーに出て、スピンで沈んでくるフォークボールのようなボールをしっかりボレーで返球しないといけない。

この部分で、必要なのはハーフボレーかどうかの判断、をしっかり行うこと。

沈めるのが大好き、な相手に前に突っ込むようなボレーは危険。

ワンバウンドさせても良い、と思って余裕を持つ。

相手の打ち出しの軌道で、パッとノーバウンドかハーフボレーか、自分はどの高さでボレーするのか、を決める。

この予測の精度が上がれば、きっと安定感もアップするはずです。

 

変化球打ちに強くなることが、試合に強くなること。

普段の仲間との練習でも、しっかりボールは曲がるもの、曲がったボールを処理するもの、という意識を持ちましょう。

意識を強く持てば、きっと予測の精度も上がってくるはず。

初見の相手でも、しっかり反応出来るはずです。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. フットワーク

    試合で「つなぐボール」が苦手な人は、そもそも考え方がおかしい

    試合の中で、相手の攻撃を粘れない。これは、実は本当に大問題です…

  3. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスのポジショニングが分からない人は、「自分の守備出来るテリトリー」を把握しよう

    テニスの試合に出ていると、「守備のときに予測ができない・・・」という声…

  4. テニス ダブルス

    フットワーク

    ピンチの場面では、相手が打つ前に動いちゃおう

    自分のボールが甘くなって、相手のチャンスの時。もう、ダメかな・…

  5. テニス リターン

    フットワーク

    構え直しは、ゴリ押しで

    打った後の構え直し。私は、ここにテニスの実力差って大きく出ると…

  6. テニス ボレー

    フットワーク

    アレーにしっかりコントロールしたければ、横向きを徹底してボールに入ろう

    レベルが高い試合になってくると、当然ダブルスでも「アレー」に打つ機会が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 感覚

    その他

    自分のテニスについて、「イメージと実際のフォームには、ギャップがある」ことを知る…
  2. テニス サポーター

    テニス知識

    テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「軸足使い分け上手」になれば、テニスの試合で積極的にライジングショットで攻撃でき…
  4. サーブ

    サーブのトスは、ボールを上に投げる動作じゃない
  5. テニス 大学

    日々の雑記

    挫折を経験出来ることこそ、テニス選手の魅力
PAGE TOP